スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ほんとだ、夢じゃなかった!
このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。 


 こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。
 いつもご覧いただきありがとうございます。
ヒスイ氏さんが、「梨が売ってたよっ」て教えてくれました。
秋の味覚が出始めましたね。
来週の月曜日は、ドールショウもあるそうです。「あれ、もう9月だっ!」
って気が付きました。
時が経つのが早いなって思っている今日この頃です。

 それから、今週10日から渋谷のNHKふれあいホールギャラリー
という場所で、チームコヤーラ主催創作人形公募展という展示会が
行われていて、わたしたちのブログにも遊びに来てくださっている方の
作品が展示されています。 可愛い女の子などをお作りになっていて、
今回の展示されるお子さんも、その方のブログでご紹介されていて、
思わずムギュってしたくなっちゃうほど可愛いです。

 で、実は、ヒスイ氏さんがその展示会にお邪魔をしました。
お写真は禁止でしたので、ご紹介できませんが、ヒスイ氏さんが、
いつも必死にその表情や仕草を求めて撮影してくれている“ひめか”
たちとは、全然違う表現に感激していました。

 いつだったか北海道の方のブログにもお人形展のお話しがありま
したけど、お人形さんがくれる特別な時間って、すごく素敵なんだ
なって、あらためて思いました。

 お時間が、ございましたら是非いらしてみてはいかがでしょうか?
(自分は行ってもいないのに..ごめんなさい..です)。


 それでは、早速お話しの続きに参ります。
 まずは、いつもの通り、前回までのあらすじと、
登場人物・相関図“プラスアルファーZ(ゼット)!”と、
それから、マンションの見取り図でーす。


<前回までのあらすじ + α“アルファー”>

 お話しの舞台は、ロックミュージシャン“あみる”が所有する
東京のあるマンション。 “あみる“は、お仕事でイギリスへ行くから
と、姪っ子の“ひめか”に、管理人さんの代わりを頼みました。

 でも、このマンションには謎がいっぱいみたい。
“ひめか”が引っ越して来た当日、居眠りしていた“ひめか”に、
毛布が掛けてあったり、“あみる”からのお手紙も置かれていたり..

 202号室の“ミホ先生”のお宅では、お人形に触れそうになった
途端に、「触らないでっ!」って怒鳴られるし、
301号室のサーファー“ミサ”さんには初対面でいきなり
「帰れっ!」って怒鳴られたり。

 “ひめか”は、怒鳴られっぱなし。
“ミホ先生”には、その後すぐに慰められて歓迎会までして
もらっちゃったけど、 “ミサさん”から怒鳴られた後は、さすが
に“ひめか”もベッドで大泣きして「もう、やめる!」って..

 そしたら、その夜、また不思議なことが起きちゃった。
小さな女の子がベッドの脇に現れて、「やめないで。あなたが必要なの」
って言うの。 夢かな?幻かな?

 実はこの小さな女の子は、お引っ越しの日に毛布が掛けてあった晩、
マンションンのエントランスを誰も居ない管理棟に向かって歩いてた、
あの娘なんです。もちろん、“ひめか”は初対面ですけどね。

 でも、小さな娘に「ひめかが必要」だって言われても、そんな夢とも
現実ともわからない話で“ミサ“さんから怒鳴られた落ち込みは、どう
にもならなかったみたい。“ひめか”は、やっぱり荷物をまとめて帰り
支度を始めちゃいました。

 すると、そこに幼馴染みの“あいりちゃん”がヒョッコリ遊びに
来ました。“あいり”ちゃんは、いつも“ひめか”を元気づけてくれる
そんな頼もしい存在。 「とりあえず、2、3泊していく」だって。
いきなりだったけど、“ひめか”も“あいりちゃん”のペースに乗せら
れて、やめるのは留まったみたい。

 その晩から“あいり”がお泊り。大親友との久しぶりの再会。
高校生みたいにはしゃいじゃっって、“ひめか”にも笑顔が!

 翌日から、“ひめか”と“あいりちゃん”2人で管理人さん再開っ!
しかも、201号室のゴスロリ服飾デザイナー“リリアさん”に
もらった、アリス服と白黒ゴスロリ服のペアで!?

 と、そこで “ひめか”は、“あいりちゃん”から衝撃の事実を
聞かされちゃったの!

 なんと、このマンションの持ち主、つまり、“ひめか”に管理人
を頼んだ“あみる”のバンド、“センチメンタル・ミルフィーユ”は、
去年の暮れに解散してたんだって!
 じゃあ、“あみる”は何しにイギリスまで?

 と、ここでまた、とんでもない人がやって来ちゃいました。
なんと、“ひめか”を初対面で怒鳴りつけた“ミサさん”ですぅ~。
だっ、大丈夫なの“ひめか”っ!? “あいりちゃん”も必死に
かばおうとしたんだけど..

 えっ? なんで? なんと“ミサさん”たら「この間は悪かった」
ですって。 それに、お昼ご飯まで持ってきてくれたの。

 そして更に、“ひめか”が体験してきた不思議なことは“必然”
なんだって。何がどうしてどうなるの?

 その後、“ひめか”と“あいりちゃん”は、気晴らしに外出。
さすがは東京。意外に近場におしゃれな街があって、2人はおしゃ
れなカフェで、これからどうするのか作戦会議!

 “あいりちゃん”は、“あみる”から何か伝言は無いか? って。
そう、そういえばお引越しの当日、居眠りしていた“ひめか”の
側に置かれた“あみる”からのお手紙があったよね。

 そこで“あいりちゃん、”気になるページを発見したよ。
「地下室には入らないこと」だって。
そういえば、そんなことが書いてあったっけ..

