スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
そっかぁ~アルバムねっ!?
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 ゴールデンウィーク突入ですね!
しかも、日曜日はドルパ29ですね! さあ、姫兄ちゃんは
何を買って来るでしょうかぁ~!? 続けてドルショもある
ので、お財布の中身が..。

 と、その前に、ヒスイ氏さんは「ぼらん・どおる」さん
主催の「創作人形展「春」」にお邪魔してきたそうです。
場所は、東京駅・丸の内北口の丸善さんの4階。
でも23日(火)まででしたので、今はもう終了してしまって
います。 ご報告が遅れてごめんなさい。

今回の展示会も店主様の優しい笑顔と、お人形さんへの
いろいろな捉え方をお話し下さって、とっても楽しいも催し
だったそうです。

「ぼらん・どおる」さんは、以前ご紹介した、「ちゃおさん」
という作家さんの「アリスちゃん」をお迎えさせていただいた
お店です。
ヒスイ氏さんも「happaさん」「赤ちゃん」
お迎えさせていただきました。
「アリスちゃん」「赤ちゃんも」2人もわたしたちの大切な家族です。

 あっ、それともうひとつ、4月24日の記事でDOLK
東京・秋葉原店様
の展示をカフェにリニューアルしたことも
ご報告させていただきました。
みなさん、是非、遊んでみてください。お願いします。

 では早速、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(4月19日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。

<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 やっと開いた扉..、そして、暗く闇の世界への誘い
のような階段..。

 と、あみるんの心を表すように明かりが灯りました。
住人のみんなは、ミサさんを先頭に、1人ずつ
階段を下って行きました。

 ところがどうでしょう..。たった十段も下った
あたりから、ミサさんと次に降りたあいりちゃんの
声は届きづらくなり、何十メートルも離れたの
でははいかと思うくらいに..。

 そのとき突然、ミサさんの足元が滑り? あわや
転んでしまうところでした。 おかしいなぁ~、
滑るような感じでもなかったし、明かりもそこそ
こ点いていて、何で転びそうになったのかしら?
不思議に思うミサさんの背後から、あいりちゃんが
声を掛けてきました。

 えっ!? さっきあれほど離れた感じだったのに、
あいりちゃんは、ミサさんのすぐ後ろにいたの!?

 何かがおかしい、この階段..。

 あっ、突然思い出したあいりちゃん。
そういえば、ひめかは?
さっきまですぐ後ろに居たはずなのに!!
どうなってるの!? この階段に!?

 出口だってあるのかしら..?


さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130208

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回も、礼の扉の向こう、地下への階段での出来事でーす。


見取り図20130412

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!

あいり; 「ひ、ひめかぁーっ!! どこぉーっ!?
       今まで、すぐ後ろに居たのに..、ひめかぁーっ!!」

それは23

あいり; 「やばいっ!! 返事がないっ!!」

それは22





ひめか; 「あいりっ! ちょっと早いよっ! もっとゆっくり行っ
       てぇ~っ!」

そっか7

.....ねぇ、アルバム持って来た.....?

ひめか; 「えっ!? アルバム!? あぁ~、あのあみるんのねっ!?
       そっかぁ~っ、やっぱ、いるよねっ!?
       分かったっ! わたし、すぐ取って来るっ!!」

そっか9

ひめか; 「ふぅ~っ、またこの階段戻るのかぁ~っ..。
       結構歩いたんだけどなぁ~っ、まっ、しかたないかっ!」

そっか10

ひめか; 「ねぇ、あいり、この階段、結構長そうだから、
       あんまり先に行かないでねっ!?
       ミサさんにも待っててくれるように言ってね!?
       ほんじゃぁ~、ちょっくら行って来やーすっ!」

そっか11

ひめか; 「あれぇ~っ? リサさんもミホ先生もリリアさんも
       居なかった。
       やっぱり、ミホ先生の具合悪くなっちゃったの
       かなっ?
       まあ、病み上がりなんだから、お部屋でゆっくり
       した方がいいわねっ。
       それに、リサさんと、リリアさんが付き添ってて
       くれれば安心よねっ!」

そっか2

ひめか; 「ふぅ~っ、行きは結構長く感じたけど、帰りは案外
       すぐだったわねぇ~っ。
       さてさて、アルバムアルバムっ.....と..」

そっか1

ひめか; 「あれっ!? くー太.....、
       それにおチビさん2人も.....。」

そっか3

ひめか; 「あっ! アルバムだっ!!
       誰かの演出かしらっ!? でも変ねぇ~。
       わたしの部屋の合い鍵なんて、あいりしか
       持ってないはずだし..。
       あいりが、リサさん達に渡したのかしら?
       そんなねぇ~っ。 だったら、最初から
       アルバム持って来るわよねぇ~っ..。」

そっか4

ひめか; 「まっ、いっかぁ~っ!
       とりあえず、くー太たちが持って来てくれた
       ことにしーとこぉーっと..。
       だって、くー太は、もともとあみるんの宝物
       だったんだもんねっ!
       だから、ちょっと助けてくれたんだよねっ!?

       ありがとう! くー太!!
       それとおチビさんたちっ!!
       じゃっ、わたし行くね。 バイバイ、おとなしく
       待っててねっ!」

そっか6

ひめか; 「ふふっ、不思議なことがあるものねっ!」

そっか5

ひめか; 「あいりぃ~っ、ミサさぁ~ん! アルバム、
       今持って行きますよーっ!」

そっか12

ひめか; 「あいりっ!? ミ、ミサさんっ!?」

そっか13

ひめか; 「もぉーっ! 何よっ! 先行かないでって言った
       のにぃーっ!
       わ、わたしだって、こ、怖く..
       ううんっ! 怖くなんてないんだからねっ!」

そっか8

ひめか; 「あいりったらぁ~っ! ねぇ、ミサさーんっ!!
       どこまで下りちゃったのぉ~っ!?
       聞こえてますかぁ~っ!?」

 この階段、変っ!
確かに、リサさんも、ミホ先生も、リリアちゃんも階段を下りてたわっ!
それに、行きは結構歩いたはずなのに、帰りは意外と早かったし..。
もう、何処まで下りちゃったのかしら、あいりとミサさん..。
リサさんは? ミホ先生は? リリアさんは?
ねぇ、あの声、「アルバムを」っていう声..ほんとにあいりだった!?



つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第46回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。

       いやぁーっ! 怖くなり過ぎたぁーっ!!
       やっぱり、やめとけばよかったぁ~っ!!

あみる;  大丈夫っ! あみるんも必死に何かを訴えてるはずだから。
       もう少し、聞いてあげよう!? 待ってあげよう!?
       ねっ!?

ひよも;  それにしても、階段って、なんであんなに怖く感じるの
       かしらねっ!?
       きっと、作った人の性格だわっ!

