スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今までとは違うの?
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 今週末は、I・DOLL VOL.37ですねっ!
お財布の紐をしっかり ゆ・る・め・て! 散財してきてくださーいっ!
特に、うちの姫兄ちゃん! DDの服が足りませーん!! まだ寒いので、
羽織るものとかよろしくでーす!

 あっ、ドルショ横濱の写真アップがまだだぁ~っ! どうしよう..(汗)。

 ということで、強引ですけど早速早速、これまで通り、“前回のあらすじ”
と、“登場人物・相関図”“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある “カテゴリー”
の欄に、“前回(3月1日更新分)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。

<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 マンションのエントランスで倒れたミホ先生は、
やっぱり自分の大学病院に運ばれて入院していました。
精密検査の結果も異状なし..でも意識だけは戻らず..。

 看護師さんが病室を出ようとしたとき、ひめかも病室の
前に着きました。

 「面会謝絶」。
受付でも聞いていたけど、とにかく病室の前まででもって
思いやってきたのです。

 案の定、看護師さんからも面会は出来ないと告げられました。

 すると、ひめかの声に反応するように、突然ミホ先生の
意識が戻ったみたい!

 看護師さんがお医者様を呼んで、症状を確認。
大丈夫! 先生の診断でも、何も問題はないみたい。

 すると、ミホ先生が言いました。
「病室の外に居るひめかちゃんに会いたい」
ですって、たった今、意識が戻ったばかりなのに..。

 先生も躊躇したものの、ミホ先生の希望でもあり、
何かあってはいけないと同席することで承諾して
くれました。

 さて、ミホ先生は、いったいどんな話をするのかしら?


さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130308


 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回は、今回は、病院とひめかのお部屋のお話しでーす。


見取り図20130308

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!


看護師; 「あのぉ~、ひめかさんでいらっしゃいますか?」

お見舞い18

ひめか; 「はい、ひめかはわたしです。」

看護師; 「ミホ先生のご希望でお会いしたいそうです。
       担当の医師の許可も下りましたので、どうぞ病室の
       中にお入りください。」

ひめか; 「はっ、はいっ!」

看護師; 「ですが、いいですか、患者さんは、たった今意識が
       回復されたばかりですので、くれぐれも大声や興奮
       させるような言動は慎んでください。お願いします。」

ひめか; 「はい。わかりました。」



ミホ;  「ひ、ひめかちゃん.....。 来てくれたのね。」

今までとは1

ひめか; 「ミホ先生.....。 どうして..? どうして、
       こんなことに..?」

今までとは2

ミホ;  「大丈夫、こうして先生も看護師さんも付いていてくださる
       から..。」

ひめか; 「だって、エントランスで倒れたって..。 過労とか
       じゃないですよね? やっぱり..あの.....。」

ミホ;  「うふっ、そうね。
       甘えん坊さんがねっ、ちょっと悪ふざけが過ぎちゃった
       のかな?」

ひめか; 「やっぱり、あみるんなんですねっ!」

ミホ;  「そうね、あみるんたら、やぁーねっ(笑)。」

ひめか; 「ミホ先生、笑いごとじゃぁ.....。
       あみるんが、こんな酷いことをするなんて.....。」

ミホ;  「酷いこと..確かに、少しびっくりしたわっ。
       でもね、彼女は彼女なりに自分の気持ちを救って
       欲しかったんだと思うの.....、だから..。」

ひめか; 「だからって、お友達にこんなことするなんて!」

ミホ;  「ひめかちゃん..、ひめかちゃんは甘えたいと思うとき、
       助けて欲しいとき、いつも冷静にいられるかしら?

       自分でも、やり場のない心の葛藤をどう表現して
       いいのか訳が分かんなくなっちゃう時って無い?」

ひめか; 「それは..、で、でも、こんなことしちゃダメだと
       思うんです!」

ミホ;  「わたしは良いわ。
       わたしにぶつけてくれるなんて、親友の証かなって
       思えたし..。 

       あみるんは、昔から無茶苦茶だったり、突っ走ったり、
       転んでも、苦しくても、自分だけの中にしまい込む
       そんな子だった..。

       誰にも、苦しい顔を見せずに.....。

       そして、今回はもう1年以上も心を閉ざしてしまった
       まま..。

       でも今、その凍りついた心が溶け始めようとしている
       みたい..。

       それは、あなたの存在が、彼女の側にあるからから..。
       1人っ子の彼女が、体を寄せ合ってお互いを温め
       あってくれる..そんな存在..