 でも“ひめか”は“あみる”の言いつけだから、もちろん地下室
に行く気も無いし、どこにあるのかだって知らないまま。

 “あいりちゃん”、“ひめか”が止めるのも全く耳に入らずに、
地下室探検にワクワクみたい。 もぉーっ! たいじょうぶなの?

 と、そこにマンションの住人リリアさんが、偶然?通りかかり
ました。
そして、まるで“あいりちゃん”の心を読んでいるかのように、
リリアさんには、一言も言っていない“探検”っていう言葉を口に
したし、“探検”用のお洋服を、って自分のお店に誘ってくれたの。

 “あいりちゃん”は、リリアさんの鋭い突っ込みを読心術か何か
の能力があるのかしらって、疑いはじめたわ。
でも、とりあえず、お店に行ってみました。

 お店は? えっ? いつものゴスロリ/甘ロリファッション
からは想像もできない、ガーリーなお洋服屋さんでした。

 聞けば、ゴスロリ/甘ロリ系、ドレス専門、そしてこの今風な
ガーリーなお店の3店舗ものオーナーさんなんだってぇ~っ!
すっごーい!

 そして、例の“探検”用のお洋服を“ひめか”と“あいりちゃん”
2人の分を用意しておいてくれました。
でも、この服、なんだか意味深っ! 
 
 さてさて、リリアさんにもらった“探検服”を着て、いざ
地下室へ! って、“ひめか”2階へ行く階段前のドアから先に
行ったこと無かったのぉー!
給水設備とか、機械が..とか言ってなかったっけ?
だぶんそうだと思っただけだったのぉーっ! もう管理人さんなんで
しょーっ! と“あいりちゃん”に呆れられて、それでも右に
曲がれば地下室への入り口かなっ!?

 そしたら、「何してんのぉっ!」だってぇ~っ!
現れたのは、“ミサさん”でした。

 そして、“ミサさん”も、“ひめか”と同じような“あみるん”
からの手紙を持っていたの。 しかも“地下室にはいらない”って
同じことが書いてあったわ。

 更に、ここでもまた“ミサさん”の意味深な言葉が..
リリアさんの作ってくれた“ひめか”と“あいりちゃん”の“探検服”
を見ると、“細工”だって..

 それに、地下室への扉だと思うんだけど、そこを見るなり駆け
寄って、扉を開こうと一生懸命! 開かないって分かると扉に
もたれ掛って落胆しちゃったみたい。

 なんでも、いつもはこの扉の前に、バラの花が絡まった鉄柵が
あって、それが邪魔して扉なんて、開けられる状態じゃなかった
みたい。 でも、今日はその鉄柵が無いんですって..

 “ミサさん”、“ひめか”がここにおる“必然”の力を益々確信
したみたい。今度、知っていることを教えてくれるって。

 その夜、“ミサさん”の落胆ぶりを目の当たりにした“あいり
ちゃん”が動き出しちゃいました。 夜中にこっそり部屋を抜け
出して、例の地下室に通じると思われる開かずの扉のところに
向かってしまいました。

 すると、あっ、あったんです。“ミサさん”が言っていた鉄柵
がっ! 薄気味悪くて、頑丈そうで、それにバラ..
これには、さすがの“あいりちゃん”も悲鳴をあげて逃げ出し
ちゃいました。

 “ひめか”の部屋に戻った“あいりちゃん”、いつもの元気は
なく、ベットの端に座ったまま、必死に怖さをこらえている感じ..

 そして朝、“ひめか”が“あいりちゃん”の様子がおかしい
ことに気が付き、“あいりちゃん”が夜に一人であの扉まで行っ
たことや、そこに、2人で行った時、そしてミサさんも来たあの時
には無かった鉄柵が、不気味にバラの花を咲かせて、行く手を
拒んでいるかのようだったことを聞きました。

 “ひめか”、突然立ち上がると、「わたしも行く!」って..
あんなに怖がりで、いつもだったら“あいりちゃん”の後ろに
くっ付いばかりいた“ひめか”が? 自分で行くって!?
 そして、“あみるん”に、どうして、こんなことが起きてるのか
聞くんだって!
“ひめか”にこんな勇気や力があったなんて..少し見直し
ちゃったっ!

 2人は、エントランスを通り越して、例の扉の方へ。
“あいりちゃん”はいつもの元気はとっくに消えて..
それでも“ひめか”に促されて、「せーのっ!」で扉の方に
曲がってみたの!

 あっ、あった..“ミサさん”の話の通り、そして“あいり
ちゃん”が見た通り..鉄柵と、絡みつくバラの花が..
“あいりちゃん”は、もうとてもじゃないけど無理!

 でも..えっ? “ひめか”は?

 何っ!? バラに話しかけてる。「なんて拒んでるの?
何がイヤなの? あみるんもイヤなの?」 って..

 そしたら、あっという間にあたりが霧に包まれて..
でも、とっても心が温まる感じがしたの。

 “あいりちゃん”は、恐怖でパニック。
“ひめか”もそれを見て、今回はここまでにして部屋に戻り
ました。

 っと、ここで“登場人物・相関図”、その名も“プラス
アルファーZ(ゼット)!”でーす。
 登場人物が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、
是非こちらをご覧ください。


登場人物1

 それと、マンションの見取り図も載せさせていただきまーす。
今どこでのお話しなの? って思われた方がいらっしゃいまし
たら、こちらをご覧ください。
お願いします。


ほんとだ_見取り図

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!
ひめか; 「あっ! えっと..ちさちゃん..」

あいり; 「うわぁ~っ、小さい娘だぁ~、ミサさんの言った通りに
       小さい娘がいたっ!」

ひめか; 「あれっ? 今日は..えっと、2人?」
ほんとだ1
ちさ;  「こんにちわっ! この間はどーもでした(笑)
       よかったぁ~、まだここに居てくれて!!