ヒスイ氏; ひでぇーっ! そ、そりゃないでしょっ!?
       この階段だけで、何話も書けちゃうくらいのシチュエーション
       なんだよっ!? 結構、リアルな感じあると思うけどなぁ~。

ひよも;  そのリアルな感じが、めっちゃ怖いんですっ!!

ヒスイ氏; そっかぁ~、まぁ、製作者としては喜んでいいのか悪いのか?
       微妙だけど..、怖くなったら電話でもなんでもしてきなさい!
       お兄ちゃまが、楽しいお話ししてあげます!!(キッパリ)

あみる;  お兄ちゃまっ!? あなたの楽しいお話しは寒いだけだから
       遠慮しとくってさっ!
       ひよもちゃんも、アリスちゃん抱っこして、わたしといっしょ
       に続き書こうっ! ねっ!? 

ヒスイ氏; では、そのお寒いお兄さまの今週の作品は、こちらっ!!

あみる;  いつまでも、拗ねないのっ!!

ヒスイ氏; はい! ということで、これです。

そっか_ヒス1

ひよも;  また出たっ! 何だかわからない物!
       もう、シリーズ化決定ねっ!!

あみる;  もしかして、これってステンドグラスじゃないの!?

ヒスイ氏; ピンポォーン! ご名答!!
       今回も同じ階段でのお話しで、お着替えと髪のセット、
       それに撮影による閉塞感への拘り、あと、くー太ちゃん
       たちが居てちょっと温かいひと時だけに注力すれば
       よくって、作ったものは次回以降に使うものだけ。

       だから、今回はこの新しい挑戦! ステンドグラスを
       ご紹介しまーす!

ひよも;  すっごーい! いつの間に習いに行ってたの?

ヒスイ氏; ところがドッコイ! お稽古ごとのように通っては
       いないんだぁ~。

       実は、ある方のご好意で、1、2時間ほど教えていただい
       たんです。

あみる;  1、2時間!? たったの?
       確かに、ここに出した写真は小さそうだけど、そんな時間で、
       出来るものなの!?

ヒスイ氏; そこが、ヒスイ氏のヒスイ氏たる所以じゃないっ!
       この写真は、初めて2つのガラスをくっ付けた時のものなんだ。

       「あら、ガラス切れたの?、しかも工具使わないで
       割れたの!?」
       って驚かれるくらい、1度教えていただいたことが、
       どういう訳か、どんどん身について、先生も褒めて下さい
       ました。(えっへん!)

       まぁ、まだ初歩の初歩で、ガラスの直線、曲線の切り方、
       表裏をどう考えるか? 細かいカットはどうやるのか?
       繋ぎ合わせる方法は? といった程度なんだけどね。

       でも、ここまで覚えれば、後は自分で考えて、作りたい
       ものをどうやったら出来るかなって、自分で工夫して
       いけばいいんだって!

ひよも;  なんだか、すごいね! 姫兄ちゃん!!

ヒスイ氏; ありがとう!
       しかも、道具も一式+αまでくださったんだよっ!

あみる;  マジでぇーっ! それって、すっごくないっ!?

ヒスイ氏; そう、その+αは何とっ!! ここで使わさせていただいた
       ガラスと、同じ種類のガラスを沢山っ!!
       そして、そのガラスとは..その名も高いし、お値段も
       そーとー高しのヴェネツィアン・グラスなんだよっ!!

あみる;  へぇーっ、ヴェネツィアン・グラスってそんなに高級品なの?

ヒスイ氏; 僕も詳しくは知らなかったんだけど、教えていただいたお話と
       そのあと調べたところによるとねっ、

       ヴェネツィアン・グラスは、原材料も燃料もない
       ヴェネツィア共和国が、それらを持っている国が
       コピー製品を作ってしまうのを恐れて、すごーい
       保護政策をしてたんだって。

       そして、ついに1291年には、全てのグラス工房
       をムラーノ島っていう島にへ強制移住させて、
       グラス職人やその家族、販売者が島外に逃げるとは
       厳しく罰したんだって。

       だから、門外不出で、この色の均一さは日本でも
       真似が出来ないらしいよ。

ひよも;  なんか、このブログもすごいことになって来ちゃったわねっ!
       ガラス職人さんまでいるんですもの!

ヒスイ氏; いやいや、そんなすごいところまでは、とてもとても..(汗)。

       でも、これで、このブログに遊びに来てくださて
       いる方のブログでもよくご紹介されているような、
       明治村の天主堂をイメージした背景なんかも可能性は
       出来た訳かなっ?

       実際、教会やゴシック様式の背景制作を希望されて
       いらっしゃるところもあるので、今からまた勉強と
       トライだねっ!

あみる;  えぇーっ! もう使ってくださるところ見つけてきたの?

ヒスイ氏; 善は急げってねっ!

       今、いろいろお話をいただいていて、

       10月のドールイベントでしょ、
       あと、東北大震災の復興イベントとして、お人形さん
       の撮影会を東北でやってみないかっていう話とか、

       東京とか関西からはお住まいが離れているので、なかなか
       ドールショップに行くことができない方のために、
       背景をトラックに積んで、地方を回って出張撮影会を
       やらないか? とかねっ!

       それから、東京からはちょっと遠いお店でも、もう
       1店舗展示して下さることに決まったんだっ!

あみる;  おいおい、あなたサラリーマンで本職は研究だろっ!?
       そんなすごい人になっちゃって、本業あ大丈夫なの?
       それに、わたしたちのこと見捨てたりしないでよねっ!

ヒスイ氏; 何言ってんのさ、あみるさんもひよもちゃんも僕の大事な家族
       じゃない! こうやって、お人形好きなみなさんが
       楽しんでくれたら、それはつまり、あみるさんと
       ひよもちゃんのお蔭ってことでもあるんだよっ。

       このブログと、出会いがなかったら、僕はただの
       研究馬鹿 & 下手くそアマチュアミュージシャン
       で終わってたんだ よっ。

       だから、このブログを応援して下さるみなさんには、
       本当に感謝してます。そして2人にもねっ!!

       そうそう! これぞまさしく“マタ半さん卓の精神”
       だよっ! みんな! 楽しく遊ぼうぜっ!!
       でしょ!?

       それと、お仕事はお仕事! 僕にも家族がいるから
       ねっ! そこはしっかり働かなくちゃねっ!
       第一、今の仕事好きだしねっ!

ひよも;  夢が膨らんでくるって、何だかとってもウキウキするんだねっ!
       それに、あみるさんとわたしのこと家族だって..。
       とっても、うれしいなっ!

       ということで、今週は、またまた初チャレンジの
       ヒスイ氏さんのステンドグラスでした。

       ステンドグラス、いいものがたくさん出来たら、
       みなさん、またもらってあげてくださいねっ!
       では、また来週でーす。

       わたしにも頂戴っ!! あのねっ、アンティークな
       窓枠にステンドグラスが入ってるのがいいんだぁ~っ!!

あみる;  もちろん、わたしもねっ!! わたしはお花の模様がいい!!

