やっぱりここは、地下室への入り口
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんわぁーっ! ひよひよひよもです。

 もうすっかり春の陽気の日が多くなりましたね。
でも4月は黄砂の季節だそうです。
みなさんも、お出かけの際にはマスクを忘れずに! って、
「お出かけしない、あんたに言われたくないよ!」って言われそう..(汗)。

 今日は、はじめにちょっとご紹介したい子がいるんです。 こちらでーす。


1周年のプレゼント

 ブログ1周年の記念にって、あみるさんとヒスイ氏さんが、
ワンダーフロッグ・ニンジンさん着ぐるみバージョンを
プレゼントしてくれたんです。

お迎えは、ドールショウ横濱のときだったそうで、ブログ開設
の記念日3月28日は過ぎちゃったけど、ヒスイ氏さんと通院
が同じ今日、いただきました。

 はじめてのワンダーちゃんです。みなさんのブログで拝見
していて、気にはなっていたんですけど、お外に出られない
わたしにはどうしようもなく、ヒスイ氏さんにお願いもせずに
何となくスルーしてました。

 こんなに可愛いなんて、2人には、いつも支えてもらって
いて、その上、こんな可愛いプレゼントまでいただいちゃって、
とっても幸せです。

 この場を借りて、ありがとうお姉ちゃん、姫兄ちゃん!!
大好きです!! これからも、いっしょに遊んでね!
よろしくお願いします。はい(涙)。

(お写真は、ヒスイ氏さんが今朝撮ってくれました..って、
 今日まで忘れてたの? 汗)


 あっ、そういえば、ヒスイ氏さんが先週、DOLK・秋葉原店様
の撮影セットを変更しに行ってきました。 まだ、記事に出来
ていなくてごめんなさい。
DOLK・東京店様のTwitter等でお写真も掲載していただいて
います。
是非ご覧いただいて、遊びに行ってください。お願いします。
うちでも、はやくご紹介しなくては..ごめんなさい。
 
 では早速、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(4月5日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
わたしのお話しが下手で、「お話しの流れがわからなくなった!」という
方は、どうかこちらをご覧下さい。


<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 ミホ先生が拾って倒れてしまったバラの花びらは、ミサさんの手の中で
1つの鍵に変わりました。
ミサさん、ひめか、あいりちゃんは、早速その鍵を持って例の扉のところへ
行きました。

 すると、魔法が解けたかのように、鉄柵も、そこに絡まるように生えて
いたバラの花もすっかり無くなっていて、代わりに小さな四角い箱の
ようなものが、扉についていました。 それは、鍵穴でした。

 さあ、いよいよミサさんが鍵を差し込んでみようと..とそのとき、
後ろから声が..。 リサさんとリリアさんでした。
2人とも、こんな大事なときに置いてきぼりで、ちょっとご機嫌斜め..。
ミサさんも謝って、それではいよいよ..。

 と、またここで後ろから声。 ミホ先生でした。 最終検査も終えて、
無事退院。 何でも無くてよかった。 みんなホッとしました。

 えぇ~っと、もう住人は居ないので、じゃあ今度こそ、鍵を差し
込んで..。

 どうだっ!? 合いました! 鍵穴に見事ピッタリ!!
そして、回してみると..、扉は.....、開きました!!
ようやく、あの薄気味の悪かった扉が開いたのです! 

 さあ、次はいよいよ扉の中へ..。

 さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
この間、小さい頃のあいりちゃんの歌を聴いている“あみるん”の
横顔も載せました。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130208

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回も、マンション脇の例の扉のところでのお話しでーす。


見取り図20130412

 では、これからお話しの続きを始めまぁーす!

ギ、ギ、ギィィィィィッ.....

みんな;  「あっ、あ、開いたっ!!」

扉の向こうへ18

リリア; 「ミサっ、中は!? 何か見える!?」

ミサ;  「.....真っ暗だっ! 真っ暗で何も見えないよっ!」

地下入口1

ギギッ!