       あのね、こっちの向かって左側の子はねっ..」

リセ;  「こんにちは、リセです。
       ひめかちゃんと、あいりちゃんねっ!
       はじめまして。」

ちさ;  「あぁーっ、わたしだって、あいりちゃんとは初めまして
       なんだからぁ~っ! ぷんぷんっ!」
ほんとだ2

あいり; 「何っ? このテンションの高さは..」
ほんとだ3
ひめか; 「さぁ~? とにかく、小さい娘の存在は現実にだってことよ。」

あいり; 「そ、そうね。 小さい娘は、夢でも幻でもなくって現実に
       居たんだねっ..しかも、かなりのハイテンションでね..」

ちさ;  「ひめかちゃぁ~ん、会えてよかったよぉーっ!
       もうどこにも行かないよねっ! わたしの側に
       いてくれるよねっ!?」
ほんとだ4

“ピョコっ!”
ほんとだ5
ひめか; 「あら、いつの間にかお膝の上..
       なんだか、この間の深刻な登場が嘘みたい!
       こんなに甘えんぼうさんなんだ..」

ちさ;  「えへへっ!(笑)」

リセ;  「あいりちゃん。 バラの鉄柵、怖かった?」
ほんとだ6
あいり; 「なっ、なんでそれを知ってるの? 見てたのっ?」

リセ;  「ううん、見てないわ。
       でも、わたしたちにはわかるのっ。
       それも“必然”だもの。」

あいり; 「“必然!?” また、それっ?
       だったら、こんな変なことばっかりしないで、
       もっと、わかりやすく説明したり、早くあの扉、開けてよっ!」

リセ;  「ごめんねっ、そうねっ、出来ればねっ..。
       でも、それは、わたしたちではコントロールできないの。
       だって、それを含めた“必然”なんだもの..」
ほんとだ7
あいり; 「つまり、あなたたち小さい娘が現れたり、鉄柵が現れたり、
       消えたり、その向こうの扉が開かなかったり、っていう
       のが、“必然”として起こっているって言うのね!?」

リセ;  「そう、その通り。 どうしてこういう展開なのか?
       どうすれば、こんな変なことが起こらないのか?
       そこは、わたしたちにもわからないんだけど、
       偶然に起きている訳ではないのは確かだわ。」

リセ;  「それにねっ、わたしたちは、あみるのことをよく知ってるの。
       ひめかちゃん、あなたとあみるは叔母と姪の関係よね?
       でも、歳もそんなに離れているわけじゃなくって、えっと..
       あみると7つ違いよねっ?」
ほんとだ8
ひめか; 「そうよ。うちのママは、あみるんのお姉さん。
       あみるんは遅くに出来た子だから、私の歳に近いの。
       それに、昔あみるんは、割とうちの近くに住んでいたから、
       しょっちゅう遊びに来てくれたり、わたしが行ったりして、
       わたしのことを妹のように可愛がってくれていたわっ。」

あいり; 「わたしも、いっしょによく遊んでもらったわっ。」

リセ;  「そうね。 あみるがひめかちゃんも、あいりちゃんも可愛が
       ってたのも知ってるわっ。
       で、あみるは今どこに?」

ひめか; 「えっ? それが..イギリスにお仕事で行ってたと思ってたん
       だけど..
       バンド..セントメンタル・ミルフィーユが、去年、突然
       解散したらしくって、どうもそこからのあみるんの行動が
       よくわかんないのよ。」

あいり; 「ねえ、ちょっと待って、えっと、リセちゃんとちさちゃん
       だっけ? さっきはあみるんのことをよく知ってるって
       言ってたじゃない。
       で、なんで今どこにいるのか、は知らないの?」

ちさ;  「だって、わたしたち、バンドが解散した瞬間から、あみるの
       記憶がなくなっちゃったんだもん!」

あいり; 「え、え、えっ、話が混乱してきたぞぉーっ!
       つまり、解散までのあみるのことは知ってるけど、解散後
       のことは記憶から消えちゃったって?」

リセ;  「そう、その通り。」

あいり; 「それに、さっきから聞いてると“あみるん”じゃなくって、
       “あみる”なんだね?
       あなたたちって、あみるんの昔っからのお知り合いかなん
       かなの? わたし会ったことないんだけど..」

ひめか; 「わたしも、今まで2人にあったことなんてないわ..」

ちさ;  「わたしたちねっ、あみるんなの!」

あいり; 「なにっ? な、なんだって? 
       ごめん、またわかんなくなっちゃったよっ!」

リセ;  「ごめんなさいね。 つまり、こういうことなの。
       バンド解散後に、あみるは行方がわからなくなっているの。
       これは事実。
       わたしたちもどこにいるのか知らないの。解散直後からの
       あみるの記憶がないの。

       記憶がないって言ったのは、解散直後にあみるに代わって、
       今わたしたちがここに居るからで、ちさが言ったように、
       わたしたちがあみるそのものだからなの。

       だから、“あみるん”じゃなくて“あみる”なの。」

あいり; 「うぅ~ん..まだよく理解できないけど、つまり、
       あなたたちは、あみるんの分身とか化身とか..なんか
       そういう人たちな訳ねっ!?」

リセ;  「そう、正しいわ。」

ひめか; 「ねえ、さっきバンド解散直後からあみるんに代わってって
       言ってたけど、なんでその前の記憶はあるのよね!?
       じゃあ、あなたたちは、バンド解散直前までは、どこに
       居たの?」