ヒスイ氏; .....はい、承知いたしました(汗)。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2013/04/26 22:58 ] | ひめかのお話 | コメント(8) | トラックバック(0)
うれしいお知らせ “第5弾!!”
 いつも、”ひめかの「管理人さんはじめました」”をご覧いただきまして
ありがとうございます。

 このブログでは、めずらしく “朝から更新” で、失礼します。 
会社は期初ということで、あみるさん、ヒスイ氏さんともにブログに着手
できる時間が夜中とか朝方までとかになってしまって、2人には、ほんとう
に申し訳ない気持ちです。


 そんな2人の努力の甲斐もあって、またまた、

 「うれしい緊急のお知らせ」 

をさせていただいちゃいまーす!

 なっ、なんと今回で“第5弾” でーす!


 
なんと! またまた、あの海外ドールで有名な、
“DOLK東京・秋葉原店様”でーす!

今回は、少し前のお話しの中で
“ひめかとあいりちゃんが作戦会議をしたカフェ”
を展示させていただきました。

 実は、4月の初旬には展示していただいていていたんですけど、
ブログのお話しの展開にドタバタとしてしまって、ご報告が遅れて
しまいました。 ごめんなさい(ペコっ m(_ _)m)。

 DOLK様のHP “http://dolk.jp/”から
Twitter “http://twitter.com/dolktokyo” に
行かれると、お写真もバッチリ! 掲載していただいています。


 まずは、こちらでのお話しのときのシーンからご覧ください。
そうです。このカフェでーす。
 
外出1
  
 そうなんです。これパラボックス様にも展示させていただいたものなんです。
あちらでの展示のあと、ヒスイ氏さんの屋根裏部屋に置きっぱなし
だったので、DOLK様ご提案申し上げたところ、ご快諾いただいて、
今回、あらためての登場なんです。 

  設置したときの写真を、ヒスイ氏さんが撮ってきてくれましたので、
ご紹介させていただきます。


うれしい第5弾4

うれしい第5弾3

うれしい第5弾2

うれしい第5弾1

DOLK東京・秋葉原店様、またまた、わたしたちにこんなに素敵な
機会を与えてくださって、ほんとうにありがとうございます。


いつも作品を使ってくださって、ほんとうにうれしくてしかたがありません。

では、ヒスイ氏さんご本人の談話をどうぞっ!



毎度どうもです。 ヒスイ氏です。
まずは、こんな素晴らしい機会を与えてくださった”DOLK東京・
秋葉原店様”に厚く御礼申し上げます。

つたない作品ではありますが、御社のお客様のお人形さん談義に
少しでもお役に立てば幸いです。

他店様でも飾っていただいたものですけれど、DOLK様のお客様にも
遊んでいただけるのは、制作者としては感無量ですし、作品君も
喜んでくれていると思います。

下手な素人作品ですけど、ご来店くださった方が、ワイワイと
楽しんでいただけましたら、何よりの幸せです。

今後とも何卒ご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

さて、このブログをご覧の皆様、また楽しみが出来ましたよぉ~。
東京近郊の方はもちろんのこと、お休みやご出張旅行などで東京
方面にお出かけの際は、是非、DOLK東京・秋葉原店様にお寄り
いただき、このヒスイ氏の出来そこないの産物を笑ってやって
ください。

もちろん、破損も故意でなければ弁償も必要ございません。
お気軽にお楽しみいただければ、私としてはこの上ない喜びです。

ただし、ガラスの瓶や器などもございます。また、お人形さんへの
色移りのチェックまではしておりません。したがいまして、お客様と
お人形さんに、くれぐれもお怪我や汚れの無いように、ご注意を
いただき、あくまでも自己責任でお遊びください。

今後とも、”泣き虫弱虫・ひよもちゃん”と、”あみるさん”の
世界観を表現すべく、努力してまいりますので、3人まとめて
よろしくお願いいたします。

また、この展示も終わりましたら、展示物はどうされるのか?
そのあたりは、すべてお店の方にお任せして参りました。

もしかしたら、またタダで放出していただけるかもしれませんよ。
ですから、欲しい方は、早めにお店の方に交渉されてはいかが
でしょうか?



 はい、ヒスイ氏さんでした。 再び ひよも です。
 実は、これまでDOLK様に展示していただいていたカウンター
バーは、お客様がワンセット全てもらってくだそうです。
ほんとうにありがたいことです。


 出来ましたらご自身のブログなどで遊んでいらっしゃるお写真など
拝見できましたら、最高です!!
何卒、ご検討下さい。お願いいたしまーす。


 そして、最後に!
あっ、あのぉ~..今回の更新も、あくまで “うれしい緊急のご報告”
ですからねっ!
ですから、今週金曜日に予定している、お話しも絶対に
見てくださいねっ!
お願いしまーす。 絶対ですよぉ~っ!

 見てくれないと、凹んじゃいますからねぇー!
 お願いでーすっ!



にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2013/04/24 08:31 ] | 特別企画 | コメント(5) | トラックバック(0)
それは、何処までも長く..
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 もうすぐゴールデンウィークですね。もうご予定は立てられましたか?
温泉旅行や、家族サービス、ゴルフに、ごろ寝..それとも娘さん息子
さん、彼女さん、彼氏さんと野外撮影の三昧の日々かしら?(くすっ、笑)

楽しみですね。 あっ、お仕事の方がいらしたら、お気を悪くされたかも
しれませんね。ごめんなさい(反省)。

 そう言えば、ドルパもドルショもあるんですよね! お人形さんにも
うれしい(お財布には厳しい?)日がもう目の前です!

 あっ、DOLK・秋葉原店様の撮影セットのご紹介がまだできてません。
ほんとうにごめんなさい。
DOLK・東京店様のTwitter等でお写真も掲載していただいています。
是非ご覧いただいて、遊びに行ってください。お願いします。
 
 では早速、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(4月12日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。

 この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。


<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 鉄柵とバラの絡みついていた扉は、やっぱり地下への入り口でした。
ミサさんが扉を開けるとそこは..真っ暗で何も見えない空間..。
扉を全開にしてみると、冷たい金属性の階段が闇の中に延びていました。

 ミサさんが一歩、その階段に足を踏み入れると、その冷たさは履物を
突き抜けて、あっという間に全身を凍らせてしまうような、いいえ、
それどころか、その冷たさが心にまで迫る勢いでした。

 でも、次の瞬間..。
扉の内側がパッと明るくなったのです。 きっと、ミサさんの一歩が、
あみるんの心の氷を解かしはじめるきっかけになったんじゃないかしら。

 後ろでは、ミホ先生の体を心配するリリアさん。でも、ミホ先生も
行くって。 ちょっと心配だけど、みんなでなんとかここから先に行く
ことに..。

 さあ、この階段を下りれば、あみるんに届くのかしら? それに小さい
娘たちにも会えるのかしら? それじゃあ、行きますよっ!!


 さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130208

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回は、あの地下への扉の向こう側での出来事でーす。


見取り図20130412

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!

あいり; 「わたしたちも行くよっ! ひめかっ!」

ひめか; 「うんっ!」

それは1

ひめか; 「やっぱり、ちょっと怖いねっ、あいりっ!」

それは3

あいり; 「うん..、明かりも思ったより暗いみたい..。」



リサ;  「ミホ、行くわよ。 ゆっくり行くから、わたしの側を離れない
でね。」

それは2

ミホ;  「ありがとう、リサ。」

リリア; 「後ろは任せておいてっ! わたしがピッタリ付いていくからっ!」

それは4

リサ;  「それじゃあ、行くわよ。」

それは5

リリア; 「ミホ、大丈夫? 足、冷たくない?」

それは6

ミホ;  「それが..全然冷たくなんてないのよ。」

リリア; 「なんで!?
       さっき、ミサは心も凍りそうなこと言ってたのに!?
       どれどれっ? あっ、ほんとだっ! ちっとも
       冷たくなんてないじゃない!」 

それは7


それは8

ミサ;  「あみるんの心の問題じゃないかっ!?
       あの甘ったれ、みんなが揃って来てくれたんで、ちっとは
       安心したかっ!?」

リサ;  「そんなに言ったら可哀そうよっ。 あの娘だって一人の人間
       なんだから。 それは、うれしい時も悲しい時もあるわよ。」

ミサ;  「ふっ(笑)、そんなヤツだったかっ!?」

それは9



リサ;  「ミサっ! あんまり急がないでっ! 所々、明かりが暗かったり
       するわっ。」

ミサ;  「ああっ、わかった。」

それは10

リサ;  「ミサっ! 早いわよっ!」

ミサ;  「えっ!? そんなことないだろぉ~っ!?
       こっちも暗いから、一歩一歩しか進めてないんだぜっ!」

それは13



あいり; 「ミサさ~ん、どこまで行きましたかぁ~っ!?
       もうわたしからも見えないですよっ!」

ミサ;  「えぇーっ! 何だってぇ~っ!? 声が遠くて聞こえ
       ないよっ!

       .....そ、そんな馬鹿なっ!? 何言ってんの
       さっ!
       あたしだって、まだ10段か20段かそこらしか
       降りてないんだぜっ!? 姿が見えないほど暗くも
       ないだろっ!?」

あいり; 「ダメだぁ~っ、離れすぎです! 微かにしか聞こえ
       ないですよぉーっ!」

それは24

ミサ;  「ダメだっ! こっちも聞こえない.....えっ!?
       きゃあ~っ!!」

それは12


ミサ;  「ふぅ~っ.....。 こんなところ滑るとこじゃ
       ないだろっ! どうなってんだよ、いったい!?」

それは14

あいり; 「どうしましたっ!?」

それは15

あいり;  「えっ!? こんなに近くにいたの!? ミサさん.....。」

それは16

あいり; 「ミサさん、大丈夫ですかっ!?」

ミサ;  「あ、あいりちゃん? あいりちゃん、こんな側にいたのっ!?」

それは17

あいり; 「そんな訳ないですよっ!? 声はあんなに遠かったのに..。」

ミサ;  「だよねっ!? 少し休もう..。何か変だよっ!」

それは18

ミサ;  「あみるんのヤツっ! 何がしたいんだっ、いったい!」 

それは19

あいり; 「階段、踏み外したんですか? 怪我はありませんでしたか?」

ミサ;  「いや.....。そうなのかなっ.....?
       あぁ~っ、怪我はないみたい。大丈夫。ありがとう。
       
       でもこの辺は、あんまり暗くもないし.....、
       ちゃんと下は見て一歩ずつ降りてたんだけどなぁ~?
       でも、やっぱ、踏み外したのかなっ!?」

それは20

あいり; 「何か、ちょっと変ですねっ!? だって..あっ!
       ひ、ひめかっ!!」

それは21

あいり; 「ひ、ひめかぁーっ!! どこぉーっ!?
       今まで、すぐ後ろに居たのに..、ひめかぁーっ!!」

それは23

あいり; 「やばいっ!! 返事がないっ!!」

それは22


 階段を降り始めた直後から.....、何かがおかしいわ!
少し前を歩いていただけのはずのミサさんが、声も届かないほど遠くに居る
かと思ったら、あいりちゃんのすぐ目の前くらいのところに居たり..。
しかも、しっかり踏みしめて降りていたはずの階段を滑るように踏み外し
たり.....。
それに、今まであいりちゃんのすぐ後ろに居たはずのひめかを呼んでも
返事がない.....。 これって、いったい.....。
あみるんは何を.....?


つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第45回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。

       何かやっぱり、地下へ行く階段って怖いよねぇ~っ。
       明かりが点けばいいってもんじゃなかったかしら..?

あみる;  ふふふっ、クライマックス、盛り上がって来たねっ!?

ひよも;  盛り上がって来ましたかぁ~?
       わたし、盛りさがって来ちゃった.....。
       だって、書いてて怖くなっちゃうんだもんっ!

あみる;  大丈夫! あみるんが..(自分で自分の名前言うと
       なんか変だね?)、えっ、そのあみるんが、そうそう、
       そんな意地悪なことするためだけに、こんな事は
       起こさないでしょ!?

ひよも;  まあ、書いてる本人も、そんな意地悪なこと書くつもりは
       無いんですけどね.....。

ヒスイ氏; おもしろいね。 書いてる本人が、怖くなったり不安になる
       ほど、その世界観に引き込まれちゃうんだねっ!?
       何か不思議だなぁ~っ。

       じゃあ、まあとりあえず、その怖そうな不思議な階段を
       今回はどんな風に使ったかご紹介しますねっ!

       今回のテーマは、正に今、ひよもちゃんが言ってた通り、
       不安を掻き立てる要素が欲しかったんだよね。

       で、作りはこんな感じです。

       そう、ご紹介した金属製の階段の両脇を黒い板で挟んで、
       後ろに黒い布を垂らしただけです。

それは_ヒス1

       実はこの階段は、実は8段しかないんですよ。
       でも、今回のお話しは、ミサちゃんが1人離れて
       しまったり、長い長がぁ~い階段を、ある時は離れて、
       でも気が付くとそばに居たりする不思議な長細い空間
       に居る感じを演出しなくちゃいけなかったので、
       とにかく、照明の当て方とカメラの設定で背景を
       ぼかしたりして、見て下さっているみなさんに、
       距離の感覚を錯覚してほしかったんです。はい。

       ということで、こちら。

それは_ヒス2

       とにかく、照明を暗くしたり、スポットで光を
       当て込んだり、あとは、人物の後ろが程よく
       ボケて、後がぼんやりしていてよく見えなくなる
       ようなカメラの設定を何度も何度も試したりして、

       あとはお話しと絡めて、まあ、なんとか長そうな
       階段に居るのかなって思ってもらえたらと..。

あみる;  それに、とにかく暗いのに顔の表情がある程度
       わかる絵だったから、文章も絡ませやすかったと
       思うよ!