地下入口2

地下入口3

ギ、ギギギィ~ッ!

ミサ;  「うわぁ~っ、この先も真っ暗だぁ~っ!」

地下入口4

リサ;  「どれどれ? あっ、ほんとうねっ!
       扉を開けていないと、何も見えないわねっ!」

地下入口5

ミサ;  「んっ? 階段だっ! 階段がある.....。」

地下入口6

あいり; 「ほんどだ、階段だっ! ひめか、見える?」

ひめか; 「うんっ! なんか金属なのかな? 冷たそうな感じ..。

ミサ;  「ああ..、とっても冷たそうだねっ! 冷えきってる
       みたいだよ.....。」

地下入口8

ひめか; 「あっ、ミサさん! ちょっぴり冷たそうで怖い階段
       ですけど、下に向かった階段があるってことは、
       やっぱりここが地下室の入り口だったってこと
       ですよねっ!」

ミサ;  「どうやら、そうらしいねっ! あみるんの手紙には
       入るなって書いてあったけど..、この際だから
       ゴメンしちゃおう!」

地下入口9

リサ;  「それにしても氷のような冷たさが、自分の心に迫ってくる
       みたいね..。」

リリア; 「ミホ..、気分はどう? こんな場所だから、無理しちゃ
       ダメよ。」

地下入口10

ミホ;  「ありがとう、リリア。
       でも大丈夫。 行かなくちゃっ! だって、この先に
       あみるんが待ってるかもしれないから..。
       わたしたちのことを..。
       そうでしょ!? リリアっ..。」

地下入口11

リリア; 「わかった。 でも、少しでもダメだと思ったらすぐに言ってね。」

ミホ;  「ありがとう。 リリア。」

ミサ;  「それじゃあ、先に進むよっ!
       狭いから、1人ずつだねっ!?」

みんな; 「うんっ! わかったっ!」

地下入口7

ミサ;  「じゃあ、まず、あたしから行くよっ!!」

地下入口12

あいり; 「暗いですから、気をつけて下さいねっ!」

地下入口13

ミサ;  「ありがとう! では、っと!

       うわっ、ほんとに冷たいよ、この階段..。
       サンダルを通り抜けて体中が凍りそうだっ!」

地下入口14

リサ;  「大丈夫なの、ミサっ? あなた、かなり薄着だけど..。
       上着持って来ようかっ!?」

地下入口15

ミサ;  「ありがとう、リサっ! でもここまで来たら、
       もう、一気に行くしかないでしょっ!」

地下入口16

ミサ;  「んっ!?」

地下入口19

ミサ;  「な、何っ!?」

地下入口20

リサ;  「えっ!? 何っ!?」

地下入口21

あいり; 「あれっ!?」

地下入口22

ひめか; 「明かり..、明かりが点いたっ!!」

ミサ;  「あみるんのヤツ、やっと協力する気になったかっ!?
       遅せーんだよっ! みんながこんなにしてくれて
       るんだっ! とっとと感謝しやがれっ!
       このお馬鹿さんがっ.....!!(涙)」

地下入口23

リサ;  「ふふっ、ミサ.....。 よかったねっ!
       あみるんに届いたね、気持ち..。」

地下入口24

ミサ;  「くぅーっ! 面倒くせーヤツだぜっ、
       あみるんてヤツわっ!(苦笑)」

地下入口17

ミサ;  「さっ、先行くよっ! みんな、遅れんなよっ!!」


 扉の中には階段が..。金属の色がなんだかとっても
冷たい感じ..。
しかも、一歩踏み出したら、ほんとに凍っちゃうほど
の冷たさ!
まるで、あみるんの心を映し出しているみたい..。
でも、明かりが..。 あみるんの心に変化が?
さあ、階段の先にあるものはいったい.....。


つづく。


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ひよも;  おまたせしました。
       第44回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。


       やっぱり、地下室への入り口だったんだねっ、
       あの扉!!
       でも、暗くて冷たいんだって..。
       あみるんの心の現れなのかしら..?