ちさ;  「いなぁ~い!」

ひめか; 「いないって、あみるんの記憶があるんでしょ!?」

ちさ;  「そうだよっ、だって、わたしたち1人1人があみるの記憶
       なんだもんっ!」

ひめか; 「あなたたちが、あみるんの記憶なの?
       記憶があなたたちに形を変えて現れたっていうの?」

ちさ;  「ピンポン、ピンポン、大正解ぃ~っ!」

あいり; 「まあ、こんなに小さな娘が居て、おしゃべりしてる時点で、
       何があっても驚かないけど、記憶が小さい娘に変身ねぇ~..」

あいり; 「えっ、じゃあ、どうやってここに現れたのよっ!?」

ちさ;  「さぁ~? どうやってって言われてもねぇ~..」

あいり; 「わかんないの!? ねえ、ふざけないで、ちゃんと答えてよっ!」

リセ;  「ごめん、ほんとにわからないのよ。
       いつの間にか、あの扉から出て来て..
       分かっているのは、自分たちの名前と、自分たちがあみるん
       の何らかの記憶とか、感情を1つずつ持って来ているってこと
       だけ..」

ひめか; 「えっ、ちょっと待って! あなたたち、あの扉の向こうを知って
       るの? どうなっているのか知ってるの?」

ちさ;  「わたしたち普段はあの扉の向こうにいるわ。
       でも、扉の前から記憶がぼやけて来て、気が付くと
       少し、広い部屋に立ってるの。

       そこにはねっ、とっても楽しくって、のんびりもできて、
       最高な気分になれちゃうんだぁ~。」
       あっ、屋上にだって出られるんだよっ。」

リセ;  「でも、具体的にどういう場所? って聞かれてもうまく
       表現出来ないのよ..。 何か柔らかい空気に包まれた
       幸せな場所っていう感じぐらいで、それ以外には具体的
       な物や形、色もよくわからないの。

       屋上に出ることはできて、そこは普通にこっちの世界と
       同じ感覚で、物も何もかもあるわ。

       そうそう、屋上って言えば、ひめかちゃんの歓迎会 兼 
       女子会を中庭でやってたでしょ!? 春ごろだったわね。

       あの時、わたしたちも屋上で“裏女子会”をやったのよっ
       (笑)」
女子会回想

裏女子会回想

ひめか; 「えぇ~っ、あの時、屋上にいたのぉ~っ!?」

あいり; 「あなたたちのことは、わかったわっ!
       ううん、ちゃんと理解できたわけじゃないけど..。

       ねえ、それじゃあ、やっぱりあみるん本人は、
       行方不明なのよねっ!」

ちさ;  「そう、それも正解ぃ~っ!」

リセ;  「このマンションの住人は、あみるの友人ばかりだけど、
       彼女たちも、あみるの行先は知らないわ。
       もちろん、あみるのバンドの事務所も、バンドの
       メンバーもね。」

ひめか; 「じゃあ、今は誰もあみるの居場所を知らないのね!?」

あいり; 「なら、やっぱ、警察とかのほうがいいよ! ひめかっ!」

ひめか; 「そうねっ! ちょっとヤバいよねっ!」

リセ;  「その必要はないわ。
       だって、警察とかであみるが見つかるのなら、
       それが出来るくらいなら、わたしたちみたいに小さい
       娘が、わざわざ現れて、これまでのことが“必然”だ
       なんて言う必要ないんじゃない?」

あいり; 「そんな、悠長なこと言ってる場合じゃないよ!
       人が1人、行方不明なんだよっ!」

リセ;  「ねえ、こう考えて。
       あみるがどこにも居ないってことって、何か特別な
       作用が起こってしまっていて、それらの全てが
       “必然”に支配されているの。

       そして、今はその流れに沿って、いろんなことが
       動き出してるのよ。」

ひめか; 「でも.....」

リセ;  「あっ、それから言い忘れてたわ。
       わたしたちが、はじめて扉からこちらの世界に出た
       とき、わたしたちの足元に、これが落ちていたの。」

リセ;  「ちさ、手伝って。」

ちさ;  「はぁ~いっ!」
ほんとだ9

リセ、ちさ; 「やっぱり、わたしたちには重いわね。」
ほんとだ10
ちさ;  「はいっ! これだよっ!」

あいり; 「何? これ?」
ほんとだ11
ひめか; 「あっ、これ、あみるんのアルバムだっ!」

あいり; 「アルバム?」
ほんとだ12
ひめか; 「そう、アルバムよ。 覚えてない?
       あみるんの赤ちゃんの時からのアルバムだよ。
       何度か見せてもらったことあるよ。」

ちさ;  「でも、中身からっぽだよっ!」

ひめか; 「えっ!? なんでだろう?
       ほんとだっ! おばあちゃんに抱っこされてる
       赤ちゃんだったあみるんの表紙の写真がない!」
ほんとだ13
ちさ;  「そろそろ、帰るねっ!」

リセ;  「続きは、また今度ねっ!
       警察なんて呼ばなくても、あなたたちなら、きっとあみるを
       見つけてくれる。 そう信じてるからね。 またねっ!

       あっ、鉄柵もバラも怖いものじゃないから、心配しないでね。
       ちょっと気味が悪かったかもしれないけど、あれもあみるの
       心の現れなんだっ。 許してね。 それじゃあ、バイバイ!」

あいり; 「いっちゃったぁー..」

ひめか; 「ねえ見て、あいり。
       あの娘たちが言った通り、中身は空っぽだよ。」
ほんとだ14

あいり; 「ほんとだっ..1枚も入ってないねっ!
       どこいっちゃったんだろうね? 写真。」
ほんとだ15



ついに“小さな娘のちさちゃん”と“リセちゃん”に会ったよ。
今度は、夢や幻なんかじゃないよ。
しっかり、お話しまでしちゃったし、小さな娘のことがわかったねっ!
2人とも、あみるんの分身なんだって..それもバンドが解散してからの..

それに、あみるんのアルバムを持って来たよ。
中身は空っぽだったけど..
さあ、これからどうしよう? “ひめか”、“あいりちゃん”。

つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

ひよも;
  おまたせしましたぁ~! 
       第18回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 でぇーす!

