スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
あいりがお泊り
このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なる点も
多くありますので、何卒ご理解のうえご覧ください。 


 こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。
いつもご覧いただきありがとうございます。
今日は、いつもより元気に初めて見ましたぁ~!
最近、凹み気味の自分への応援も兼ねて。
そして、なんとか少し早目の更新にしてみましたぁ~っ!
それは、このあとご紹介する試みが吉と出るか?凶と出るか?
怖いので、さっさとアップして布団かぶって寝ちゃおう作戦
な訳です。ドキドキ..

 新しい試み..なんでかって言うと、
わたしのお話し作りがヘタなもので、展開が分かりづらいみたい
なんです。
 だから、この1週間、みんなといっしょうけんめい考えて、
まず、ひとつ! チャレンジしてみました。
と言っても、あみるさんとヒスイ氏さんのアイディアなんですけど..
(またまた、ひよもは情けない..)。

 とりあえず、最後までご覧いただいて、“ダメだし“ください。

 わたしたちも、まだまだ、いろいろ考えて、絶対にっ! 
“うん。いいんじゃない?!“ って、言ってもらえるように
がんばります! 絶対にぃ~っ!!

 それから、わたし自身の体調をご心配いただいてほんとうに
申し訳けありません。 これまでも、そしてこれからも、まだまだ
お付き合いしなければならない、わたし自身の病に、なんとか立ち
向かえているのも、みなさんが応援してくださっているおかげです。
ほんとうにありがとうございます。

 今までのわたしなら、とっくにブログも閉めていたと思います。
でも、今はみなさんに支えられている実感があるので、何故かやって
いけてます。 ほんとうに感謝しています。

 では、元気に行きますよぉ~っ! どうぞ!


<前回までのあらすじ + α“アルファー”>

 プラスアルファーってとこが、かっこいいでしょっ?
 ここがミソなんですよぉーっ! 

 えぇ~、ではでは..

 お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
東京のあるマンション。 “あみる“は、お仕事でイギリスへ行くから
と、姪っ子の“ひめか”に、管理人さんの代わりを頼みました。

 でも、このマンションには何だか謎がありそう。
“ひめか”が引っ越して来た当日、居眠りしていた“ひめか”に、
いつの間にか毛布が掛けられ、“あみる”からのお手紙も置かれて
いました。 引っ越し中は気が付かなかったぁ? そんなことある?

 ほかにも、202号室の“ミホ先生”のお宅では、お人形に触れ
そうになった途端に、「触らないでっ!」って怒鳴られるし、
301号室のサーファー“ミサ”さんには初対面でいきなり
「帰れっ!」って怒鳴られた。“ひめか”は、怒鳴られっぱなし。

 “ミホ先生”には、その後すぐに慰められて歓迎会までして
もらっちゃったけど、 “ミサさん”から怒鳴られた後は、さすが
に“ひめか”も「もうやめる!」ってベッドで大泣き。

 そしたら、その夜、また不思議なことが起きちゃった。
小さな女の子がベッドの脇に現れて、「やめないで。あなたが必要なの」
って言うの。 夢かな?幻かな?

 みなさん覚えてますか? 実はこの小さな女の子、お引っ越しの日に
毛布が掛けてあった晩、マンションンのエントランスを誰も居ない
管理棟に向かって歩いてた、あの娘なんです。もちろん、“ひめか”は
初対面ですけどね。

 “ひめか”どうするの..?
やっぱり、小さな娘に「ひめかが必要」だって言われても、そんな夢の
中? の話で、“ミサ“さんから怒鳴られたことでの落ち込みは、
どうにもならなかったみたい。
“ひめか”は、やっぱり荷物をまとめて帰り支度を始めちゃいました。

 するとそこに、ヒョッコリ幼馴染みの“あいりちゃん”が遊びに
来ました。“あいり”ちゃんは、いつも“ひめか”を元気づけてくれる
そんな頼もしい存在。 「とりあえず、2、3泊していく」だって。
いきなりだったけど、“ひめか”も“あいりちゃん”のペースに乗せら
れて、とりあえず荷物は元に。 ちょっとは心強くなったのかな?
そして、“ひめか”はまた管理人さんを頑張るのかな?

 さてさて、たくさんの登場人物になって来ました。
そこで、今回はこちらからご覧ください。
これが噂の“プラスアルファーZ(ゼット)!”です。

 背景、小道具、撮影、何でも屋さんの“ヒスイ氏さん”特製、
“登場人物 ・ 相関図っ~!”

 これは、横溝正史先生もきっと良いって、言ってくださいますよぉ~っ!

 (ヒスイ氏; おい、横溝先生のファンの方に怒られるゾっ!
  先生のファンの方々、大変申し訳ございません。
  悪乗りし過ぎです。あとでよーく叱っときます。すみません。
  しかも、“Z(ゼット)”なんて付いてたか?)

 じゃぁ~んっ!

相関図
 どう?どう? これでどう? ダメ? そんなぁ~っ、ちょっとは
マシになったでしょぉ~? ねっ、お願いっ! そう言ってぇ~っ!

 わかってます。 そういう問題ではなくて、そもそもお話しとその
進め方がヘタなのは..
でも、今日のところは、ひとまずこれで、「お願いっ!」m(_ _)m

って、ことで無理やりお話し始めぇ~っ!


ひめか; 「ねぇ~、あいりぃ~、ほんとにパジャマ、それしか
       持ってこなかったのぉ~?」

あいり; 「だって、最近さぁ~、暑っつくないっ?」

ひめか; 「だからって、そんな格好じゃぁ~風邪ひくよぉ~!」

パジャマ1
ひめか; 「ほらっ、ベッドの上にとりあえずパジャマになりそうなの
       出したから、どれか選んで着なよぉ~っ!」
パジャマ2

あいり; 「じゃぁ~っと、何か着ますかねぇ~。
      どれどれ.. んっ?!

      あぁ~っ、これ、ひめかの高校のジャージじゃんっ!」
パジャマ3

あいり; 「あぁ~これはいいなぁ~っ!」

ひめか; 「ちょっ、ちょっとぉ~っ! そんなのだけ選ばないでよぉ~っ!」
パジャマ4

あいり; 「そう? じゃっ、くまさんに..はいっ!」
パジャマ5
ひめか; 「いい加減にしなさいっ!」

あいり; 「はい、ごめんなさい。」

あいり; 「じゃっ、これっ! このTシャツにします。」

ひめか; 「よろしいっ!」

二人;  「ふふふふふっ! あははははは~!」
会話1
ひめか; 「何か、楽しいねぇ~っ!
       こんなに笑ったの久しぶりだよっ!」

あいり; 「そっかぁ~、ひめか様もご苦労様だったんだねっ!
       でも、マジに高校の頃みたいだよっ!」

ひめか; 「よく泊まりっこしたよねぇ~っ!」

あいり; 「うんっ! いっつまでも寝ないで騒いでたから、よく怒られ
       たねぇ~っ!」

ひめか; 「そうそう。 あいりのおばちゃん怖かったぁ~っ!」

あいり; 「ひめかのおばちゃんだってぇ~っ!」
会話2
あいり; 「そういえば、ひめか、何で深刻な顔して荷造りなんかしてたの?」

ひめか; 「.....」

あいり; 「管理人をやめて帰るって言ってたよねぇ~?
       なんか怖い目にでもあったの?
       わたしが荷物を戻そうとしたら、目に涙浮かべて、少し震え
       てたでしょっ?」