       それがあなた、ひめかちゃんなのね。」

ひめか; 「わたしが.....、あみるんにとってそんな存在なの
       かしら?」

ミホ;  「彼女のパパ..、パパは憧れ。
       いっつも背中を追っていたんだわ。
      
       そして、彼女のママ、そんなパパを一生懸命に支えて
       家族を守り続けていた。大好きな優しいママ。

       そのママが、マスコミや興味本位の人たちに押し
       つぶされて、ついには過労で入院したのは知っている
       わよね?」

       あみるんも、もうどうしていいのか分からなくなって
       いた。

       それが..その記憶が今回のことだと思うの。」

ひめか; 「おばあちゃんの入院..。 そうだった。
       親戚の誰とも会おうとしなかった..。
       そんなことがあった.....。」

今までとは3

ミホ;  「人の心って、柔らかくて弱い部分もたくさんある
       みたいね。
       あみるんもママを守ろうと必死だったと思う。」

       だから、今回みたいに、わたしやあのマンションに
       いる仲間を頼ってくれただけでも、わたしたちは
       ホッとしているのよ。」

ひめか; 「.....」

医師;  「先生、そろそろ終わりにしましょう。
       一度にたくさんのことを考えるのもお体に障ります
       から..」

ミホ;  「はい。 わかりました。
       ご無理申し上げてすみませんでした。
       ありがとうございました。

       ひめかちゃん、最後にひとつだけ.....。
       今回のこと、マヤとよく話してみて欲しい。

       何だか、リリアや、リサ、それとあいりりゃんの時
       とはちょっと違う気がするの。
     
       私、エントランスの脇で、例のバラの花びらを
       拾ったの。
       でも、たった1枚だけしかなかった。
       扉もバラに覆われてはいなかった。

       そして、マヤが記憶を取り戻した瞬間と、わたしが
       花びらを拾った瞬間が重なってたみたいなの。

       これって、今までとは少し違うことが起きているん
       じゃないかしら?

       帰って、マヤと話してみて。 お願い。
       そうそう、彼女は無事かしら? 心配だわ..。」

ひめか; 「マヤちゃん、って言うんですか..? わたしが
       触ろうとしちゃった子..。
       彼女も倒れ込んでしまったので、今は、私の部屋で
       休んでいます。

       あいりが..あっ、わたしの親友です。
       その娘が付いているので、心配はないと思います。」

ミホ;  「マヤのこと、助けてくれてありがとう。
       そう、そんなこともあったわねっ(笑)。
       じゃあ、気を付けて帰ってね。
       来てくれてほんとうにありがとう。
       あなたを信じて、少し休養させてもらうことに
       するわ。」

ひめか; 「はい、なんとかしてみます!
       では、失礼します。お大事に。」



ひめか; 「た、だ、い、まぁ.....。」

今までとは4

ひめか; 「あいり.....いるの.....?」

今までとは5

ひめか; 「.....マヤちゃんと寝ちゃったかしら?」

今までとは6

あいり; 「おかえり..ひめか。」

ひめか; 「あいり..あら、マヤちゃんも..。連れて来てだいじょうぶなの?」

今までとは7

あいり; 「それがね.....」

今までとは8



あいり; 「ほら、元気になっちゃったぁ~っ!」

今までとは9

ひめか; 「わぁーっ! ビ、ビックリさせないでよぉーっ!
       もぉーっ!」

マヤ;  「驚かして、ごめんねっ(笑)。」
       おかげさまで、すっかり元気、元気っ!」

ひめか; 「あぁーっ、ビックリしたぁ~っ!
       でも、よかったぁ~元気になって。」

今までとは11

マヤ;  「あいりちゃんがずっと付き添っていてくれたの。
       おかげでもう大丈夫よっ!
       ありがとう、あいりちゃん、ひめかちゃんも!」

今までとは10

あいり; 「ミホ先生はどうだった? やっぱり、あの大学病院だった?」

ひめか; 「うん、ズバリ的中! それに、ちょうど意識がもどった
       みたいで、少しお話しも出来たのよ。」

マヤ;  「じゃあ、ミホが花びらを拾った時と、わたしの記憶が
       蘇った時のタイミングがどういう訳かいっしょだった
       っていうことも聞いたのねっ!?

       そこだけ、今までとなんか違うのよっ!」

あいり; 「そんなことがあったの..!?」

ひめか; 「そう、そこんとこが引っ掛かるって、ミホ先生も
       言ってたわ。」

マヤ;  「そしたら、行ってみてごらん! あの扉の前に!」

あいり; 「え.....、あ、あの扉ですか.....。」

今までとは12

マヤ; 「心配ないって、私たち毎日のように出入りしてるんだからっ!
      それに、もう絶対に怖い事なんてないからっ!

      あそこに行けば、何かが変わるはずよっ!
      ただの感だし、そんな気がするだけだけど。でも、絶対!