       ついに、“ひめか”と“あいりちゃん”が小さな娘と遭遇
       だねっ! 

ヒスイ氏; ついに来たねっ!
       小さな娘のこともわかって何だか一安心だなぁ~。

ひよも;  それに、いつの間にか、“あいりちゃん”も怖さが治まった
       みたいで、こっちも良かったねっ!

あみる;  ほんとだねっ! 怖いお話しなんて、作ってる方も緊張
       しちゃうしねっ!

       さあ、空っぽのアルバムが残されて、どうなるのかなっ?

       で、“姫先生”、今回は何を?

ヒスイ氏; ちょっと、ちょっと、“姫”は勘弁だってばぁ~っ!
       それに“先生”も、どちらかのブログのパンダさんみたい
       だなぁ~。何かいたずらとか、ギャグとかしないといけない
       みたいな気分だねっ(笑)。

       それでは、今回は..
       ..やっぱり撮影背景の制作はありませーん。

       ですが、これまで2回もスタジオの乱雑さをお見せして、
       これ以上続けるのは申し訳ないので、1つ新しい挑戦をして
       みましたぁ~っ!

       直接、お話しに使うかどうかは、うちのお嬢様2人にお任せ
       するとして、こんなことしてみましたぁ~っ!!
ほんとだ_ヒスてず1
あみる;  何これ? またまた、失敗した花火じゃないよねっ!

ヒスイ氏; 違うってばぁ~..これはねっ、紅茶染めでーす。

       いやぁ~、やってみたかったんだよねぇ~。
       ひよもちゃんも、言ってたじゃない。
       “あいりちゃん”が最初に登場した時の、某クスさんの
       白いワンピ、2着買って、1着は紅茶染めにしてぇ~っ!
       って。

ひよも;  あぁ~っ、覚えててくれたんだぁ~っ!

ヒスイ氏; はいはい、その通りですよ。
       やり方は、ネットでいくらでも教えてくれている方がいるので、
       なんとか出来そうだったので..

       では、みなさんは作り方などご存知かとは思いますが..
       自分のおさらいも兼ねて、早速、手順からご紹介しまーす。

       まず、染めたいお洋服をお水に浸しまーす。
       一晩という方もいらしたんですが、会社から帰ってはじめた
       ので、約3時間ほど浸けました。
ほんとだ_ヒスてず2
      そうしたら、お湯を沸かして紅茶を入れまーす。
      今回使った紅茶はこちら、アールグレイです。
      人間の洋服でも2パックで十分とも書いてありましたので、
      4パック入りがお手頃かと思って買って、2パックだけを
      使いました。
ほんとだ_ヒスてず3
      紅茶は、茶葉のタイプだとよく濾さないと、茶葉がいらない
      個所に付いてムラになったりして面倒らしいので、パックが
      が便利だそうです。
ほんとだ_ヒスてづ4
      グツグツと煮えてきましたねぇ~。
      と、ここで火を止めて(IHは電気を止めて)、お洋服投入!
ほんとだ_ヒスてづ5
      あぁーっと! しまったぁ、ミョウバンを入れるのが
      先だったぁーっ!
      と、早くもここで手順を間違えてしまいました。
ほんとだ_ヒスてづ6
      こちらが、ミョウバンです。お塩でもいいそうですよ。
      目的は、色の定着だそうです(合ってますか?)
      量は、お洋服の重さの3%程度だそうです(これも合ってますか?)
      でも、私の場合、まあ適当に2つまみとか3つまみとか入れ
      ちゃいました。
      どのみち、順番間違えたし..。(ちょっとぉーっ! ;ひよも)
      
      ということで、いったんお洋服を取り出して、ミョウバンを
      入れて、火をつけて良くかき混ぜて溶かし、溶けたら火を止めて、
      あらためてお洋服を投入です!
ほんとだ_ヒスてづ7
      お湯の量は、これも適当で、お洋服が浸かればOKと
      しちゃいました。 たまに菜箸で浮いてきたところを沈めたり
      してねっ!

      そして、色の様子を見ながら、約30分くらいで染めるのを
      やめました。色が薄ければ、何度でも紅茶に浸け直せば、
      それなりの風合いが出るとも聞いたもので..とりあえずの30
      分です。

      あとは、紅茶の色がなくなるまで水でよーく濯いで、軽く絞って、
      一晩干して乾かしました。

      それがこちらでーす。 完成でーす。
ほんとだ_ヒスてづ8

      もう1着の未開封の真っ白品と比べると、いいですねーっ!
      いい仕事してますねぇーっ! となりました。
ほんとだ_ヒスてづ9

      では、早速“ひめかちゃん”に試着してもらいましょう!
      どうぞぉーっ!
ほんとだ_ヒスてづ10
      うわっ、可愛いぃーっ!
ほんとだ_ヒスてづ11
      自分で言うのも何ですけど..ヤバいっす!
ほんとだ_ヒスてづ12
      ちょっと、寄ってみましょう。
      清楚な感じがあって、なかなかじゃないですかぁ~っ!
ほんとだ_ヒスてづ13
ひよも;  ほんとだぁ~っ! 大成功だね!“姫お兄ちゃまぁ~っ”

あみる;  なかなかやるねぇーっ! いい色だよ、ほんとっ!

ヒスイ氏; エッヘン! ま、ざっとこんなもんですよ(ハハハハハっ)
      ちょっと、セリフなんか言っちゃってくださいよっ!