ひめか; 「怒鳴られた..」

あいり; 「誰に? あみるんにっ?」

ひめか; 「ううん、違う。」

あいり; 「だよねぇ~。
       あみるんのことは、わたしも小さい頃からひめかと一緒に
       良く遊んだから知ってるし、わたしたちが高校の時には、
       すでにメジャーデビューしてたのに、それでも気さくに
       会って一緒に騒いでくれてたし..
       第一、ひめかのことは、人一倍可愛がってたもんねっ!」

ひめか; 「そう、あみるんは怒んないよっ! わたしの大事な本当の
       お姉ちゃんみたいな人だもんっ!」

あいり; 「じゃあ、だれさっ?!」

ひめか; 「ここに住んでるミサさんっていう人..」

あいり; 「ひめか、何かやっちゃったの? 大事なもの壊したとかっ?」

ひめか; 「初対面だよぉ~っ! 初対面でいきなり
       “返れ!ここはおまえの来るところじゃないっ”って..」

あいり; 「何だよそれ? よくミステリー映画の最初に出て来て、主人公
       に、”ここは、お前たちの来る場所じゃないっ! 帰れっ!”
       って言う、おばあさんか何かなの? その人?」

ひめか; 「ううん、若くてきれいな人..小麦色に焼けた肌で、とっても
       グラマーなお姉さん..」

あいり; 「どっか、虫の居所が悪かったんじゃないっ?」

ひめか; 「ううん、違うと思う。
       確かに、最初はそんな感じだと思ったけど..でも、
       何か、あみるんがどうとかって言ってた!
       わたしのこと、”あみるんの姪の ひめか なのかっ!”
       て言った..
       ..やっぱり何か、わたしがここに居たらダメだ! 
       っていう言い方だったもんっ!」

あいり; 「ふぅ~ん。 そっかぁ~。
       ..そりゃ何かあるなっ!」

ひめか; 「でしょっ?! やっぱ、わたしに何かあるって言い方でしょっ?!」

あいり; 「ひめかが、あみるんの姪っ子だと知って、ここに居るな!
       ..かぁ~。」

あいり; 「ねぇ、ここ、他にはどんな人が住んでんの?」

ひめか; 「他は、2階の1号室にゴスロリとか甘ロリのお洋服着たリリア
       さんでしょっ。」

あいり; 「ゴスロリっ? すっごいねっ! 東京だわぁ~..」

ひめか; 「あら、ゴスロリとかは宮崎県でも流行ってるのよっ!」

あいり; 「そりゃ、知らなかったわっ!」

ひめか; 「そうそう、服飾デザイナーやってるんですって。」

あいり; 「なるほど..。」

ひめか; 「あとは..そのお隣の202号室は、再生医療を研究してて、
       部屋の中にも研究室みたいなのがあるミホ先生でしょっ。

       3階は、さっきのいきなり怒ったミサさんと、そのお姉さん
       のリサさん。 これで全部。」

あいり; 「部屋に研究室ぅ~っ?! やばくないその人。」

ひめか; 「あら、そんなこと無いわっ! とっても優しいんだからっ!
       近所でも有名なお世話好きなお姉さん先生よっ!
       .....あっ、でも、ミホ先生にも怒鳴られた..」

あいり; 「えっ?! 近所でも有名な優しい先生にっ? 何でよっ?」

ひめか; 「あのねっ、お人形が飾ってあったの。
       ピンクのナースのお洋服を着た可愛い小さな娘のお人形さん。
       あんまりそのお人形が可愛いもんだから、わたし、触ろうと
       しちゃんたんだぁ~。 そしたら、いきなり“触らないでっ!”
       って、怒鳴られちゃった。」

あいり; 「それ、高価な陶器で出来たお人形とかじゃなかったの?
       だから、触らせたくなかったんじゃ..?」

ひめか; 「わたしも、最初そう思ったのよっ! でも、ちょっと違う
       んだよね..なんか陶器みたいじゃなくって、柔らかそうな
       ほっぺたで、リアルな人って感ではないんだけど、
       今にも動き出しそうな..触ってないけど、何か温かそう
       な感じだったんだぁ~」

あいり; 「ふぅ~ん。でもそれって、研究の薬とかの臭い嗅いでボーっ
       としてたとかじゃないの?」

ひめか; 「そっかなぁ~? 確かに温かそうなほっぺただったんんだけど
       なぁ~」

あいり; 「それと、さっきの怒鳴ったお姉さんと、そのお姉さんのお姉さん
       ねっ? なんか、いろんな人がいてややっこしいねっ!」

ひめか; 「そうなのよっ! わたしも混乱してきたわっ!」

あいり; 「管理人さんが混乱して、どーすんのよっ!」

あいり; 「まっ、いいかっ?! とりあえず、今日はもう疲れたから
       寝ようよっ!」
会話3

ひめか; 「でも、そう考えると何か変だよねっ?!
       ううん、やっぱおかしいよ。」

あいり; 「わかったっ! わたしが側にいてあげるから、
       そんで、明日から少し探ってみようよっ! ねっ!?
       大丈夫、心配ないって! わたし、少しの間ここにいるからっ!」

ひめか; 「だって、あいり、お仕事はっ?!」

あいり; 「.....開店休業ってとこかなっ?」

ひめか; 「なんでぇ~? 就職したばっかじゃなかったの?」

会話4
あいり; 「介護士も結構余るとこは余るんだよねっ。
       そうなると、慣れてない新人なんかより、ベテランのほうが
       良い訳さっ! で、今は自宅待機ってヤツ。」

会話5
ひめか; 「ごめんねぇ~、わたしばっか甘えちゃって..
       あいりも大変なんだよねっ! ほんとごめんね..」

あいり; 「ほんとに甘えん坊だなぁ~、ひめかは?!
       ちっとも成長してないゾっ! こっちも..」
会話6

ひめか; 「もぉーっ! そんなとこは、どうでもいいのっ!(怒)」
会話7
あいり; 「あーこわっ! そっちの方がよっぽど怖いよっ!」

二人;  「ふふふふふっ! あははははは~!」

ひめかが、ちょっと元気になったみたい。よかった。
でも、明日からどうするの? 何をどうやって探るの?

つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

ひよも;  おまたせしました..が、今回は残念ながら、ヒスイ氏さん
       の手作りご紹介コーナー“ヒスてづ“ はお休みなんです。
       せっかく期待してくださっていた(はず)なのに、
       ごめんなさい。

ヒスイ氏; すみません。 “プラスアルファーZ(ゼット)”をどうするか?
       悩みに悩んで、先ほどのあの紙1枚を作ったんですけど、
       もう限界..ほんと、ごめんなさい。

あみる;  本当にごめんなさい。 結構、マジで悩みました。
       構成担当として、自分の無力さを感じてます。
       ヒスイ氏も次回は必ずご期待に添う素晴らしいものを..