      そしたら、わたし戻るねっ!
      いろいろありがとう!! バイバーイ!」

今までとは13

ひめか; 「えっ? あっ.....行っちゃったぁ~っ。」

あいり; 「ふぅ~っ、一時はどうなるかと思ったわよ。
       マヤちゃんだっけ? お人形さんみたいなのに、ちゃんと
       人の心に触れているみたいに温かいんだもの..。
       看病も何もなかったわっ! とりあえず添い寝して、
       赤ちゃんをあやすみたいに、ポンポンポンって擦ってねっ。」

ひめか; 「安心したんだよ、きっと。
       マヤちゃんもあいりの温かい心に触れて、ホッとしたんだよ。」

あいり; 「それに、ミホ先生の容体も心配なさそうだしね。
       それもあってかな?」

今までとは14

ひめか; 「さて、ひと安心はいいけど、あの扉..どうするっ?」

あいり; 「.....しかたないか.....なっ!?」


 ミホ先生もマヤちゃんも意識が戻って、よかったよかった!
花びらを拾った時と、マヤちゃんの記憶..ママの入院の記憶が
蘇った瞬間が同じタイミング?

何かがいつもと違う..。

あいりちゃんのキライなあの扉に行ってごらん。だって..。
どうするのよ。
でも、それしかないみたい!


つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第39回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。

       ミホ先生も、マヤちゃんもひと安心ねっ!
       あぁ~っ、よかったぁ~っ!!

あみる;  さあ、次回は本気モード全開で気合を入れるよっ!

ヒスイ氏; すみません..。 僕の方は作る物もひと段落して、気合が
       足りないみたいで..。

       ということで、気合の元、カオスパワーを注入すべく!
       ドールショウ横濱のお写真をご紹介でーす!
    
       遅くなってごめんなさーい! です。

       ついでに、オーナー様のお名前も省略の貼り逃げで、
       重ね重ね申し訳ない!
       雰囲気だけ味わってくださいまし..!

       とりあえず、うちからはニャンコのアンジェラちゃんの
       投入とだけお伝えしておきます。

今まで_ヒス2

あみる;  カントリーマームの大学いも味だって! おいしかった?

ヒスイ氏; わかんない..。差し入れって、自分で食べてないことが多いん
       だよね。 みんなに試食してもらってる感じ..(汗)。

今まで_ヒス1

今まで_ヒス4

今まで_ヒス3

今まで_ヒス8

ヒスイ氏; 僕は、この上の写真が気にいってるんだよねっ!
       だから、下の写真でアンジェラに憧れを表現してもらったんだぁ~。

今まで_ヒス9

今まで_ヒス6

今まで_ヒス5

今まで_ヒス7

今まで_ヒス10

今まで_ヒス11

今まで_ヒス13

今まで_ヒス14

今まで_ヒス12

今まで_ヒス15

今まで_ヒス16

今まで_ヒス17

今まで_ヒス18

今まで_ヒス19

今まで_ヒス20

今まで_ヒス24

今まで_ヒス21

ヒスイ氏; この辺からカオス状態に..。

今まで_ヒス22

今まで_ヒス23

今まで_ヒス27

今まで_ヒス28

今まで_ヒス26

今まで_ヒス29

ヒスイ氏; おぉーっ! この冷ややかな視線!

今まで_ヒス30

今まで_ヒス31

今まで_ヒス32

今まで_ヒス33

今まで_ヒス34

今まで_ヒス35

ヒスイ氏; そして、最後はカラオケBOXに移動!
       アンジェラちゃんは、ウイッグから何から全部外し
       ちゃったので、ド素人の僕にはもう一度という手間に
       負けて、出さず仕舞い(反省..)。

       でも、Hapiさんが少し元気で、それが何より
       よかったなぁ~。

今まで_ヒス36

ひよも;  いつもながら、見事なカオスっぷりで..。
       幼気な未成年の飲酒、喫煙とか(ヒスイ氏;あれ、ノンアル
       コール子供飲料と、ハッカパイプらしいよ。笑)、く○モン
       への急所攻撃とか、彼女さんが怒られてるのとか、青い炎の
       エフェクトの乱れ打ちとか..何がなんだか..
       ものすご過ぎてついていけません(汗)

あみる;  楽しい卓だねぇ~。
       見てるだけでも元気になるねっ!
       ヒス君、友達少ないからうれしいでしょ!?

ヒスイ氏; その通り! これはもう病みつきですよっ! まったく!
       あーっ、早く日曜日にならないかなぁ~っ!

ひよも;  お話しの方は、今回で一区切りする予定だったんですけど、
       思いのほか、想いが入り過ぎちゃって、また引っ張って
       しまいました。 確信に迫ると言いながら、また来週!
       という確信犯でした。 すみません。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2013/03/08 23:12 ] | ひめかのお話 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<行くの? あの扉へ.. | ホーム | お見舞い>>
コメント
マヤさんも元気になって良かったです^^

今回はアルバムが光る訳ではなく、あの扉の前に行けと・・・(・e・´;)
確かにいつもと流れが違いますね・・・
それ故、この後どんな展開になるのか読めないです(ーー)
扉が開くのかそれともまた別の何かがあるのか・・・次回楽しみにしてます♪
[2013/03/09 10:03] | URL | ぴよち #- [ 編集 ]
ぴよちさん。

ひよひよひよもです。早速コメントいただいてありがとうございます。
ほんと、元気が一番ですね。
うぅ~ん、お話しの展開の仕方は悩みどころです..(汗)。
このままアルバムを光らせようと思ってみたり、まずは扉に行ってみようか?
とか、まるで、ひめかやあいりになった気分で考え中です(笑)。
何とも素人のいい加減なところで..(笑)。ヒスイ氏さんも撮影セットを
組み替えられず待機中で..。それに、扉があいたらどんな風景にするの?
とか、赤い髪の男の子の役割と登場のさせかたは?とか、まだまだいろいろ
考えなくっちゃいけないことばかり..(汗)。明日はイドルで兄不在..。
時間との勝負! お姉ちゃんもお兄ちゃんもよく怒らず待っててくれて(涙)。
やっぱりプロってこういう段取りまでしっかり決めて進めるんですから
すごいですよね。
[2013/03/09 13:55] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
いよいよ「扉」にリベンジする時が。
それともまだ乗り越えるべき「壁」があるのか。
お話の伏線回収大変でしょうが頑張ってください!(でも無理は禁物。)

横浜ドルショに続きアイドールも欠席。
でも実り多い休日になりました。
落ち着いたら日記上げますね。
[2013/03/11 11:04] | URL | Nagisa #mQop/nM. [ 編集 ]
Nagisaさん。

ひよひよひよもです。
おぉーっ! 扉にリベンジ! かっこいい響きですね!!
..ってどうしよう..。作家さん悩み中なんですよ。
先週の更新までに、勢いで「ヒスイ氏さん、このカットと
これと、あこういうの撮ってほしいんだけど!」「あみるさん、
次はこんな展開でいいよねっ!」とポンポン頼んでおいて、
自分自身で「あれ? それじゃあ、今までと何が違うのよ!?」
になっちゃってます。とりあえず、あみるさんとヒスイ氏さんが
話し合って、どう展開が転んでもいい場面だけは撮影に入って
くれましたけど..ヤバいです..かなり..(汗)。

たまには、ドール関係のショウお休みするのも、いいリフレッシュ
になるかもしれませんね。楽しく過ごせたのでしたら、それが
一番ですよねっ!
記事、楽しみにしていますけど、ゆっくりご自分のペースでお願いします。
(それは、わたしが言われてることかぁ~..笑)
[2013/03/11 22:05] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
シリアス展開から、お話が動き出した感じですね!
ミホ先生の言葉の中に、優しさが伝わってきます@^^@

アイドールは、アンジェラちゃん来てたんですね~@^^@ウチも誰か連れて行けば良かったかも?とちょっと後悔中ですw
[2013/03/11 22:53] | URL | まとん #- [ 編集 ]
まとんさん。

ひよひよひよもです。
コメントありがとうございます。
ちょっと長かったシリアスな場面、飽きませんでしたか?(笑)
でもこれから、謎だった部分に一気に突き進もうと思っています。
って、さっき展開がまとまって、メンバーにメールしたばかり、
みんなの帰宅と同時に作業開始です! というのろのろカメさん
なんです。
リサさんも、リリアさんも、ミホ先生も、ミサさんも、お友達って
素敵だなって思います。 たまに読み返すと、その優しさにうるうる
しちゃったりして..(はずかしっ!)
リアルならキレられそうですけど、ここはファンタジーの世界ですから..(笑)。

アイドール37行かれたんですか? 一番奥の窓際に2卓確保で、
マタ半さん卓(thieriさん主催)にヒスイ氏さんがいたんですよ。
その前のドルショ横濱でも入口脇に2卓確保のマタ半さん卓に
いました。 うぅ~..お会いいただけなくて残念..。
今度は4月末のドルパと、5月はじめのドルショですね。
ヒスイ氏さんと会うことがありましたら、遊んであげてください!
(ドルパは海外っ子厳禁ですから、某さんちの子かな?)
それでは、更新の準備ができましたらお邪魔しに参ります。
[2013/03/12 22:36] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hiyohiyohiyomo327.blog.fc2.com/tb.php/66-1ebb90e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。