あみる;  急な振りだなぁ~っ、まっ、いいか。
ほんとだ_ヒスてづ14
ひめか;  「ひよもちゃんの心の鍵はこれっ?」

ほんとだ_ヒスてづ15
ひめか;  「あみるん..いま何処に居るの..?」

ほんとだ_ヒスてづ16
ひめか;  「くー太、わたし、くー太のこと大好きだよ..」

ひすてづ17
ひめか;  「くーちゃん、高い高ぁ~いっ! へへっ。」


ヒスイ氏;  いいですねーっ!
      
        どうですか?
        これからの秋口に、ご自分で染めたワンピースで
        あなただけのおしゃれを演出してみませんか?

        なんちゃって!

あみる;  なんだか、どちらかのかたの、お人形さんのファッションを
       研究されてるブログ
みたいになってきたよ。
       全然敵わないけど..

ひよも;  でも、お兄さん..やっぱりあなたは“姫兄ちゃん”です。

あみる;  今度、“乙女な..”のかたに弟子入りさせてもらわないと、
       だねっ(笑)  

ヒスイ氏; 僕も“乙女”に? でもあのポストカードは可愛い!
       
       紅茶染め、いかがでしたか? 結構簡単にできましたので、
       みなさんも試してみてはいかがでしょうか?
       それでは、また遊びに来てくださいねっ!

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも他、2名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2012/09/14 23:33 ] | ひめかのお話 | コメント(18) | トラックバック(0)
<<夏の終わりに | ホーム | 自分の目で確かめてみる!>>
コメント
ほぇ~、小さな娘の謎が一つ明らかになりましたね☆
小さい子たちが記憶や感情の断片だったとは・・・(・e・;)
これからどうなっていくのか・・・楽しみにしてます^^

紅茶染めしたワンピを着たひめかさん、良くお似合いです♪
レトロでクラシカルな雰囲気がとても良いですね^^
[2012/09/15 01:02] | URL | ぴよち #- [ 編集 ]
ぴよちさん。

ひよひよひよもです。
いらっしゃいませーっ! ありがとうございます! 
気合い入れすぎちゃって、ヒスイ氏さんの撮影が
間に合わず、お話しばっかり長くなっちゃいました(笑)。

“小さい娘の秘密”を、ようやくお話しにすること
ができました。 うちの娘たち一人ひとりに(姉、
“姫兄”の分も含めて)、想いを背負ってもらって、
いいお話しになれば、と思っています。

紅茶染めですって、可愛いですね。
ほんとにレトロとかクラシカルっていう雰囲気で、
避暑地にいるお嬢様みたいにも見えました。
“姫兄ちゃん”は、お手柄さんです。

黄色い“ぴよちちゃん”の紅茶染め?
きゃははっ、悪乗りし過ぎでした(反省..)。

“元気”をありがとうございます。
[2012/09/15 09:10] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
休日出勤中の休憩時間に拝見しました。

色々とあきあらかになりましたね。これからお話も終盤戦か? それとも、一枚一枚アルバムが埋まっていくのかな?

こう、ご期待ですね!!

紅茶染め、よく聞きますよね。なかなか、お気に入りの衣装を二枚持ってないので、できないですけどね。

漫画と小説はあわせて2000冊ぐらいありましたね。漫画は、3年ほどかけて、自炊・・・委託スキャンしました。今では黒に近いグレーゾーンですけど。

 性格は、キッチリはしてないですよ。線引きがあって、ここからは増やさないとか、ここまでは散らかしてもOKとか、決めてるのですが・・・たまに気合い抜けますけどね。

[2012/09/15 10:45] | URL | てぃか #- [ 編集 ]
てぃかさん。

ひよひよひよもです。
うわぁ~っ、お仕事の合間に、わたしなんかの
ところにきてくださったなんて..感激です。
しかも、休日にご出勤とは恐れ入ります..です。

実は、ここ何回かの更新の度に、非公開コメの
連発と、心無いお話しに、また凹んでまして..
なんとか、解決できたとは思ってるんですけど、
結果、訪問をお断りしました。 そして、この
わたしの行動も加害者では?と苦しんでいました。

今回の更新は、そうした部分をすっきりしたくて、
お話しが長くなっちゃいました(笑)。
まあ、小さな娘の秘密が解き明かされる場面なの
で、力も入りましたけど..(笑)

ヒスイ氏さんが、台所で紅茶染めをしている姿
は、如何なものかと..エプロンしたのかな?
でも、素敵に出来上がりました。大満足です。

2000冊ぅ~..(バタン..倒れました)

いやいや、線引きができるのがすごいですよ。
うちのみんなはどうなることやら..です(笑)

お忙しい時に、ありがとうございます。

[2012/09/15 11:40] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
>管理者限定コメ
だいたい見られたくないハズカシイ…ってひとが使うものかと思ってたのですが。誹謗中傷とは(プンスカ
少なくともここはひよもさん達の場所。
改善提案ではなく因縁ならお断りしても問題はないとおもうのです。
ひよもさん達の場所故に守るのもひよもさん達だけですから。無論コメントで私達も応援しますけどね。

>ヒスてづ
紅茶染め!
うちのむすめさんが着てるメイド服のエプロンもうやって見たいとは思いつつ失敗恐くて未だそのまま…
[2012/09/15 23:46] | URL | Nagisa #mQop/nM. [ 編集 ]
小さい娘さんが満を持して登場ですね~。しかもスゴいテンション・・・w 心の一部なのでしょうけど、彼女達はそれぞれ「個」も持ち合わせているのですね。 しかし彼女達も真相を知らないのかぁ・・・。

紅茶染め結構手軽にチャレンジ出来そうですね~。染物って敷居高いイメージ強いので、これなら私も出来そう・・・?(大体どっかで失敗するパターン) 

[2012/09/16 02:44] | URL | Nachi #- [ 編集 ]
Nagisaさん。

ひよひよひよもです。
ご理解いただいて、ありがとうございます。
ほんと、自己嫌悪にもなっていたので、
更新ができてよかったです。

ご存知の通り、いろいろと病持ちのわたしの
身には、普通の方には誹謗中傷にあたらない
ことでもきついこともあるので、その旨、
何度もお伝えしたんですけどね。
前回の1回お休みの時は、わたしの代わりに
あみるさんがブログの中で説明もしてくれた
し..
いつも来てくださっていた方なので、残念な
のと、わたし自身がされてイヤだった“攻撃
の側”にわたし自身がなっちゃったことです
ね..