あみる;  そうだねっ。 人の心って、デリケートだと思うし、疲れ
       切って絶望のドン底にいるっていうのは、
       実際、形にしてみると、こんな感じになるの
       かもねっ..。

ヒスイ氏; でも、明かりが灯ったねっ! 雪解け..かなっ?
       みんなが思ってくれているその気持ちが、
       あみるんの心に明かりを灯したんだねっ、
       きっと!?

       さあ、そんな冷たい扉の向こう側、あみるん
       の心そのものかもしれない場所を、どんな風に
       作ったか、まだその一部だけど、ご紹介
       しちゃいますねっ!

       まずは、扉の内側から見た今回の背景を組む
       ところからでーす。

地下入口5

       実際の撮影ではこんな感じでしたねっ。
       これは、こんな風に出来ています。

地下入口_ヒス1

地下入口_ヒス2

       前回、住人6人が大集合した扉の手前と、
       扉の向こうの床と側面は、こんな感じに
       Pタイル(前回までの扉の前の部分の床)と、
       石畳風のビニール製のマット(手前、扉の
       向こう側の床)で分けて、その存在意義の
       違いを表現しました。

       何せ、扉の向こうは特別な世界!
       今まで使ったデザインや材料を使ったのでは
       世界観の違いが出せないと思ったからです。

       ついでにバラしてしまうと、扉の前の部分、
       つまり、前回、6人が集合した部分は、
       奥行きを少し詰めています。
       撮影場所にしている机の奥行きの都合と、
       今回の撮影では、底の部分の奥行き感は
       あまり気にならないと考えたからです。
       (余談でした..笑)

       そして、その境界線に例の扉を立てました。

地下入口_ヒス4

地下入口_ヒス3

       この扉、過去にもご紹介したことがあるん
       ですけど、今回のお話しで扉が開くことが
       あらかじめ想定できていたので、表の金属面
       を作る時に、ある程度、裏側も作り込んで
       おいたんです。

       過去記事でのご紹介はこうでした。

地下入口_ヒス6

地下入口_ヒス7

       そして今回、扉の向こう側の空間を作るために、
       板や壁紙を追加で貼ったり、囲ったりして、
       階段前の小部屋? 踊り場かな?を作りました。

地下入口_ヒス8

       でも、ここで問題が..。
      
       ここ何回かの記事でも書かれていますが、僕の
       考える“あみるん”までの空間のイメージと、
       他の2人の考えるそれとが、全く違っちゃった
       んです。

       特に、ひよもちゃんは暗いのがあまり好みでは
       なくて、というよりちょっと怖くなっちゃって。

あみる;  ここのところは苦労したね。
       “あみるん”の心の闇を表現するのか?
       それとも、そこは特別な場所で、小さい娘たち
       も言っていたような温かな空間だけでいいのか
       ってねっ!?

ひよも;  うぅ~ん、やっぱりくらいの怖くって..。

ヒスイ氏; で、最終的に決まったのが、“雪解け”っていう
       キーワードでした。

       事実、“あみるん”は心の闇に捕われて
       いるのでは? っていうお話しの流れがあるので、
       そこはしっかりダークな世界を演出しました。

       そして、その上でみんなが来てくれたこと、
       それも、大親友のミサちゃんが、その心の闇を
       象徴するような冷たい階段に一歩、足を踏み入れて
       くれることで “明かりが灯る” っていうこと
       で落ち着きました。

       そこからが、このヒスイ氏さんの根性の見せ所!!