ヒスイ氏; そう!? それは良かったぁ~っ!!
       何せ、前回からの今回の扉の向こうのイメージは、
       みんなでアイディア出し合って決めたから、
       考え抜いた傑作じゃなきゃいけなかったからねっ!

ひよも;  今回は、とっても面白い体験が出来ちゃったわっ!
       みんなで考えて、お話しの舞台になる空間を
       イメージから具体的な形に仕上げるのって、
       初めてだったし、結構おもしろかったわぁ~っ!

ヒスイ氏; あれぇ~っ? 「もう! どうしたらいいのよっ!!」
       って、ちょっとご機嫌斜めだったのは、
       どちら様だっけっ?

あみる;  こらこら、そこイジルなっ!

ひよも;  そうよっ! あれっ、でもなんか調子悪くないやっ!
       いつもなら、あの時点でパ二くってたのに..
       ねぇ~!?

あみる;  ひよもちゃん、あなた、アリスちゃんや、もちろん
       ひめかちゃんたちも養うって言い出してから、
       ちょっと強くなってると思うわ。

ひよも;  そう..かも。 何かうれしいなっ!
       気分が沈まないのって!

       ということで、みなさんのお蔭で何か楽しい
       時間の過ごし方って言うか、気分が沈まない
       ままで居られる体験ができたって言うのか、
       そういう楽しい気分でお話しが出来ました。

       ブログにたくさんの方が遊びに来てくださっ
       たり、そのブログを通じてお話しをさせて
       いただいたりしたことが、お蔭様で、わたし
       の自信に繋がったのか? 幸せの種には陽の
       光だったり、お水だったりがたくさん降り
       注いでくれました。
       ほんとうに、ありがとうございます。

       では、来週はどうなるのかしら?
       みなさん、お楽しみにでーす。

       .....わたしって、少しは強くなったの
       かなっ?(笑)。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2013/04/19 23:28 ] | ひめかのお話 | コメント(8) | トラックバック(0)
やっぱりここは、地下室への入り口
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 もうすっかり春の陽気の日が多くなりましたね。
でも4月は黄砂の季節だそうです。
みなさんも、お出かけの際にはマスクを忘れずに! って、
「お出かけしない、あんたに言われたくないよ!」って言われそう..(汗)。

 今日は、はじめにちょっとご紹介したい子がいるんです。 こちらでーす。


1周年のプレゼント

 ブログ1周年の記念にって、あみるさんとヒスイ氏さんが、
ワンダーフロッグ・ニンジンさん着ぐるみバージョンを
プレゼントしてくれたんです。

お迎えは、ドールショウ横濱のときだったそうで、ブログ開設
の記念日3月28日は過ぎちゃったけど、ヒスイ氏さんと通院
が同じ今日、いただきました。

 はじめてのワンダーちゃんです。みなさんのブログで拝見
していて、気にはなっていたんですけど、お外に出られない
わたしにはどうしようもなく、ヒスイ氏さんにお願いもせずに
何となくスルーしてました。

 こんなに可愛いなんて、2人には、いつも支えてもらって
いて、その上、こんな可愛いプレゼントまでいただいちゃって、
とっても幸せです。

 この場を借りて、ありがとうお姉ちゃん、姫兄ちゃん!!
大好きです!! これからも、いっしょに遊んでね!
よろしくお願いします。はい(涙)。

(お写真は、ヒスイ氏さんが今朝撮ってくれました..って、
 今日まで忘れてたの? 汗)


 あっ、そういえば、ヒスイ氏さんが先週、DOLK・秋葉原店様
の撮影セットを変更しに行ってきました。 まだ、記事に出来
ていなくてごめんなさい。
DOLK・東京店様のTwitter等でお写真も掲載していただいて
います。
是非ご覧いただいて、遊びに行ってください。お願いします。
うちでも、はやくご紹介しなくては..ごめんなさい。
 
 では早速、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(4月5日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。


<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 ミホ先生が拾って倒れてしまったバラの花びらは、ミサさんの手の中で
1つの鍵に変わりました。
ミサさん、ひめか、あいりちゃんは、早速その鍵を持って例の扉のところへ
行きました。

 すると、魔法が解けたかのように、鉄柵も、そこに絡まるように生えて
いたバラの花もすっかり無くなっていて、代わりに小さな四角い箱の
ようなものが、扉についていました。 それは、鍵穴でした。

 さあ、いよいよミサさんが鍵を差し込んでみようと..とそのとき、
後ろから声が..。 リサさんとリリアさんでした。
2人とも、こんな大事なときに置いてきぼりで、ちょっとご機嫌斜め..。
ミサさんも謝って、それではいよいよ..。

 と、またここで後ろから声。 ミホ先生でした。 最終検査も終えて、
無事退院。 何でも無くてよかった。 みんなホッとしました。

 えぇ~っと、もう住人は居ないので、じゃあ今度こそ、鍵を差し
込んで..。

 どうだっ!? 合いました! 鍵穴に見事ピッタリ!!
そして、回してみると..、扉は.....、開きました!!
ようやく、あの薄気味の悪かった扉が開いたのです! 

 さあ、次はいよいよ扉の中へ..。

 さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
この間、小さい頃のあいりちゃんの歌を聴いている“あみるん”の
横顔も載せました。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130208

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回も、マンション脇の例の扉のところでのお話しでーす。


見取り図20130412

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!

ギ、ギ、ギィィィィィッ.....

みんな;  「あっ、あ、開いたっ!!」

扉の向こうへ18

リリア; 「ミサっ、中は!? 何か見える!?」

ミサ;  「.....真っ暗だっ! 真っ暗で何も見えないよっ!」

地下入口1

ギギッ!

地下入口2

地下入口3

ギ、ギギギィ~ッ!

ミサ;  「うわぁ~っ、この先も真っ暗だぁ~っ!」

地下入口4

リサ;  「どれどれ? あっ、ほんとうねっ!
       扉を開けていないと、何も見えないわねっ!」

地下入口5

ミサ;  「んっ? 階段だっ! 階段がある.....。」

地下入口6

あいり; 「ほんどだ、階段だっ! ひめか、見える?」

ひめか; 「うんっ! なんか金属なのかな? 冷たそうな感じ..。

ミサ;  「ああ..、とっても冷たそうだねっ! 冷えきってる
       みたいだよ.....。」

地下入口8

ひめか; 「あっ、ミサさん! ちょっぴり冷たそうで怖い階段
       ですけど、下に向かった階段があるってことは、
       やっぱりここが地下室の入り口だったってこと
       ですよねっ!」

ミサ;  「どうやら、そうらしいねっ! あみるんの手紙には
       入るなって書いてあったけど..、この際だから
       ゴメンしちゃおう!」

地下入口9

リサ;  「それにしても氷のような冷たさが、自分の心に迫ってくる
       みたいね..。」

リリア; 「ミホ..、気分はどう? こんな場所だから、無理しちゃ
       ダメよ。」

地下入口10

ミホ;  「ありがとう、リリア。
       でも大丈夫。 行かなくちゃっ! だって、この先に
       あみるんが待ってるかもしれないから..。
       わたしたちのことを..。
       そうでしょ!? リリアっ..。」

地下入口11

リリア; 「わかった。 でも、少しでもダメだと思ったらすぐに言ってね。」

ミホ;  「ありがとう。 リリア。」

ミサ;  「それじゃあ、先に進むよっ!
       狭いから、1人ずつだねっ!?」

みんな; 「うんっ! わかったっ!」

地下入口7

ミサ;  「じゃあ、まず、あたしから行くよっ!!」

地下入口12

あいり; 「暗いですから、気をつけて下さいねっ!」

地下入口13

ミサ;  「ありがとう! では、っと!