応援していただけるなんて、心強いです。
ありがとうございます。
なんとかやっていけるようにがんばりますね!

紅茶染め、すごいですね。
まさに“姫兄ちゃん”でした。
手順を間違えても、それなりに出来たと言って
ますけど、「大事なエプロンはご心配でしょう
から、同じ生地の切れ端とかで試されては
いかがでしょうか?」と“姫兄ちゃん”からの
コメントでーす。同じ生地ってどれよっ!?
って言いたくなりますけど、生地の種類わかり
ますか?

ありがたいコメントをいただいて、
元気が出まーす!
[2012/09/16 17:09] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
紅茶染可愛い!!
やはりいい色になりますね☆

私はただ浸せばよいのだと思ってました。

小さい子の秘密が明らかに!
ん?
じゃあ他の小さい子達は?

秘密まだまだありますね!

自分のお話を突き通してぇ!
[2012/09/16 17:11] | URL | MIYABI #- [ 編集 ]
ひよもさん、どうもですo(^▽^)o

ちょっとお久しぶりになってしまいました。
とうとうここに来て小さな娘さんの秘密が明らかになり、物語のこれからの加速に期待せざるおえませんね。
今は職場の休憩中なので帰宅後にもう一度しっかりゆっくりと、今後の展開をより楽しめるように理解を深めておきます。

ヒスイ氏も多芸で凄いですね!
紅茶染めのワンピース、落ち着いた色合いで秋にぴったりだと思いますよ。
更にはまたまたウチの話題を出して頂き、感謝感激であります\(^o^)/
今後も皆様にお楽しみいただけるよう、努力して行きますので宜しくお願いしますね。

それにしても、管理者限定のコメでそんなことがあったとは……。
しかし今回はご自分でスパっと解決された御様子。
そういう素早く勇気ある対応は凄いと思いますよ。
ですから余り気になさらないでください。
むしろ今回の事を経験値として、今後は文句の付けようがない楽しく素晴らしいブログにしちゃいましょうよ♪☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
何かご協力出来ることがいつでもお声掛け下さい。

それでは、次の更新も楽しみにしております。
ではでは~♪
[2012/09/16 17:43] | URL | 二段構え #- [ 編集 ]
Nachiさん。

ひよひよひよもです。
小さい娘の存在の秘密、なんとかお話しっぽく
出来上がったでしょうか? まあ、素人ですから
出来も何もないですけどね!(笑)

紅茶染めは、ヒスイ氏さんも初挑戦で、手順は
間違えるし..、でしたけど、出来はとっても
いい感じでしたよ。 ヒスイ氏さんが言うには、
ご心配なら同じ生地の切れ端で試されては?
とのことですけど、同じ生地ってどこになるの
よ!?って言いたくなりますよねぇ~。
失敗してもあのくらい綺麗に染まるんですから、
大丈夫ですよ、きっと..たぶん..。
あと、氏曰く、色移りのテストはしてない
ので、お気をつけてと言ってました。

“ヒスてず”は、素人の氏の初挑戦ばかりです
から、他の方ならもっと上手くできると思い
ますので、是非是非です!

 
[2012/09/16 20:25] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
MIYABIさん。

ひよひよひよもです。
紅茶染めってクラシカルでレトロで可愛いですね。
最初のお水に浸けるのは、人間のお洋服の場合、
糊とかが付いていて、染まりにくいからだそうです。
それに、ミョウバンとか塩で定着させるとは..
ですね。 でもこれらみんな、ネットで調べただけ
だって言ってました。
ヒスイ氏さんは、もう自身満々で、「今度は玉ねぎ
かなっ?」ですってぇ~。調子乗りすぎぃ!

これから、小さい娘たちの秘密が徐々に明らかに
なってきますね。どう演出しようか、どういう小物
が必要かな? って来週分から既に、3人そろって
頭を抱えてまーす。演出を決めても、ヒスイ氏さん
の小物作りの失敗も想定されるので、ヒヤヒヤです
(笑)。
[2012/09/16 20:37] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
二段構えさん。

ひよひよひよもです。
うわぁ~、おひさしぶりですよーっと!
ブログの更新も間が空いていなみたいだったので、
お仕事がお忙しいのか、もしかしたら体調がお悪い
のかって心配しちゃったじゃないですかぁ~。
でも、こうしてお忙しいお仕事の合間に来て
くださるなんて、感激です。
ほんと、お体とかは大丈夫ですよね?

もし、具合が悪いとか、お仕事が忙しすぎるとか
でしたら、今回のわたしの経験値パワー、全て
差し上げますからねっ!

でも無理はダメですよ。無理してダウンなんて
したら、ひよも泣きますよ!!ギャーギャーって、
大声で泣いちゃいますからねっ!

紅茶染め、みなさんに褒めていただいて、氏は
天狗さんになってますよ。
ハハハハハーッ!って聞こえてきそう。

そして、どうしても土偶さんとかパンダさん
ネタが..勝手に拝借してごめんなさーい!

非公開含めて、今回の件は、わたしが攻撃して
しまったと思うと、落ち込みます。
今でも、どうしてらっしゃるのか?と、気に
なってしまいます。いつも来てくださる
いい方だったのに..わたし、そういう質問
されてもわからないって言ってるのに..
あぁ~っ..辛いです。

そうですね。元気が出るアドバイスありがとう
ございます。いいブログにして、みなさんに
面白いお話しだね、とだけ言われるように
頑張ってみます。
[2012/09/16 20:53] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
ひよもさん♪ヒスイさん♪

こんばんは☆先日は本当にありがとうございました♪
今日の最終日に名刺と、票の用紙をいただきました。
心からの一票をありがとうございました♪
名刺と、票の用紙は私の宝物にいたします♪
ありがとう~♪
いつか、お会いできるといいですね(^^)♪

紅茶染めのお洋服私も大好きです♪最近は、染粉を使っての色染もしていますよ♪今度是非やってみてくださいね♪
[2012/09/16 21:46] | URL | ちゃお #- [ 編集 ]
ちゃおさん。

ひよひよひよもです。
ブログにおいでいただいて、こんなに
素敵なお付き合いをさせていただける
なんて、わたしは幸せです。
わたしも、ちゃおさんとヒスイ氏さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。
ヒスイ氏さんから、コメントをメールで
もらいましたので、ここに貼り付けさせ
ていただきますね。

>ちゃおさん。
>
>ヒスイ氏と申します。
>突然に展示会場にお邪魔しまして、
>ご迷惑かとは思ったのですが、
>私どもの名刺や、私の汚い字での投票
>用紙を宝物などとまでおっしゃって
>くださり、ほんとうに恐縮です。
>
>私自身、こうした創作による展示会
>を拝見するのは初めてでして、非常に
>強い衝撃を受けました。
>素人の集まりによる、つなたい寸劇の
>にわかセットの製作でしか経験もなく、
>創作などとはほど遠い作業ではありま
>すが、今回、ちゃおさんをはじめ、
>沢山の方の素晴らしい世界を拝見でき
>たこの経験が、必ずや今後の自分の
>活動に大きな影響をもたらすであろう
>と確信をするほど感動をいただきまし
>た。
>投票も、決してお付き合いによるもの
>などではなく、私自身の子供に対する
>色々な出来事と想いから、あのあどけ
>ない表情に、心から投じさせていただ
>きました。
>そういう意味では、黒人の子が親の膝
>の上で見せた表情にも票を投じたいと
>思いました。
>
>ひよもちゃんは、妹というよりも
>もう少し歳の差がある子ですが、
>いつも、ちゃおさんをはじめ沢山の
>方に支えていただきながら、今では、
>ブログを通して、彼女なりに精一杯、
>楽しむことが出来ているようで、
>仲間の一人として、大変感謝をして
>おります。どうかこれからも、
>お力添えを賜りますよう、よろしく
>お願い申し上げます。
>心温まるコメントを頂戴いたしまして、
>ありがとうございます。
>これからも宜しくお願いいたします。
>長文、失礼いたしました。

あらためて、ひよもです。
なんだかお父さんみたいなお返事で..
でも、ヒスイ氏さんのお話しを通じて
わたしも展示会場にいるような幸せな
気持ちになれました。
宝物だなんて、うれいしいお言葉まで
いただいて、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
[2012/09/17 21:22] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
また覗きにきま~す(^O^)
良かったらうちにも覗きに来て下さい(^_-)-☆

良かったら相互リンクして貰えると嬉しいです(^O^)
[2012/09/19 23:42] | URL | きらりん #- [ 編集 ]
きらりんさん。

ひよひよひよもです。
おいでいただいてありがとうございます。
えっと、URLが表示されていなくて、
どちらにお邪魔していいのか、わからない
んです..すみません。

過去ログとか、今までのショウにうちの
撮影担当のヒスイ氏さんがお邪魔した際に
いただいたお名刺とか探してみているんです
けど、ごめんなさい、まだ見当たらないん
です。もしよろしければ、こちらの
コメント欄にあらためてURLを教えて
いだだけないでしょうか?
失礼なお願いでごめんなさい。
どうかよろしくお願いします。
[2012/09/20 23:21] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
こんにちは。
最新記事にコメントじゃなくてすみません^^;
おっつけおっつけ、
のんびり読ませていただいてます~。
ちっちゃい子たちの謎が
ひとつ明らかになりましたね><

紅茶染め楽しいですよね♪
素敵な色合いです><
KiKiが染めるのはせいぜいレースくらいですが…。
そうそう。コーヒー染めも味のある色がでて良いですよ~♪

染まり具合が心配なら、
同じ素材の生地を買って染めてみる。
っていうのもありかなぁと。

むしろKiKiが姫兄ちゃんに弟子入りしたいです。笑
毎回すごいものつくってらっしゃいますもんw
[2012/11/17 01:07] | URL | kiki #89zBIK8s [ 編集 ]
kikiさん。

ひよひよひよもです。
わたしも、最新記事に追いつかなくて
ごめんなさい。
お互いにのんびりといいお付き合いが
出来ていれば、なんて甘えてしまっています。

ひとつひとつ、あみるんの心と感情を
解いていくと、最後にたどりつくのは
何でしょうね? わたしに投げかけら
れた質問だとも思って、大事にお話しを
考えています。

ヒスイ氏さんは何でもやってみたがり
屋さんですね。しかもそれを無償で
お店に貸し出して、みんなに遊んで
もらいたいだなんて、不思議な人です。
欲がないのね、きっと。

今は、アイドルとかドルショでお邪魔
したい卓の皆さんに配るものを考えて
いるみたいですよ。

でも、やっぱりkikiさんのように
きらりと光るセンスって言う訳では
ないって、ただの遊び道具の一つだって
言ってます。
だから、やっぱり先生はkikiさんですよ。

これからも素敵な作品を拝見させて
ください。よろしくお願いします。

[2012/11/17 13:59] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hiyohiyohiyomo327.blog.fc2.com/tb.php/31-063f45b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。