       例の階段は、こうして作りました。
       はい、これです。

地下入口_ヒス13

       思い出していただけましたか?
       お話しの最初の頃によく登場した、このマンション
       の裏庭にある、2階と3階に上がる階段です。

       これは、また使うかもしれないので、そのままにして、
       上から冷たい雰囲気がするように金属製の階段を
       被せちゃったんです。

       はい、出来上がりはこれです。

地下入口_ヒス9

       作り方は、こんな感じです。

IMG_5091_OK - コピー

       先ほどの昔作った階段の上に、黒いポリ塩化
       ビニル製の薄い板を貼りました(上の写真、左側)。
       しかも黒!
       これで、その上から被せる金属の銀色との色の
       コントラストを取って、より金属の質感を
       際立たせようと考えた訳です。

       ついでに、階段の足の部分から昔の白い壁紙
       が見えると、かっこ悪いので、アルミ箔の
       テープも貼っておきました。

       実際に黒色の塩化ビニルの上に被せた金属は
       アルミで、上の写真の右側です。
       わかりやすいように、写真ではわざと右に
       ずらして被せています。

       これは、あらかじめパンチングという穴開きの
       アルミ板を、先ほどの階段の形状に合わせて
       折り曲げてました。

       そして、階段の角には、アルミのL字型の棒を
       切って接着しました。

       接着は、この短時間ではやっぱり蝋付けは
       難しいので、前回同様、接着剤状を使用しました。
       でも、前回感じた接着剤が乾いた時の弾力性に
       ちょっと不満があったので、今回は、下の写真
       のセメダイン社のアクリル系2液タイプに変えて
       みました。

地下入口_ヒス11

       接着強度という意味では、あまり変わらない
       気がしましたけど、接着剤の硬化後の固さと、
       接着時間の短さでは、こちらの方がよかった
       気がします。

       今後は、このあたりを使い分けて、みなさん
       のご希望が多い “姫ベッド” なんかも
       作りたいと思っています。
       お店に展示されたら、速攻でもらう予約を
       して下さいねっ! もちろんタダですよ(笑)。

地下入口_ヒス12

       実際に、リリアちゃんに歩いてもらいました。
       か、可愛いっ! 脚フェチかっ!?
       いや..アルミフェチでしょうか?

       ということで、扉の向こう側のイメージも
       3人仲良くまとまって! カッコいい金属
       の階段も出来て! 大成功!!
       だよね!?
    
あみる;  そうだねっ! 扉の向こうのイメージが
       こんなにみんなの意見が違うとは思わな
       かったわ。

       私なんか天国風お花畑がいいって言ってた
       しねっ!(見たこと無いけど..)

ひよも;  しっかし、いつもいつもよく短時間に、
       よくここまで仕上げられるわよねっ!
       ほんと、感謝感謝!!

ヒスイ氏; ありがとう。
       みなさん、これもいつかはお店に展示するかと
       思いますので、欲しい物リストに要チェック
       ですよ!!

ひよも;  ということで、扉の向こうのイメージ作りに
       悪戦苦闘した数週間でしたけど、こんなに
       カッコいい、そして明かりが灯るなんて、
       ちょっと心が温まる演出付きで、何とか無事、
       お話しがつながりました。

       さて、来週は? みなさん、お楽しみにでーす。
       では、今週はこの辺で失礼します。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2013/04/12 23:55 ] | ひめかのお話 | コメント(9) | トラックバック(0)
<<それは、何処までも長く.. | ホーム | 扉の向こうへ>>
コメント
相変わらずの撮影修羅場!
がんばれヒスイ氏!