       うわっ、ほんとに冷たいよ、この階段..。
       サンダルを通り抜けて体中が凍りそうだっ!」

地下入口14

リサ;  「大丈夫なの、ミサっ? あなた、かなり薄着だけど..。
       上着持って来ようかっ!?」

地下入口15

ミサ;  「ありがとう、リサっ! でもここまで来たら、
       もう、一気に行くしかないでしょっ!」

地下入口16

ミサ;  「んっ!?」

地下入口19

ミサ;  「な、何っ!?」

地下入口20

リサ;  「えっ!? 何っ!?」

地下入口21

あいり; 「あれっ!?」

地下入口22

ひめか; 「明かり..、明かりが点いたっ!!」

ミサ;  「あみるんのヤツ、やっと協力する気になったかっ!?
       遅せーんだよっ! みんながこんなにしてくれて
       るんだっ! とっとと感謝しやがれっ!
       このお馬鹿さんがっ.....!!(涙)」

地下入口23

リサ;  「ふふっ、ミサ.....。 よかったねっ!
       あみるんに届いたね、気持ち..。」

地下入口24

ミサ;  「くぅーっ! 面倒くせーヤツだぜっ、
       あみるんてヤツわっ!(苦笑)」

地下入口17

ミサ;  「さっ、先行くよっ! みんな、遅れんなよっ!!」


 扉の中には階段が..。金属の色がなんだかとっても
冷たい感じ..。
しかも、一歩踏み出したら、ほんとに凍っちゃうほど
の冷たさ!
まるで、あみるんの心を映し出しているみたい..。
でも、明かりが..。 あみるんの心に変化が?
さあ、階段の先にあるものはいったい.....。


つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第44回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。


       やっぱり、地下室への入り口だったんだねっ、
       あの扉!!
       でも、暗くて冷たいんだって..。
       あみるんの心の現れなのかしら..?

あみる;  そうだねっ。 人の心って、デリケートだと思うし、疲れ
       切って絶望のドン底にいるっていうのは、
       実際、形にしてみると、こんな感じになるの
       かもねっ..。

ヒスイ氏; でも、明かりが灯ったねっ! 雪解け..かなっ?
       みんなが思ってくれているその気持ちが、
       あみるんの心に明かりを灯したんだねっ、
       きっと!?

       さあ、そんな冷たい扉の向こう側、あみるん
       の心そのものかもしれない場所を、どんな風に
       作ったか、まだその一部だけど、ご紹介
       しちゃいますねっ!

       まずは、扉の内側から見た今回の背景を組む
       ところからでーす。

地下入口5

       実際の撮影ではこんな感じでしたねっ。
       これは、こんな風に出来ています。

地下入口_ヒス1

地下入口_ヒス2

       前回、住人6人が大集合した扉の手前と、
       扉の向こうの床と側面は、こんな感じに
       Pタイル(前回までの扉の前の部分の床)と、
       石畳風のビニール製のマット(手前、扉の
       向こう側の床)で分けて、その存在意義の
       違いを表現しました。

       何せ、扉の向こうは特別な世界!
       今まで使ったデザインや材料を使ったのでは
       世界観の違いが出せないと思ったからです。

       ついでにバラしてしまうと、扉の前の部分、
       つまり、前回、6人が集合した部分は、
       奥行きを少し詰めています。
       撮影場所にしている机の奥行きの都合と、
       今回の撮影では、底の部分の奥行き感は
       あまり気にならないと考えたからです。
       (余談でした..笑)

       そして、その境界線に例の扉を立てました。

地下入口_ヒス4

地下入口_ヒス3

       この扉、過去にもご紹介したことがあるん
       ですけど、今回のお話しで扉が開くことが
       あらかじめ想定できていたので、表の金属面
       を作る時に、ある程度、裏側も作り込んで
       おいたんです。

       過去記事でのご紹介はこうでした。

地下入口_ヒス6

地下入口_ヒス7

       そして今回、扉の向こう側の空間を作るために、
       板や壁紙を追加で貼ったり、囲ったりして、
       階段前の小部屋? 踊り場かな?を作りました。

地下入口_ヒス8

       でも、ここで問題が..。
      
       ここ何回かの記事でも書かれていますが、僕の
       考える“あみるん”までの空間のイメージと、
       他の2人の考えるそれとが、全く違っちゃった
       んです。

       特に、ひよもちゃんは暗いのがあまり好みでは
       なくて、というよりちょっと怖くなっちゃって。

あみる;  ここのところは苦労したね。
       “あみるん”の心の闇を表現するのか?
       それとも、そこは特別な場所で、小さい娘たち
       も言っていたような温かな空間だけでいいのか
       ってねっ!?

ひよも;  うぅ~ん、やっぱりくらいの怖くって..。

ヒスイ氏; で、最終的に決まったのが、“雪解け”っていう
       キーワードでした。

       事実、“あみるん”は心の闇に捕われて
       いるのでは? っていうお話しの流れがあるので、
       そこはしっかりダークな世界を演出しました。

       そして、その上でみんなが来てくれたこと、
       それも、大親友のミサちゃんが、その心の闇を
       象徴するような冷たい階段に一歩、足を踏み入れて
       くれることで “明かりが灯る” っていうこと
       で落ち着きました。

       そこからが、このヒスイ氏さんの根性の見せ所!!