ヒスイ氏; そっ、そんなに期待してもらったら、困っちゃうよぉ~っ!
       でも、とりあえず、お楽しみに!
       ではまた、よろしくお願いします。

ひよも;  ねぇ~、お話しの中身、わかってもらえたかなぁ~?

ヒスイ氏; しぃーっ! まだ、ポチってしてもらってないから、
       みなさんに聞こえちゃうよっ!

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2012/06/29 21:15 ] | ひめかのお話 | コメント(18) | トラックバック(0)
幼馴染み
このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。


こんばんわー、ひよひよひよもです。
いつもご覧いただきありがとうございます。
台風すごい雨でしたね。東京は今日の朝ごろ(あっ、もう昨日だ..)
まで降っていました。
通勤などでびしょびしょになっちゃった方、お風邪などひかないように
お気をつけください。
わたし自身も、最近体調不良が続いて、せっかくおいでいただいた方への
お返事もままならず、みなさんのブログにもなかなか訪問させていただけて
いません。 ほんと情けない..ごめんなさい。
なんだか、うっとしいお天気と、体の具合..梅雨の趣もいいですけど、
やっぱり晴れてもらって、気分もパァ~っとしたいです!

ということで、お話しの続きはパァ~としてるかしら? では、どうぞ!


<前回までのあらすじ>
   お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
 東京のあるマンション。 “あみる“はお仕事でイギリスへ行った
 (はず)で、その間は、姪っ子の“ひめか”が、管理人さんを引き受け
 ています。

   でも、このマンションには何か謎があるみたい。引っ越し当日からの
 不思議な出来事に始まって、住人たちは、それぞれお人形のような
 小さな女の娘たちといっしょにいます。

   住人は、201号室に服飾デザイナーのゴスロリ調女の子リリアちゃん
 202号室に医学研究者のミホ先生。
 301号室はサーファーのミサちゃん。
 302号室はお料理が得なリサちゃん。
 301号室のミサちゃんには、初対面でいきなり「出てけ!」って怒鳴
 られちゃった。 何故? “ひめか”は「もう管理人さん、やめる」って
 泣き出す始末。

   そして、ついに“ひめか”も小さな女の子“ちさ”ちゃんとご対面?
 それは夢だったのか? それともリアル現実?
 “ちさ”が言うには、“ひめか”に「ここに居てほしい、そして助けて
 ほしい」だって..

   一方、ミサの方は、双子の姉のリサが部屋を訪ねて来てお話。
 そして、お話の中身と言えば、実は“あみる”はイギリスにお仕事では
 なくって、行方不明だったこととか、“あみる”の想いが小さな娘たちを
 通じて、友達である住人全員に託されているはずだってこととか、真相で
 もあり、謎だらけでもある会話が続出! ミサも「みんなにはそれぞれに
 やるべきことがあるはず」とう言葉に、どうにか納得したみたい。

   何が“あみる”に起きたのか? そして住人たちと、“あみる”の想い
 だという小さな娘たちの存在。 いったい、このマンションでは何が
 起ころうとしているの? そして、“ひめか”はどうするの?



ひめか; 「ふぅ~.. もういいや..
       変な夢見たけど、現実は厳しいもんねっ。」
片付け1
ひめか; 「これから先、あの人、そうミサさんに会うたび怒鳴られるんじゃ、
       わたし、とってもやってけないもん!」
片付け2
ひめか; 「でも、なんであんなに怒ったんだろっ?
       わたしがあみるの姪だから?
       ミサさんて、あみるの何なのかしら?」
片付け3
ひめか; 「それに..夢の小っちゃいお人形さんみたいな娘..
       ミサさんが怒鳴ったのは、お人形さんのせいだって..
       ついでに、ここにわたしが必要なんだってっ?
       なんだかねぇ~..

       ..まっ、いいや。
       とにかく帰ろうっと! こんな訳わかんないとこに
       いたら、気が変になっちゃうわ!

       あぁ~あっ、ここに来て何にもできなかったなぁ~。
       写真の一枚撮らずかぁ~。
       可愛いアルバムでも買って、“ひめかの管理人さんだよっ!”
       とか、題名つけちゃおっかなっ?! なんて、気楽に考え
       てたのに..わたし、ここに何しに来たんだろっ?」

ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ..、
ピピピッ、ピッ..、

ひめか; 「んっ? 誰だっ? 番号はっ?
       あっ..」
携帯1

携帯2
ひめか; 「あっ、もしもし、ひめか。
       “あいり”っ? やぁーっ!
       久しぶりぃー! きゃーっ! どうしてたぁ~?

       高校卒業してから、何回か会ったきりじゃなぁ~い?!

       うわぁ~、なつかしいぃ~なぁ~!

携帯3
       えっ? 今何してんの?
       確か、介護の学校だったよねぇ~?

       そっかぁ、資格取れたんだぁ~っ! すごいじゃんっ!
       で、今どうしてんの?
       あっ、就職できたんだぁ~っ!
       おめでとーっ!
       なんだぁ~、それなら連絡くらいしてよねぇ~!
       
       そっか、今、研修中なんだぁ~?!

       ねぇ~、どんな感じなの? 介護って?

携帯4
       えっ? 何、何よっ? 何だってっ?
       今、山をハイキング中ぅ~っ?
       なんで? それも研修?

携帯5
       坂がきつくて、息が上がるっ?
       そんな時に電話なんかするからじゃんっ!
       何やってんのよ、もぉ~っ!
       相変わらず、ハチャメチャじゃないっ!
       まったくぅ~。 まぁ、“あいり“らしいって言えば
       そうだけどさっ..

       えっ? 着いたっ?
       どこに? ここっ? ここってどこよっ?
       うちっ? 実家っ? じゃなくて..?

携帯6
       鍵開けろっ? まぁ~、いいけど..

携帯7
      ほらっ、開けたよっ。
      って、何っ? なんで、ここのマンションの鍵なのっ?

      えっ?

携帯8
ピンポぉ~ん。

ひめか; 「えっ? ヤダぁ~!
       着いたって、ここぉ~っ?!」

携帯9

あいり; 「ひめかぁ~っ! うわぁーい!」
あいり1
ひめか; 「きゃーっ! あいりぃ~だぁ~っ!
       久しぶりぃーっ!」

あいり2
あいり; 「ひめかぁ~っ! 会いたかったよぉーっ!」

ひめか; 「わたしもだよぉー! うわぁぁぁぁぁぁぁ..」
あいり3

あいり; 「何年ぶりだろぉ~っ?! 2年? 3年?
       もっとぉ~っ?!」

ひめか; 「てか、1年ぶりくらいでしょぉ~よ!
       高校のあとに会ってんだからぁ~っ!」
あいり4
あいり; 「相変わらず、可愛ゆいのぉ~、ひめかはぁ~っ!」

あいり5
あいり; 「チュ~しちゃおうっと!」

ひめか; 「ちょ~っとぉ~、 悪ふざけしないでよぉ~っと!
       もぉ~っ!(笑)」

わたしと“あいり”は、幼稚園? ううん、その前のハイハイの頃からの
幼馴染み。ママ同士の公園デビューからの腐れ縁。
いつも元気な“あいり”。 引っ込み思案だったわたしを後ろから押したり、
前から引っ張ったりと、いつでもわたしに元気をくれる。
高校の時、別々の学校になっちゃったけど、それでもいつもいっしょだった。
高校卒業してから、わたしは県内の短大へ、“あいり”は東京の専門学校へ。
そう、2、3回会ったけど、かれこれ1年前が最後。
わたしの大好きな“あいり”。 まさか来てくれるなんて、会えてよかった。
こんな気持ちの時だから、余計にそう思う。


あいり; 「おばさんに聞いたんだよ。 あみるんのとこに就職したって」

ひめか; 「就職ぅ~? あぁ~っ、ママに聞いたんだぁ~。
       だから来れたのね?!」

あいり6
あいり; 「どう? 就職先は? “あみるん”は相変わらず元気なの?」

ひめか; 「.....」

あいり7
あいり; 「何よ? またあ、あんた落ち込んでんの?
      今度は、何失敗したのよ?
      あみるんに怒られたの?」

ひめか; 「ううん、そんなんじゃないの..」

あいり8
あいり; 「ってか、あんたまだ引っ越しの荷物、片づけてないのぉ~?」

ひめか; 「.....ううん、わたし、やめるの。
       ここ出てくの。」

あいり; 「えぇ~っ! ちょっと、3月ごろに来たばっかだって
       おばさん言ってたけどぉ~?!
       まだ、2か月くらいじゃないよぉーっ!

       何考えてんのよぉーっ! ちょっと、しっかりしなさいって!」

ひめか; 「いろいろあったんだよぉ~っ、あいりには分かんないよっ!」

あいり; 「わかった、わかった。
       なんだか知らないけど、ひめかちゃんも
       いろいろあるのよねっ?!」

あいり9
あいり; 「ということで、2、3日ここに泊まってくから、
       よろしくお願いでやんスッ!」

ひめか; 「えぇ~っ! わたし、もう引っ越しの準備始めちゃってる
       んだからぁ~っ!」

あいり10
あいり; 「だいじょーぶっ! こんなの私がチョチョイのチョイって
       ほら、元通りっ! かな?
       ついでに、お掃除もサササのサァーってねっ!
       ねっ?! いいでしょっ?! お泊りしてもっ?!」

ひめか; 「もぉーっ! いっつも強引に突っ走っちゃうんだからぁ~っ!
       .....でも、そうだよねっ。 こんなにすぐ逃げ出してたら、
       あみるん、困っちゃうもんねっ..
       .....ありがと、あいり」

あらあら、“ひめか”も、ずいぶん強引に引き戻されちゃったのねっ。
でも、幼馴染みがいるっていいね。 それに心強いよね。

つづく。

<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

ひよも;  おまたせしました。第9回・ヒスイ氏さんの手作り
       ご紹介コーナー“ヒスてづ“ でーす。

ヒスイ氏; 幼馴染みかぁ~。 転校生のヒスイ氏さんはいないんだよ
       ねぇ~。 っていうか、“あいり”ちゃん、可愛いぃ~っ!
       よぉーしっ! “あいり”ちゃんのためにもお兄さん
       はりきっちゃうぞぉーっ!おいーんだよぉーだっ!

あみる;  あのなぁ~..

ヒスイ氏; 今回ご紹介する物は、ちょっと良いですよぉ~っ!
       似たようなものが雑貨屋さんで、よく4~5千円で
       売ってるんですけど、ここは我慢っ!
       作ってしまいましたぁ~っ!
       ではどうぞぉーっ!

ミサの窓1
       はい、ミサちゃんのお部屋のカントリー調の窓です。
       でも、ちょっと今回は手抜きをしています。
       お次をどうぞ。
ミサの窓2
       ねっ、ひめかのお部屋のまどが出てきました。
       そうです。ひめかの窓に被せるタイプで作ったんです。
       経費削減? いいえ、体力的なものです。
       90cm×90cmのベニヤ板の裏に補強の角材を
       貼りつけて、90cm×45cmのべニア板にも同じ
       ように補強をして、更に蝶番をつけて、それに窓を作
       って..ていうのを2日~3日で毎週のように続ける
       には、超人的な肉体から湧き出す体力と、瞬時に創意
       工夫でこれらのカオス的な状況を打破する知恵が..

       (はいはい..お疲れさん。良くやってるよ! ;あみる

       えっ? あみるさん褒めてくれるの..ほんとにぃ?
       (めんどくさいから先に行けっての! ;あみる

       はい。要するに最近、手抜きを覚えたわけです。

       出来栄えは、こんな感じ..って、おいっ!

ミサの窓3
       くー太! それに、えっと..名前はまだない小っちゃいの
       2匹っ! それじゃあ、せっかくの作品が見えないつーのぉ~。

       くー太は、普段無口なくせに、今日はやけに主張するねぇー!
       割と好きだよ、お兄さん、そういう主張っ!

       で、裏を返すとこんな感じです。
       少し太めの角材(24×14mm)で4辺を囲んだら、
       その内側に細い角材(14×5mm)でさらに囲み、
       斜めのブラインドみたいに薄い木(15×2mm)を
       左右同じ角度、同じ枚数になるように(だいたいでOK)
       木工用ボンドで貼りつけました。
       今回は、木が軽かったので、釘なし、木工用ボンドのみでした。
       しかも、裏にはペンキは塗りませんでした。
       ブラインドが斜めなので、裏の手抜きは見えないという打算
       です。
       でも、時間があったら、蝶番を付けて窓も開くようにしたかった
       んですよぉ~。残念。
ミサの窓4
       って、いつまで出演してんの、くま君たちっ?!

ミサの窓5
       近くでみると、こんな感じです。
       おいおい、アップで出るなつーのぉ!

       えっ? なになに?
       ひよもさんが、たくさんの大好きなブログに“石でできたクマさん”
       とか、“土偶”とか、“緑のヘンタイ”とか、そのほかにも数え
       きれないほど、主人公とかじゃないおもしろいものが出てるから、
       あんたたちもドサクサに紛れて出ちゃえばって言ったってぇ~?
       まあ、ただでさえ更新が遅い我々だから、この23時あたりで、
       写真の撮り直しは絶対に無理っ! しょーがねーなぁ~..だ。

       と、まあ、くま君たちはさて置き、手作りの方は、私たちの
       更新下手を打破するために、ヒスイ氏自ら立ち上がりっ!
       手抜き工事をしてしまいましたとさっ。

       次回は.. なんか作ったかなぁ~?
       とりあえず、お楽しみに! ではまた、よろしくお願いします。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2012/06/23 00:22 ] | ひめかのお話 | コメント(20) | トラックバック(0)
リサとミサ
文字色このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。


こんばんわー、ひよひよひよもです。
いつもご覧いただきありがとうございます。
東京では紫陽花が咲き始めたようです。でも、暑かったり、寒かったりと
室内に居てもいても気温の変化が大きいことが感じられるくらいです。
みなさん、お風邪などひかないよう体調にはくれぐれもお気をつけください。

あっ、それから携帯電話で表示がうまく出来ない件、FC2の携帯電話用の
公式テンプレートを選んでみました。 統一できなくてごめんなさい。
表示とか、まだ変でしたらご連絡いただけると助かります。
それに、時間がかかってしまってすみませんでした。

それでは、お話しの続きをどうぞ!


<前回までのあらすじ>
  お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
 東京のあるマンション。 “あみる“はお仕事でイギリスへ。
 その間、姪っ子の“ひめか”が、管理人さんを引き受け、奮闘中!

  でも、引っ越し当日から不思議な出来事は起こるし、ごあいさつ
 回りの先々にはお人形のような小さな女の娘たちの姿が..

  住人は、201号室に服飾デザイナーのゴスロリ調女の子リリアちゃん
 202号室に医学研究者のミホ先生。
 ひとつ跳んで、302号室はお料理が得なリサちゃん。
 そして、301号室はサーファーのミサちゃん。
 でも、帰ってきたとたんに「出てけっ!」って“ひめか”を怒鳴りました。
 何でだろう?
  その夜、泣き続けて「管理人さんをやめる」って言いだした“ひめか”に
 “ちさ”って名乗る小さな女の子が現れました。夢か幻か?またもや不思議
 なことが..小さな女の子..まるでお人形さんのよう。 
  でも、“ひめか”は少しも怖くありませんでした。 背も小さい、お人形さん
 のような娘が突然現れて、話しかけてるのに?
  そして、“ちさ”は言いました。ミサの暴言を許してほしい、あれはわたし
 たちの責任、ここに居てほしい、そして助けてほしいって..

  いったい、このマンションには何があるの? “ひめか”は管理人さんを
 やめるの? それとも、“ちさ”の言っていた何かの理由のためにここに
 居るの?


ミサ;  「ふぅーっ! 疲れたなぁ~。 でも旅行から帰って、シャワー
      浴びて、ここでこうして飲むビールの味は、また格別だなぁ~。
      くぅ~っ! あぁ~っ! 最高っ!」
ビール

ミサ;  「そして、このカツカレーねっ!
      やっぱ、ニッポンのカレーは旨いねぇ~!
      スパイスも良いもん使ってるだろうねぇ~!
      あぁ~っ、旨い!」
カツカレー1

カツカレー2
ミサ;  「お米もいいねぇ~。海外にいると、やっぱり
      日本のお米が食べたくなるんだよねぇ~!」

カツカレー3
ミサ;  「丘の下のスーパーで買った福神漬け、
      結構いけるねぇ~。あぁ~、日本人に生まれてよかったぁ~って
      感じるこのひと時、最高ぅ~っ!」

リサ来る1
ミサ;  「おやっ? 誰かと思えば、リサお姉さまぁ~」

リサ;  「ちょっと話があるんだけど、いいかしら?」

ミサ;  「なんだよぉ~、おかえりも無しかい?」

リサ;  「おかえり」

ミサ;  「はい、ただいま。
      って、なんだかなぁ~。 今回はちょっとばっかり
      長旅してきちゃったけど、みなさん、お変りは無し?」

リサ来る2
リサ;  「それは、もうあなたも知っているはずでしょ?」

ミサ;  「.....」

ミサ;  「ちぃっ! あれか?」

小さい娘も1
ミサ;  「んっ? おやおや、おチビさんたちもご一緒なのねっ?
      はいはい、そういうことでしたか..」

リサ;  「そう、ひめかちゃんのことよ。」

ミサ;  「.....」

リサ;  「あなたがどういう接し方をするかは、だいたい想像して
      いたわ。 でもね..」

リサ;  「おいっ、ひめのんっ!
      おまえさんは、あたしのところに来たんだから、
      あたしが言いたいこと、あたしが思ってること、そして..
      あたしの..あたしの気持ち..わかるだろっ?」
ひめのん1

ひめの; 「ひめかは危険。あの娘の行動はまだ読めない。」

ミサ;  「あたしは、ヤツの気持ちを尊重したいだけだっ!
      わかるよなっ! ひめかじゃねぇーぞ!
      .....あっ..、あ、み、る.....だっ!」

ひめの; 「わかってる。わたし自身がその怒りと悲しみ.....」

ひめのん2
ミサ;  「だったらっ! ..だったら..、この件はほっといてくれっ..。
      あいつ、あみるのことは、あみるのことは親友のあたしだけ
      でいい..それで、いい..」

リサ;  「聞いて。 わたしのところにも一人、あみるの気持ちが
      いるわ。
      甘えん坊で、いつもわたしにベッタリの娘がねっ。
      みうっ、あなただって、彼女の気持ちの現れでしょっ?
      みうは、まだ甘えたいんだもんねっ、マ.」

ミサ;  「そっ!それ以上言うなっ! そんなの当り前だぁ!
      どこに母親に会いたくないヤツがいるっ!」

リサ;  「そうね、当り前だわ」

ミサ;  「もうこの話は終わりだっ! ひめのんも出てってくれっ!」

リサ;  「ミサ、聞いて。」
リサとミサ1

リサ;  「あなたが、あみるの親友で一番誰よりも彼女のことを思っているのは、
      誰も否定しないわ。
      そう、最後の最後まであなたはあみるといっしょだった。

      だからと言って、彼女の想い、そのすべてを自分だけで背負わないで。
      彼女..あみるは私たちにとっても大切な友達。

      そして、わたしたちにも彼女の想いが少しずづ分けて、わたしたちに
      託されたのも事実。
      リリア、ミホ、あなた、そしてわたし..

      彼女が今どこでどうしているのか? みんな放っては置けないの。
      それは、あみる自身の感情としてもはっきり表れているわ。
      その証に、この小さな娘たちがわたしたちのところにもやって来た。
      そしてわたしたちはこのマンションに集まった。

      ミサ、聞いて。 あなただけが苦しまないで..
      わたしたちにもやるべきことがあるはずなの..

      それはきっと、ひめかちゃんにもねっ..」

ミサ;  「ちっ! めんどくせー奴らだなっ!
      あみるの気持ち..か? あたしに託した想い以外のあいつの
      気持ち.....
      .....わかったよ、リサ。 数分しか先に生まれてこなかった
      割には思慮深けぇーなっ、あんたわっ!」
リサとミサ2
リサ;  「ありがとう。ミサ。」

ミサ;  「うるせーっつうのっ!」
リサとミサ3
リサ;  「大好きよ。わたしの大切なミサ」
リサとミサ4
ミサ;  「うぜーっ!
      あっ、カレー冷めた..」
      
つづく。

<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

ひよも;  おまたせしました。第8回・ヒスイ氏さんの手作り
      ご紹介コーナー“ヒスてづ“ でーす。

ヒスイ氏; うぅ~っ、かっ感動だぁ~っ! 姉妹愛、なんて良い話し
なんだろーっ!

あみる;  また始まったぞぉっ!この男の感動癖が..

ヒスイ氏; いーんだよぉーだっ! やっぱり感動は元気の源!!
       やぁーっ、ホッとした。 さぁーっ、元気に “ヒスてづ” でーす!

      今回ご紹介する物は、気合入れましたよぉーっ!
      何せ2回失敗しましたからねぇ~!

あみる;  おいっ、前にもあっただろっ?!

ヒスイ氏; うううっうん..。まあ、では早速どぉーぞっ!

      まずは、サーフボードでーす。
      そして、今回紹介してくれるのは、ボードの持ち主、ミサちゃん
      でぇーす。 悪キャラさせちゃったので、ほんとは可愛いっ!
      ってとこも見てもらわないとねっ!
ボード1
      ちゃんと、キャリーケースもエナメル生地をチクチクして作ったんですよ。
      ジッパーも付けて、持ち手も縫って、ほんとに運べますよ。
      ただし、海外なんかに持っていくときのケースはもっとしっかりしていて、
      あとで出てくるフィンという羽を守るクッションもついてるんだそうです。
ボード2
      ほらっ、ちゃんと開くでしょ~っ(ニコっ)

      サーフボードの方は、こんな感じです。
ボード3
      スチレンボードっていう発泡スチロールのお友達で、青い色
      をした、白い発泡スチロールよりちょっと目の細かいヤツを、
      大きなカレンダーの後ろの白紙に書いたボードの形に添って
      発泡スチロール用の電熱線で切る専用カッターなるもので切りました。
      そして、ボードが水に当たる船底の部分は、そのカッターで大まかに
      削り取った後、ひたすらサンドペーパーで削っては、白いアクリル塗料
      (発泡スチロールが溶けないですって)を塗って、またペーパーで
      削って、を4~5回かなっ?繰り返してだんだんツルツルにしました。

      本当にサーファーだったアミルさんによれば、ガラス繊維の入った塗料
      を塗って強度を出すんだそうです。

      まあ、おもちゃですからねっ、そこは..

      そして、白くツルツルになった表面に、東急ハンズで見つけたサーファー
      らしいシールを貼って、その上から今度は透明なアクリル塗料を塗って
      表面はできあがり!
ボード4
      今回一番苦労したのは、ここっ!
      あみるさん曰く、一番前と、一番後ろの薄さがボードの命だそうで..
      実際に海に持ってく訳じゃないのにねっ、こだわっちゃいました。はい。
ボード5
      それから、この黒いのは、ゴムのシートを張り付けたんですが、
      ゴリラグリップ(商品名?)っていう、足が滑らないためにほんとに
      貼るんだそうです。もちろん、今回のは真似っこの適当なデザインで
      すけどね。(なんで後ろだけで、前には貼らないんだろっ?)
ボード6
      ボードの裏には、フィンっていう魚のヒレみたいのを3枚つけました。
      実際にも3枚が多いそうで、他には1枚とか2枚とか4枚とかもあるそうです。

      これは適当な厚さのプラスチックの板をそれらしい羽の形に切って、
      角をやすりで削ってます。
      並んだ、前側の2枚は大きくて、後ろの1枚は小さいんですよ。
      あみるさん命令によって..

      次は、マンション中庭でミサちゃんがボードを洗っていた、
      水道とシャワーです。
水道1
      きゃぁーっ! ミサちゃん冷たいよぉーっ!あはっ、あはははっ!
      (って、何言ってんの..私は..)
水道2
      シャワーの先は、本物のジョーロのすっごく小さいやつを切って、
      そこにピンクの可愛いホースをつなげました。太さもピッタリのを
      探したんですよ(笑)。
水道3
      水道は、これまでもマンションの塀なんかに使った、石のような
      塗装がされた発泡スチロールの茶色バージョンに、ガス用の栓の
      口を穴を開けて差し込みました。
      どうです? 水道の蛇口に見えるでしょ?
      蛇口が真っ直ぐなのはご愛嬌で..

      よし、これで完成! と思ったら、蛇口が金属で、土台が
      発泡スチロールでしょっ?!
      前に倒れちゃうんですよ。

      で、つぎの写真です。
水道4
      うちで使っていなかったブックエンド(これも百均?)に、
      石の模様のシール(これも百均?)を貼って、
      発泡スチロールの土台を貼りつけちゃったんです。
      そしたらお見事!
      ちゃんと自立できるようになって、あとは写真の通りで、
      水を受けるところを木で囲って、さっきの石模様のシール
      を貼って出来上がりでーす。
      写真は、わかりやすいかと思って、
      ブックエンドだけのものと、出来上がった水道を裏から
      見たものの2つを並べてみました。
      ついでに石の模様のシールも置きました。
水道1
      あはっ! ミサちゃんたらぁ~っ、冷たいよぉ~ん(笑)
                      (クドイ ;あみる)

      と、まあ、更新までの1週間以内に気合を入れ過ぎて、
      ヘトヘトになったヒスイ氏でした。

      次回は、ミサのお部屋ですね。 ここにも工夫があります。
      お楽しみに! ではまた、よろしくお願いします。


にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2012/06/16 00:18 ] | ひめかのお話 | コメント(14) | トラックバック(0)
泣かないで、あなたが必要なの。
このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。


こんばんわー、ひよひよひよもです。
いつもご覧いただきありがとうございます。
最近の東京は暑くなってきましたね。 みなさんのところはいかがですか?
わたしは、先週の更新の後から持病が悪化してしまって、みなさんから
いただいたコメントにお返事書いたり、みなさんのブログにお邪魔するのが
遅くなってしまいました。ごめんなさい。 少し強めのお薬になっちゃった
んですけど、嫌なお薬で、朝立ち上がることも出来ないくらいフラフラに
なっちゃうんです。 ほんとにお薬なのかしら..?
今はなんとか復活しましたので、またがんばります。
応援よろしくお願いします。

あっ、それから携帯電話で表示がうまく出来ない件、FC2の説明がよく
わからないので、携帯電話用の公式テンプレートを選び中です。
もう少し待ってくださいね。ごめんなさい。

それでは、前回、“ミサちゃん”に「出てけ!」なんて言われた “ひめか”。
続きはどうなったでしょう。 ではどうぞ!


<前回までのあらすじ>
  お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
 東京のあるマンション。 “あみる“はお仕事でイギリスへ。
 その間、姪っ子の“ひめか”が、管理人さんを引き受け、奮闘中!

  でも、引っ越し当日から不思議な出来事は起こるし、ごあいさつ
 回りの先々にはお人形のような小さな女の娘たちの姿が..

  住人は、201号室に服飾デザイナーのゴスロリ調女の子リリアちゃん
 202号室に医学研究者のミホ先生。
 ひとつ跳んで、302号室はお料理が得なリサちゃん。
 そして、301号室はサーファーのミサちゃん。
 やっと帰ってきたと思ったら、いきなり“ひめか”に「出てけっ! 帰れ!」
 ですって..なんでぇ~?
 “ひめか”も唖然とするばかりで、とうとう泣き出しちゃった。
 せっかく、リリアちゃんにもらったアリス風の水色ワンピでちょっと
 はずかしそうに..でもルンルンでお掃除してたのに..

  その夜、“ひめか”は泣きっぱなし..どうなるのよぉ~。


ひめか; 「.....あぁーん、あん、あん、あんっ.....」
泣く1

ひめか; 「.....えぇーん、えん.....」
泣く2

ひめか; 「ひっ、ひどいよぉ~.....」
泣く3

ひめか; 「なんでぇ~.....あぁ~ん、あん、あん、あん.....
       わたしが、何したって言うのよ!
       ここに居ちゃなんでいけないのよ!
       会ったとたんに、あんな言い方ってないじゃないっ!」


ひめか; 「もう、帰ろう..
       あんなのイヤ! 帰るっ!
       もう、帰ってやるぅ~.....」
泣く4

ひめか; 「くー太..わたしやめるね。
       管理人さん.....」
泣く5

「.....カチャ.....」
だれ1
ひめか; 「なにっ?」

だれ2

ちさ;  「こんばんわ、ひめかちゃん。 あたし、ちさ。」

ひめか; 「.....」

ちさ;  「こんな時間にごめんなさいね。」

ひめか; 「えっ? あっ、あぁ~..」

ちさ;  「あれ? 驚かないの?」

ひめか; 「.....えっ? あぁ、そうね、小さいもんねっ。
       お人形さんかしら..ね?」

ちさ;  「そう、お人形さんと言えば、そうかもね。
      他には、なんにも驚かないの?」

だれ3

ひめか; 「えっと、なんだろー? あぁ、今日はいろいろあったから、
       なんだか頭が混乱してるみたいで..」

ちさ;  「ふーん、そうなんだぁ~。
       普通、もっとビックリすると思ったから、拍子抜けだわっ。」

ひめか; 「あーっ、ごめんごめん。
       キャーッ! 何っ? でいいかしら?」

ちさ;  「そんなの今更ね。ふふふっ」

ひめか; 「ふふふっ、そうよね、今更よねぇ~。 おかしいわよね。」

だれ4

ひめか; 「で、どうしたの?」

ちさ;  「今日のこと。そして、これからのことのお願いに来たの。」

ひめか; 「今日のことは忘れたいわ..
       それに、もう管理人さんやめるの。決めたの。」

ちさ;  「今日のことは、わたしがあやまるわ。
       あんな言い方して、ごめんなさい。 ..許して。」

ひめか; 「どうして、あなたが謝るの?
       あれは、えっと、ミ?ミサさんでしょっ?」

ちさ;  「ううん、ミサはとってもいい人..あんな風に言わせて
       しまったのは、わたしたちにその責任があるの。」

だれ5

ひめか; 「いい人ぉ~っ?! いきなり怒鳴ってよぉ~!
      わたし、リサさんかと思って声かけただけなのに..」

ちさ;  「ごめんなさい。でも、ほんとに彼女はあなたのことを
      思って言っただけなの。 それはほんとなの。
      ミサは、あなたがここに居て苦しんでほしくなかったの。」

ひめか; 「そっ、それは、管理人さんて意外と重労働だわっ、でも、
      そんなの慣れればやれるわよ!」

ちさ;  「違うの..あなたがここに来た理由は、そんなことじゃないの。」

ひめか; 「えっ? あみるんの代わりに1、2年管理人さんをやれば
      いいんでしょ?」

ちさ;  「そんなことじゃない..いずれ分かる..
      だからお願い。それまで、そしてそのあと..助けてほしいの..
      あなたが、必要だから.....お願い、助けてほしい.....」

あさ1

「ちゅん、ちゅん..ちゅんっ..」

あさ2
ひめか; 「あっ、朝だ..
       夢かぁ~.. なんだったんだろ、あのお人形さん、
       あの子、名前はぁ~? えっと、ちさちゃんだったっけかな?
      
       わたしに助けてだって..わたしが必要なんだって..

       どうして? 何があるって言うの..ここに?」

つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>
ひよも;  おまたせしました。第7回・ヒスイ氏さんの手作り
       ご紹介コーナー“ヒスてづ“ でーす。

ヒスイ氏; あぁー、ホッとした。 とりあえず、ひめかが泣き止んだぁ~。
       でも、なんだか複雑な展開になってきたぞぉー!
       ねえ、ひよもちゃん。 これからどうなっちゃうの?
       このお話し。 ひよもちゃん、管理人さんやめちゃうの?

ひよも;  やーねー!そんなのここで言えるわけないでしょーがぁ~!

あみる;  ヒスイ氏..愚か。

ヒスイ氏;  じゃぁ~いいよぉーだ! 自分のコーナーに行っちゃうもぉ~んだ!
       ということで、「はい。こんにちは。“ヒスイ氏”でーす。」

       今日は、ジャージ姿のひめかちゃんが使っていたお掃除道具でーす。

あみる;  立ち直り、はやっ!

ヒスイ氏; お掃除道具は、これでーす。
掃除道具1
       右から、お庭用のホウキ、廊下とか用のホウキ、そして、
       みなさん良くご存じの黄色いモップ。その前には雑巾3枚です。

       まず、お庭用ホウキです。これで作りました。、また百均です。
掃除道具2
       実は、何に使うものか知りません。とりあえずホウキって
       書いてありますね。 その針金を全部取ってしまい、
       お人形さんの背の高さに合うように適当に切った木の棒に
       同じ針金1本を使って一か所だけ巻きました。
掃除道具3

      次は、廊下とか用のホウキです。実はこれも百均です。
      わたしの手作りは百均さま様です。
掃除道具4
      この柄の部分、リスさんが可愛いのですが、そこをカッター
      でチョキッとして(危ないですから気を付けてくださいね)、
      棒が刺さるように穴を開けました。
掃除道具5
      棒は、前の木の棒と同じで、お人形さんに合う長さに今度は
      アルミの棒を切って差し込みました。そして、ここがミソ!
掃除道具6
      持ち手のところにゴムのチューブを通して、グリップらしく
      してみました。

      次は、黄色いモップです。
掃除道具7
      これも百均だったかなぁ~? とにかく、ハンディモップの
      毛の部分を短く切って、あとは中央の毛のないところに
      ワイヤーを通して強くして、真ん中あたりから飛び出させ、
      適当な長さに切ったアルミの棒にワイヤーで巻きつけて
      固定しました。

      そして、モップにもゴムのチューブで持ち手を付けました。
掃除道具8

      最後は、雑巾です。
掃除道具9
      つまらない事ですが、本当の雑巾みたいにバッテンにも縫って、
      雰囲気出しました。 でも写真じゃわからないでした(涙)。

      と、まあ今回はこんなところです。
      1/3サイズの雑貨ってそのまま売っていることは少ない
      のですが、意外に作れちゃうもんだと、最近、自画自賛して
      いるヒスイ氏でした。

      次回は、あのサーフボードとかお庭の水道とかです。
      お楽しみに! ではまた、よろしくお願いします。


にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。
ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2012/06/09 01:32 ] | ひめかのお話 | コメント(24) | トラックバック(0)
えっ、そんな..(涙)
このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。


こんばんわー、ひよひよひよもです。
いつもご覧いただきありがとうございます。
今日から6月ですね。一年も半分来たんですね。早ぁ~い!
わたしたちもブログを始めて2か月。ブログを通して、いろいろな方と
お話をさせていただく機会にも恵まれて、ほんとうに感謝しています。
2か月もやっていて、来てくださった方にお礼のお返事もできて
いなかったり、まだまだダメダメですけど、がんばりますので、どうか
これからも応援よろしくお願いします。

あっ、それから携帯電話でご覧いただいている方から、表示がうまく
出来ないというコメントをいただきました。
ご指摘いただきありがとうございます。
いま使っているテンプレートがPC用だけしか無くて、どうすると良い
のか確認していますので、しばらくご不便をお掛けしますが、なるべく
早くなんとかしますので、どうかお許しください。ごめんなさい。

それでは、続きをどうぞ!


<前回までのあらすじ>
  お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
 東京のあるマンション。 “あみる“はお仕事でイギリスへ。
 その間、姪っ子の“ひめか”が、管理人さんを代役です。

  でも、引っ越し当日から不思議な出来事は起こるし、ごあいさつ
 回りの先々にはお人形のような小さな女の娘たちの姿が..

  住人は、201号室に服飾デザイナーのゴスロリ調女の子リリアちゃん
 202号室に医学研究者のミホ先生。
 301号室は旅行中でまだ会ってはいません。なんでも旅行好きらしくて、
 いつ帰ってくるのやら..
 302号室はお料理が得なリサちゃん。

  ひめかは、高校生の頃のジャージを着て、せっせとお掃除。
 慣れないお仕事で、「腰が痛ぁ~い。」と座り込んでたら、突然、
 リリアちゃんに連行されちゃった。 リリアちゃんのお部屋に着くと、
 たくさんのフリフリ、ヒラヒラなリリアちゃん好みの服がいっぱい
 出てきました。 そして、若い娘がジャージなんかじゃ女子力低下だぞぉ~!
 とばかりに、「どれでもどーぞ、あげる。」だって..ふっ太っ腹..
 (私、ジャージ姿、好きです。 ;ヒスイ氏)
 結局、不思議の国のアリス風な水色ワンピと、ゴスロリ調の
 フリフリな白いブラウスに黒のスカートのセットをいただいちゃった。
 ひめか、意外にちゃっかり者か?

  さあ、さっそくお着替えしてお掃除再開ぃ~!



「ふぅーっ、疲れたぁ~っと!
 よっこらしょっ。 まずはこいつから洗っちゃわないとなっ!」
ただいま

「うわぁ~、すげぇー塩!今回のトリップ、長かったからなぁ~。」
ボード1
ボード2

「ちっ! やっぱ、ここ傷いってらぁー! 
 あのやろー、前乗りしたくせに、にいきなりスピン
 掛けやがるから、かすっちまったじゃねぇーか!
 下手くそがぁー!」
ボード3
「あとでリぺアすっかっ! まだクロスあったかなぁ~?」

水かけ1
「傷に掛けねぇーよーにしねーとなっ!」

水かけ2
「へへっ!いつ見てもかっけぇーなぁ~!
 このトップとテールの薄さがすげぇーよなぁ~!」

水かけ3
「裏もしっかりってね! お疲れさん!」
 今度、羽削ってみっかなぁ~..
 その方がテールスライド掛けやすいかなぁ~?」

「よしっ! 上、あがるかぁ~」
上に1

「もう千葉、波、小せえかなぁ~? 来週行ってみっかなぁ~?」
うえに2

「おっ、ヒラヒラ姫!」
ヒラヒラ姫

「リリアっ! ただいまっ!」
ヒラヒラ姫2

「相変わらず、ヒラヒラしてんなぁ、
 どこのお姫さんなんだよ、おまえ..って..」
リリアじゃない
「お、おまえ誰だっ?! まっ、まさか“ひめか”..
 あみるの姪の..ひめか..な.の.か..」

ひめか; 「あっ、リサさん。 リリアさんがこれ着ろって言うから..
       えっ? 違う.. あっ、あのリサさんじゃぁ..ない?」

ミサ;  「あたしはミサ。 リサは姉..」

ミサ;  「でっ、でっ、出てけ.. でっ、出てけえー!」
出てけ2

ミサ;  「ここは..ここはおまえの来るとこじゃねえー!
      とっとと、てめーんちに帰れ!」
出てけ1

ミサ;  「いいなっ! 二度とここにはくんなっ!」
出てけ3

ひめか; 「..ちょっ..ちょっと..待って..」
お願い1

ひめか; 「おっ、お願い..わ、わたし..」

お願い2
ミサ;  「.....」

ひめか;  「わたし..なにが..何がいけないの..?」
お願い3
ひめか;  「お、お願い..だから..教えて..くだ..さ..い(涙)」

つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>
ひよも;  おまたせしました。第6回・ヒスイ氏さんの手作り
       ご紹介コーナー“ヒスてづ“ でーす。

ヒスイ氏; って、今回のお話し、シリアス過ぎませんか!
       なんか、涙でちゃったよぉー!
       「はい。こんにちは。“ヒスイ氏”でーす。」
       なんて、入れないよ!

ひよも;  そうね..この展開、考え付いたときには鳥肌立ったわ!

ヒスイ氏; でっ、でしょ! ミサってなんなんだぁ~!
       あれじゃ、ひめかが可哀そうだろーって!

ひよも;  まっ、まt、まぁー、そうムキにならないで..ねっ。
       あれ、お話しだから、お、は、な、し。
       大丈夫? ヒスイ氏さん? ヒスイ氏さん?
       あれっ? 泣いてんの?

ヒスイ氏; くすんっ..で、では6回目でーす!

あみる;  おいおい..

ヒスイ氏; えーっ、では気を取り直して..
       今回は、マンションの中庭での女子会のお話しからです。

       えっ? あれ食品サンプル買っただけだろーって?
       いや..少し作ったのもあって..これなんですけど..

       あっ、やっぱり、今回のお話しの“ひめか“の涙を
       引きずって来週の続編まで待ち続けるのは、私の精神上も
       良くないので、「にっこりひめか」に紹介してもらいます。
       「はぁ~(ため息)、ひめかぁ~..くすん。」

女子会セット
       はい、テーブルとイスです。
       まあ、テーブルは板に足を着けただけなんですけど、
       このイスなんだか分かりますぅ~?

イス1
       裏はこんな感じです。

イス2
       実はこれ、百均の植木置き?を2つくっ着けて、
       足を付け替えたんです。どう? ダメ?

       ご参考までに、イスの足は座るところの厚さを含めて
       17cmくらいがDDにはいいかもしれません。
       ただし、“ひめか“は、Ⅱボディ?のせいか座りがあまり
       良くなくて、実際には“ひめか”の足をうまく畳まないと
       後ろにひっくり返っちゃいました。スカートや撮影で
       足を隠すようにして、何とか座らせたと思います。

       みなさんもイスを作られるときは、お人形さんを実際に
       何かに座らせてみて、イスの足やイスの形を決められた
       ほうが良いと思います。(初心者が余計なお世話でした)

       というところで、今回は見逃してやってください。
       次回はお掃除道具です。よろしくお願いします。

       はぁ~..ひめか..心配だなぁ~。


にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。
ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2012/06/01 23:53 ] | ひめかのお話 | コメント(24) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。