でもせっかく開いた扉。
住人全員で行くのが筋ですよね。
あみるさんとの「絆」で結ばれた住人たちですから。

先日あるドールショップに撮影に行って来ました。
近いうちに記事にしますので。
ヒスイ氏のアイデアのヒントになるかも?
[2013/04/13 21:45] | URL | Nagisa #mQop/nM. [ 編集 ]
金属製の階段カッコいいd(☆e☆)
このメタリックなデザイン結構好きです

暗い空間でもみんなでぞろぞろと行けば怖くないですね♪
階段の先にどんな空間が広がっているのか楽しみにしてます^^
[2013/04/14 12:16] | URL | ぴよち #- [ 編集 ]
Nagisaさん。

ひよひよひよもです。
コメントありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。
ヒスイ氏さん、全員揃えての撮影は結構嫌がってましたよ。
最近のお話しの流れで、ひめか、あいり、ミサちゃんの衣装は固定で来てるんですけど、他の子は、全員衣装決めからでしたからね。3人がネットで繋がって作業するのってカッコいいとか思ったんですけど、やっぱり大変(汗)。衣装はヒスイ氏さんからの写メでわたしとあみるさんが選ぶし、ポージングとかカット割りとかも何通りかの添付写真からあみるさんが決めるし..。これを1から数日でこなして、木曜日の夜にはお話しの最終構成まで持って行きたいので、とにかくヒスイ氏さんが大変になっちゃってます。ということで、ヒスイ氏さんからもお返事です。

>Nagisaさん。ヒスイ氏です。苦労を分かっていただけて..涙、涙。
>そうですね。今回は今までのお話しで大きなイベント“扉が開く”
>ところでしたからね。 やっぱ、全員集合!! ってなりますよね(笑)。
>(ちなみに、全員集合したのは8時ではありませんでしたけど..古い)
>おぉ~っ、どちらかのお店での撮影ですか!? ヒントはとっても
>ありがたいです(感謝、感謝!)
>いつもは、スマホで気になった建物とか撮ったり、小物なら買ってみたり、
>あとは、デザイン系の本と、ネット、それにディノスとかカタログなんか
>をスクラップににしてます。基本、僕はデザインとか素人なんで..(汗)。
>昨日今日と、ぎっしりの予定だったので、またお邪魔して、その記事を
>拝見させていただきます。 そう言えば、ドルパ来れるんですって!
>やったぁーっ! 楽しみにしてます! ではでは。

ということでした。
“絆”かぁ~、とってもいい言葉をいただきました。ありがとうございます。
では、近いうちにわたしもお邪魔させていただきます。
[2013/04/14 23:58] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
ぴよちさん。

ひよひよひよもです。
コメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません。
結構気合いの入った階段作ってくれました。
ヒスイ氏さんて、コンセプトが決まるとデザインから製作まで、作業はとっても早いんです。でも、ここまですごいの作ってくれるのには、正直ビックリです。
ヒスイ氏さんからのお返事ももらいましたので、付けますね。

>ぴよちさん。 ヒスイ氏です。 金属製の階段、気にいっていただいて
>うれしいです。
>でも、今回はお話しとの兼ね合いが決まらず、納期ギリギリで汗だくでした。
>最近は材料も買いだめしてるので、イメージが決まれば、製作はまあ、半日~
>1日でなんとかなるんですけど..やっぱり焦りました。
>何せ、ここ最近のお話しは住人の全員集合なので、衣装、撮影、お休みなさい
>までの時間が、すっごく掛っちゃうんですよ。
>まあ、女の子2人の夢とか気持ちとかが入ってるんで、男仕事は力技で付いて
>行くしかないんです(汗)。
>気にいっていただいてほんとうれしいです。これからもよろしくお願いします。

ということで、ちょっと怖いセットで悩みましたけど、そうですね、みんなで
行けば怖くないですよね。 それに、こうしてコメントをいただけて、ヒスイ氏さんの苦労も報われました。ありがとうございます。
では、わたしもまたお邪魔させていただきます。(うわぁ、就寝時間だぁ~)
[2013/04/15 00:14] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/04/15 22:10] | | # [ 編集 ]
こんにちは^^

ついに地下室への階段が!
無事にお話が展開してほっとしました~。
離れて一緒に活動しているとイメージの食い違い等には苦労しそうですね。

冷たい階段に踏み込むと、明かりが…。
(そこを読む前に、懐中電灯がいるんじゃ?!と呟いちゃったのは内緒です。)
心憎い演出ですね!