       例の階段は、こうして作りました。
       はい、これです。

地下入口_ヒス13

       思い出していただけましたか?
       お話しの最初の頃によく登場した、このマンション
       の裏庭にある、2階と3階に上がる階段です。

       これは、また使うかもしれないので、そのままにして、
       上から冷たい雰囲気がするように金属製の階段を
       被せちゃったんです。

       はい、出来上がりはこれです。

地下入口_ヒス9

       作り方は、こんな感じです。

IMG_5091_OK - コピー

       先ほどの昔作った階段の上に、黒いポリ塩化
       ビニル製の薄い板を貼りました(上の写真、左側)。
       しかも黒!
       これで、その上から被せる金属の銀色との色の
       コントラストを取って、より金属の質感を
       際立たせようと考えた訳です。

       ついでに、階段の足の部分から昔の白い壁紙
       が見えると、かっこ悪いので、アルミ箔の
       テープも貼っておきました。

       実際に黒色の塩化ビニルの上に被せた金属は
       アルミで、上の写真の右側です。
       わかりやすいように、写真ではわざと右に
       ずらして被せています。

       これは、あらかじめパンチングという穴開きの
       アルミ板を、先ほどの階段の形状に合わせて
       折り曲げてました。

       そして、階段の角には、アルミのL字型の棒を
       切って接着しました。

       接着は、この短時間ではやっぱり蝋付けは
       難しいので、前回同様、接着剤状を使用しました。
       でも、前回感じた接着剤が乾いた時の弾力性に
       ちょっと不満があったので、今回は、下の写真
       のセメダイン社のアクリル系2液タイプに変えて
       みました。

地下入口_ヒス11

       接着強度という意味では、あまり変わらない
       気がしましたけど、接着剤の硬化後の固さと、
       接着時間の短さでは、こちらの方がよかった
       気がします。

       今後は、このあたりを使い分けて、みなさん
       のご希望が多い “姫ベッド” なんかも
       作りたいと思っています。
       お店に展示されたら、速攻でもらう予約を
       して下さいねっ! もちろんタダですよ(笑)。

地下入口_ヒス12

       実際に、リリアちゃんに歩いてもらいました。
       か、可愛いっ! 脚フェチかっ!?
       いや..アルミフェチでしょうか?

       ということで、扉の向こう側のイメージも
       3人仲良くまとまって! カッコいい金属
       の階段も出来て! 大成功!!
       だよね!?
    
あみる;  そうだねっ! 扉の向こうのイメージが
       こんなにみんなの意見が違うとは思わな
       かったわ。

       私なんか天国風お花畑がいいって言ってた
       しねっ!(見たこと無いけど..)

ひよも;  しっかし、いつもいつもよく短時間に、
       よくここまで仕上げられるわよねっ!
       ほんと、感謝感謝!!

ヒスイ氏; ありがとう。
       みなさん、これもいつかはお店に展示するかと
       思いますので、欲しい物リストに要チェック
       ですよ!!

ひよも;  ということで、扉の向こうのイメージ作りに
       悪戦苦闘した数週間でしたけど、こんなに
       カッコいい、そして明かりが灯るなんて、
       ちょっと心が温まる演出付きで、何とか無事、
       お話しがつながりました。

       さて、来週は? みなさん、お楽しみにでーす。
       では、今週はこの辺で失礼します。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2013/04/12 23:55 ] | ひめかのお話 | コメント(9) | トラックバック(0)
扉の向こうへ
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 春のはずなのに、東京は雨や風が強かったり、寒い日も多いです。
春の嵐って言うんですかねぇ~。 おかげで、まだエアコンは暖房
の設定にしたりして、ストーブも出しっぱなしです。

 みなさん、花粉や黄砂、それに有害物質、そしてこの気温の寒暖の
差にはお気をつけて、体調を崩されないようにしてくださいね。
わたしは、シャープのプラズマクラスター君に抱きついているから
大丈夫!(ホントかな?)

 あっ、そういえばこの間、ヒスイ氏さんがDOLK・秋葉原店様
お邪魔したら、うちの撮影セットで使ったリリアさんのお店の棚を
使ってくださっていたそうです。
ピンク色で、壁に斜めに立てかける可愛い棚なんですけど、
もし、DOLK・秋葉原店様においでの際は是非ご覧くださいね。

リリアのお店1

 この後ろの棚でーす。 実際のお店で使っていただけるなんて、とっても
うれしいです! DOLK様ありがとうございまーす!!

 さて、2年目突入の「ひめかの管理人さんはじめました」は、そろそろ
クライマックスへ向かい始めました。 ミサさんの手の上で花びらが鍵に
変わるなんて、なんて乙女ちっくで、メルヘンチックなっ!
(コメントで、ある方に褒められて調子に乗ってます..反省)。

 では早速、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(3月29日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。


<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 あみるのアルバムに4つ目の分の写真が戻ってきたそのとき、
ひめかの部屋を誰かが訪ねてきました。 ミサさんでした。

 ミホ先生の入院のこと、ミホ先生が例の扉に絡みついていた
バラの花びらが1枚だけ落ちていたのを拾った途端に倒れたこと、
その花びらをひめかたちが手に入れたことも、全て小さい娘
から聞いて知っていました。

 そして、そのバラの花びらを繁々と眺めていると、あいり
ちゃんから、4つ目の分の写真が戻って来たことを聞かされます。

 写真は、あみるのママ、ひめかのおばあちゃんが過労で入院
していたときのもの..。
寂しさと、うれしさで、ママに甘える小さなあみるんの姿は、
わたし、ひよももママのことを思わずにはいられませんでした
(これは余談でした..)。

 そうして、写真を眺めていると、突然、ひめかとあいりちゃんが、
ミサさんの手元を見ながら慌てだしました。

 手でも切ったのかなっ? と..驚くミサさん。

 いいえ、そうではありません。
なんと、バラの花びらが1つの鍵に変わっていたんです。

 ミサさんが言いました。
「行くよっ! もう一度、あの扉へ!」

 ひめかも、あいりちゃんも2つ返事で行くことを決心しました。

 さあ、果たしてこの鍵はあの扉を開ける鍵なのかしら?


さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
この間、小さい頃のあいりちゃんの歌を聴いている“あみるん”の
横顔も載せました。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130208

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回は、エントランスの脇、例の扉のところでのお話しでーす。


見取り図20130405

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!

鍵13

ミサ;  「これ、これだよ.....花びら.....。
       変わったんだっ! 鍵.....鍵にっ.....!」

ひめか; 「ミサさん.....。」

鍵14

ミサ;  「行くよっ! もう一度、あの扉へ!」

ひめか、あいり; 「は、はいっ!」



扉の向こうへ1

ミサ;  「いよいよだねっ! 2人も覚悟はいい?」

ひめか; 「も、もちろんです!」

あいり; 「わたしだってっ!!」

ミサ;  「それじゃあ、行くよっ! .....せーのっ!」

扉の向こうへ2

ひめか; 「もう、鉄柵も、バラの花も無いですっ!」

ミサ;  「そうだねっ! その魔法は解けたみたいだねっ!」 

あいり; 「でも、その変な四角いのは何ですか?」

扉の向こうへ3

ミサ;  「鍵穴みたいだねっ!」 

扉の向こうへ4

ひめか; 「なんだか、おしゃれな鍵穴ですねっ!?」

ミサ;  「ふふっ、ひめかちゃんらしいわねっ!」

ひめか; 「あら、ヤダ..こんなときに緊張感のないこと言っちゃった(汗)」

ミサ;  「いいんじゃないっ! 怖がってばかりじゃ、先に進めないもの。
       いいっ!? じゃあ、この鍵で開くかどうか?
       試してみるよっ!」

ひめか、あいり; 「.....」

扉の向こうへ5

扉の向こうへ6

ミサ;  「.....」

扉の向こうへ7

扉の向こうへ8



「ちょっと待ったぁ~っ!!」

ひめか、あいり; 「えっ!?」

扉の向こうへ9

リサ;  「ミサっ! もう、なんでも突っ走らないでよっ!」

リリア; 「そうよっ! わたしたちを置いてきぼりにするなんてっ!!」

扉の向こうへ10

ミサ;  「あちゃぁ~っ、4目の分の写真も戻ってきたし、
       バラの花びらが鍵に変わったもんだから、
       すっかり、みんなに声掛けるの忘れてたっ!
       ごめんごめん.....(汗)」

リサ;  「もぉーっ! あなたはいっつもそうっ!
       目の前のことで、すぐにいっぱいいっぱいに
       なっちゃうんだから.....。

       まあ、いいわ。 それより、鍵があるのねっ!?」

ミサ;  「まだ、ここの扉の鍵とは決まったわけじゃないん
       だけどねっ!
       
       そうだよっ、それを試そうとしてたんじゃんっ!
       .....それを、リリアとお姉さまが..。」

リリア; 「わたしたちのせいにしないでよっ! まったく
       もうっ!!」

ミサ;  「へへへっ、 それじゃあ、今度こそ!」



「ちょっとぉーっ! もう1人いるの忘れてるわぁーっ!」

扉の向こうへ11

リサ;  「ミホっ! だ、大丈夫なの体の方は?」

扉の向こうへ12

ミホ;  「もうすっかり元気よっ! おかげで論文から逃れられて、
       1日のんびり出来ちゃったっ!」

ミサ;  「よかったぁ~っ、ミホっ! ホントよかったぁ~っと!!

       .....って、あのぉ~、感動の場面なんですけど、
       もうこれ以上、ここの住人は居ないのかなっ、という
       ことで、そろそろお時間も参りましたので.....

       ほら、これが鍵ねっ!」

ミホ;  「これねっ、わたしが拾った花びらから変わったっていう
       鍵は..。」

ミサ;  「そう、ひめかちゃんの部屋で、4つ目の分の写真が戻った
       って言うから、見せてもらってたら、急に.....。

       ということで、それじゃあ、みんな、行くよっ!!」

扉の向こうへ13

みんな; 「はいっ!」

扉の向こうへ14

カチャっ!

ミサ; 「鍵..、ピッタリだっ!」 

扉の向こうへ15

「.....まっ、回った.....。」

扉の向こうへ16

ミサ  「じゃあ.....扉.....開けるよっ!」

みんな; 「.....」 

扉の向こうへ17

ギ、ギ、ギィィィィィッ.....

みんな;  「あっ、あ、開いたっ!!」

扉の向こうへ18

リリア; 「ミサっ、中は!? 何か見える!?」

ミサ;  「.....真っ暗だっ! 真っ暗で何も見えないよっ!」



 久しぶりにみんな揃いましたねっ!
ミホ先生も元気に戻ってきてくれてよかったぁ~っ!
さあ、扉が開きました..次に待っているのは.....。

つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第43回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。

       開いたっ! 開いたよぉーっ!
       あの怖かった扉が、ついに開いたんだよぉーっ!

       ねぇ、ねぇ、あの扉、地下室へ行く入り口かなっ!?

あみる;  ごめん、毎度で申し訳ないけど..あなたのお話しでしょ?
       これ.....(汗)。

ヒスイ氏; この調子で1年やって来たんだから、ほんとアニメの中の
       人みたいだねっ! ひよもちゃんはっ!?

ひよも;  だって、ドキドキじゃないっ!

あみる;  ふふふっ、はい、はい。

ヒスイ氏; 先週のこのコーナー見てごらんよ、あみるさんのリアクション
       まで同じだよっ! ハハハっ! なんだこれっ!(笑)

       ほんじゃ、まぁ~、今回は作った物もあるし、
       ご紹介をさせていただこうかなっ!?

       ひよもちゃん、いい? もう落ち着いた?

ひよも;  どーぞっ!(怒)

ヒスイ氏; それでは、今回ご紹介するのは、ひよもちゃんもこんなに
       感動してくれた、鍵の穴でーす!

扉の向こうへ8

       こうして、花びらから変化した鍵を差し込むところですね。

扉の_ヒス2

       どう? なかなか洒落てないっ!?

あみる;  うん、模様もデコもなかなかいいねぇ~っ!

ヒスイ氏; ありがとう! 結構、デコもセンス上がったかなっ?

あみる;  それはどうかなっ!?

ヒスイ氏; あららららら.....。
      ではまず、作り方ですけど、はっきりいってショボいです。

扉の_ヒス1

      百均かどこかで買った、ゴシック調の樹脂製スタンプのセットの
      中から、鍵穴が作れるくらいの枠のようなデザインを選んで、
      スタンプにせずに、そのまま切り取って、スタンプの台に接着剤
      で貼っちゃったんです。 ついでに、周囲も樹脂のスタンプを
      切り取って貼っちゃいました。

      あとは、百均やドンキホーテなんかで売ってる、携帯とかのデコ
      用パーツを少し貼りました。

      で、で、ですねっ! ここがすごいっ!!
      鍵が、ちゃんと差し込めるんですよ。

扉の_ヒス4

      しかも、鍵が回せるっ! す、すっごくない!? これっ!!

扉の_ヒス3

あみる;  細かいねぇ~っ!

ヒスイ氏; それって、褒め言葉だよねぇ~?
 
      鍵が回せる仕掛けは、さっきのスタンプ用のアクリル台
      (下の写真では、右の透明な部分)だけだと、鍵が突き
      抜けちゃうんで、裏にプラ板を2枚貼って(下の写真の
      左の白い部分)、鍵を差し込んだ時の深さ分を稼ぎました。

扉の_ヒス5


      そして、表は鍵が差し込めるだけの形に削って、
      裏は下の写真のように、鍵が回るように削ったんです。

扉の_ヒス6

      と、まあ、種明かしをするまでもない簡単な作りでした。

      でも、お話しの中では、いい感じになってたでしょ?
      ねっ、お願いだからそういってくださいな..。

あみる;  いやぁ~、おかげでいい絵が作れたと思ってるよ!

ひよも;  ほんと、ちょっとしたことにも拘ってくれるから、
       お話しに臨場感が出てるんだと思うわっ!

ヒスイ氏; いやぁ~、そんなに褒めてもらうとうれしいなぁ~っ!
       じゃあ、そろそろ、扉の向こうのデザイン固めて、
       作ろうね!

ひよも;  はい!
       では、今回はこの辺で失礼します。
       次はいよいよ扉の中へ入るのかなっ?

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
[2013/04/05 23:02 ] | ひめかのお話 | コメント(10) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。