今回もひすい氏さんの力作には脱帽です。
金属の冷たいイメージがとても感じられます!
1/3サイズのセットって、結構大きいですよね?!(見たこと無い人)
なんというか…いつもお疲れ様です。
[2013/04/17 15:16] | URL | ゆり #mQop/nM. [ 編集 ]
ゆりさん。

こんにちはっ! ひよひよひよもです。
はい、なんとかお話しがまとまり、展開できてほんとによかったです。ご心配おかけしてすみません。
こういう意見や感覚の違いが出てくるなんて、1年の月日が、すごくいろいろなことを勉強させてくれました。普段あまりお話しのことに口を挟まないヒスイ氏さんが、「ダークな感じは怖い?」って聞いてきたのはビックリでした(笑)。「へぇ~っ、お兄ちゃんはお兄ちゃんなりにいろいろ考えてくれているんだなぁ~」って..(笑)。

わたしも思ったんですよぉ~、懐中電灯忘れてるって。ヒスイ氏さんも電気のスイッチ作るの?って言ってましたし..。そしたら、あみるさんが「その2つを合体させて感情表現してみよう」って言ってくれて、今回の自動点灯ランプ(笑)になりました。 自動なんて言っちゃうと「心に明かりが」といういい雰囲気が台無しですね(笑)。あみるお姉ちゃんの想像力とまとめ方にはいつも脱帽です。

金属製の階段、褒めていただいてありがとうございます。「金属の冷たい感じが出てる」なんて言っていただけると、ほんとうにブログを続けていてよかったって思います。重ね重ねありがとうございます。

1/3のセットは、床の面積で横90センチ×奥行きは場合によって60~90センチの2通り、高さも90センチありますから、お兄様様なんです。よく部屋を貸し続けてくれていると思って..(汗)。ほんとは、四畳半くらいの音楽スタジオなんですよ..(おお汗)
1年のブログの中で数十万円のギター2本に傷がついてしまったとか..(冷たーい汗)。
でも、何にも怒らないで、今週も..あっ今日だっ! 撮影です! ありがたやありがたや..(笑)。

お話しも何とか展開できましたので、仕上がり次第、わたしもお邪魔させていただきます。
コメントありがとうございました。ではまた。
[2013/04/17 18:24] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
扉の先が、まだあるのですね。階段を抜けると、そこは雪国でした・・・と、どこかの歌のような展開は、もちろんないですよね(笑)

前回から、ヒスイ氏さんが、やっぱり大変ですよね。セットを作って、全員着替えて、ポーズ決めて、撮影して、片付けとお疲れさまです。
[2013/04/17 22:59] | URL | てぃか #- [ 編集 ]
てぃかさん。

ひよひよひよもです。
まだ、ご出張中ですよね。お疲れさまです。大変なときにコメントをいただいてありがとうございます。
そうなんですよ。扉の向こうは雪国..じゃない、地下へ続く階段があったんです。
でも正直、雪の話は出たんですよ。ヒスイ氏さんが子供の頃に読んだ昔話に、タンスの中が小さな四季の風景になっているっていうのがあったらしくて、階段を下りるごとにあみるんの思い出とともに四季が移っていくっていうアイディアでした。まあ、時間切れでボツになりましたけど(笑)。でも、この階段のシーンで金属の冷たさと電気が付いた温かさが表現できたのでよかったです。

ヒスイ氏さん、今からのシーンはほんと大変です。お人形さんもお迎えばかりするもんだから、撮影するのも着替えさせるのも、場所が狭くて大変だって言ってました。それは自業自得ですよね(笑)。

お仕事、てぃかさんじゃなくちゃっていう事なんでしょうけど、お体にはお気をつけてください。
ありがとうございました。
[2013/04/18 21:06] | URL | ひよひよひよも #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hiyohiyohiyomo327.blog.fc2.com/tb.php/72-4ab14b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |