第一章・最終回 お帰り。
可愛いお人形さんに、創作したお話を演じてもらっているブログです。
1/3サイズの少し大きなお人形さん用の撮影セットや小物を製作したり
しながら、楽しく遊んでいます。 よろしかったらご覧くださいねっ!


このブログに記載している内容や写真は、ブログ管理者に
著作権がありますので、複写、転載など、無断での使用はお断りします。

また、このお話しは創作したお話しです。内容など事実とは異なりますので、
何卒ご理解のうえ、ご覧ください。


 みなさん、こんばんは。 お話しの構成担当、あみるです。

 更新がお約束の7月5日を過ぎてしまって、6日になってしまいました。
遅くなってしまってすみません。

 今週の更新から、ひよひよひよもちゃんはいません。
私あみると、背景や小物の製作と撮影担当のヒスイ氏さんの2人きりです。
とっても寂しいです。 先週、2人ともその寂しさをどう紛らわそうかと
必死でした。

 でも、ひよもちゃんも、今、必死に自分と闘っています。
だから、私たちが、寂しいとか、そんなこと言ってはいられませんよねっ! 

 さて、今週の更新は第一章の最終回です。

 原稿はもちろん、ひよもちゃんが書きました。
6月のうちに送っておいてくれました。
彼女の想いがたくさん詰まった、とっても心が温まるお話に
なっています。

 私もヒス君も、時間は掛かってしまいましたが、精一杯、ひよもちゃん
の世界を表現したつもりです。

 ですから、是非、最後までご覧ください。 そして、ひよもちゃんに
お話しに感想などコメントいただければ幸いです。

ヒスイ氏さんが、通院の時などに伝えられると思います。

 それでは、早速、最終回を始めますねっ。


 では、これまで通り、“前回のあらすじ”と、“登場人物・相関図”
“マンションの見取り図”からです。

 お話し全体のあらすじは、テンプレート左の列にある“カテゴリー”
の欄に、“前回(6月28日)までのあらすじ” を貼りましたので、
そちらをご覧ください。
この“あらすじ”カテゴリーは、記事として毎回新たに追加するのでは
なくて、ひとつの記事を編集して“前回の分”を追加し続けて行きます。
「お話しの流れがわからなくなった!」という方は、
どうかこちらをご覧下さい。


<“前回の”あらすじ + 登場人物・相関図 + 今回のお話しの舞台>

 ミサさんが蹴飛ばしてもただ凹むだけでビクともしない金属の扉、
そして、鎖、鍵..。
そこへ、ひめかが近寄りました。非力な女の子全開のひめかが、
いったい何を!?

 ひめかは、扉に、いいえ、扉の向こうに居るであろうあみるんに
向かって話しかけました。 「みんな心配してる。会いたい!」と..。

 すると、ひめかを抱きしめる人。 そうです、ひめかのおばあちゃん。
あみるんのママです。 幻想かそれとも現実なのか?
周りにはあいりちゃんも、ミサさんも誰もいません。
ひめかと、おばあちゃんの2人だけ..。

 あばあちゃんは、ひめかを気遣い、でも、もう少し力を貸してほしい
と言うと、消えていました。

 次の瞬間、我に返ったかのようなひめか。
もう周りにはみんないます。 そして、あのアルバムが..あみるんの
アルバムが赤く光ったのです。

 中には、あみるんの生まれた時の写真がたくさん! 家族に愛され
温かく見守られているその可愛い笑顔は、何者にも代えがたく、また、
守ってくれる家族の大切さを教えてくれているようでした。

 それと、ひめかの生まれた時の写真もありました。 そばには、
ひめかのママ、そして、その妹。 そうです、あみるんの姿も
ありました。 ひめかを愛おしく思う姿と、お姉ちゃんに甘える姿。
やはり、家族の絆、自分は自分だけで生きているんじゃないっていう、
そんなメッセージのようです。

 みんなが、写真を見終わったころ..。カチャ..。いつしか、金属の
扉から鎖と鍵が消えていました。

 さあ、この扉の向こうにはいったい何があるの? あみるんは?
おじいちゃんと、おばあちゃんは?


さて、ここで“登場人物・相関図”でーす。
人が多すぎて分かりにくぅーい! って思われた方は、是非、
こちらをご覧ください。


登場人物20130308

 そして、お話しの舞台を示す“マンションの見取り図”でーす。
今回は、地下へ続く階段からその先..地下室?でのお話しでーす。


見取り図20130628

 では、これからお話し第一章の最終回を始めます!

リサ;  「とうとう開く時が来たのねっ!?」

ひめか; 「じゃあ.....、あ、開けます.....よっ。」

愛しい34

みんな; .....

愛しい35

ギ、ギギギィーッ.....!

最終回1

あいり; 「開いたっ..。」

ひめか; 「う、うん。」

最終回2

あいり; 「ここって..、音楽のスタジオ?」

ミサ;  「あぁ、その通り。 センチメンタルミルフィーユの..、
       あみるんのスタジオみたいだねっ..」

ひめか; 「だ、誰も居ない..。 あみるんも..、おじいちゃんも、
       おばあちゃんも..。誰も.....(涙)。」



リリア; 「あっ!!」

最終回3

最終回4

ミホ;  「どういうことっ!?」

最終回5

リサ;  「さぁ? 今度はいったい何が始まるのかしら?」

リリア; 「よくまぁ、いろいろと起こるマンションだこと..。」

ミサ;  「もう何が起きても驚きゃしないけどねっ!」

最終回6

あいり; 「怖くないねぇ~!? ねえ、ひめかっ?」

最終回7

最終回8

ひめか; 「ほんとだねっ!? 何にも怖くないねっ!?」

最終回9

みんな; .....


ピカッ!!

みんな; 「うわっ!! 眩しいっ!!」

最終回10

ミサ; 「何だよ次から次へとっ!!」

最終回11

最終回12

最終回13



最終回14

ミサ;  「んっ!?」

最終回15

ひめか; 「えっ!?」

最終回17

ミサ;  「だ、誰っ!? 誰かいるっ!!」

最終回16

ひめか; 「だ、誰なのっ!? 誰かいるっ!!」

ミサ、ひめか; 「.....はっ!?」

最終回18

ミサ、ひめか; 「.....あ、あ、あみるん.....?」

最終回19

みんな; 「あ、あみるんっ!」

最終回20

ひめか; 「あみるんっ! ねえ、しっかりしてっ! 大丈夫っ!?」



最終回21

あみる; 「はっ!?」

最終回22

あみる; 「ひ、ひめか.....ひ、ひめかちゃんっ!?」

最終回23

ひめか; 「そ、そうだよっ!! ひめかだよぉーっ!!わぁーっん!!(涙)」

最終回24

あみる; 「ひめかちゃんっ!! ど、どうして.....、
       って、ここは何処?」

ミサ;  「何言ってんのっ!? あんたんちのマンションの地下室
       でしょっ!?」

あみる; 「ミ、ミサっ!? どうして、ミサも?」

最終回25

ミサ;  「あみるん、お疲れっ!! って、あんた記憶ないのっ!?」

あみる; 「いつから、ここにいるんだろっ!? っていうか、今はいつ
       なのっ!?」

リリア; 「一昨年の年末からよっ。コンサートの後から..。」

最終回26

あみる; 「リリア、何であんたまでここにいるの!?」

あいり; 「えへへっ、あいりもいまーす!」

最終回27

あみる; 「あいりちゃんっ! 懐かしぃーっ! で、でも何で!?」

最終回28

リサ;  「わたしもよっ! あみるんっ!!」

あみる; 「リサっ!」

最終回29

ミホ;  「わたしだってっ!」

あみる; 「ミホっ!」

ミサ;  「まったく! 自分で呼んどいてっ!
       って、しかたないかっ!?」

あみる; 「あたしがっ!? みんなを呼んだのっ!?」

リサ;  「そう、確かに呼んだのはあなた、あみるんよっ!
       でも、それはねっ、心の中の話.....。」

あみる  「心っ!? よくわかんないけど..。」

ミホ;  「大丈夫っ、私たちだってよくわかってないことばっかり。
       手紙が届いたのよ、あなたから..。
       ううん、あなたの心から..。
       一昨年の暮れ、あなたのバンド、センチメンタル
       ミルフィーユが解散した直後から、あなたの
       消息が消えたの..。
       その後、わたしたちにそれぞれあなたからの手紙が
       届いて、みんなこのマンションに住むようになった
       っていうわけ..。」

あみる; 「バンド、そう..、解散したんだ.....。
       それも、わたしが独断で.....。
       パパとママが居なくなったのよっ!!
       そしたら.....解散してた。」

ひめか; 「(涙).....ねぇ~、あみるんっ!?
       何で、いきなり消えちゃったのっ!?
       何で、わたしにも相談してくれなかったの!?」

あみる; 「ごめんね、ひめかちゃん..でも、あたしにも訳が分からない
       のよっ.....。 何で解散したのかさえも.....。
       衝動的.....? ううん、そんなことなかった.....。
       意識ははっきりしてたし、あなたのおじいいちゃんと
       おばあちゃんを探さなきゃって、そう思ってたのに..。

       さあ、もう泣かないで..。 もうどこにも行かないから..、
       ねっ!?」

最終回30



「そう、もう大丈夫よっ!」

最終回31

あみる; 「パパっ!! ママっ!!」

最終回32

ジェイク(パパ); 「あみる..、よかった.....無事でっ!」

のの(ママ); 「あみる、あなたまで消えてしまうなんて..、
          どうなってるのか..、まるで分からないわっ!?」

あみる; 「パパとママもここに居たの?」

ジェイク; 「さぁ~? それもはっきりしないんだよっ!
        例の薬物誤認逮捕の件から、世間のわずらわしさに
        疲れたと思ったら、その矢先に.....。
        ママと2人で、時間の裏側にでも入り込んだみたいな
        気分さっ!」



のの;  「ほら、ほら、ひめかちゃん。
       もう泣かなくていいのよっ。 おいで、がんばったねっ!
       扉、開けてくれてありがとう。 おばあちゃんのお願い
       ちゃんと聞いてくれたのねっ!?
       ありがとうねっ!」

ひめか; 「おばあちゃ~ん! おじいちゃ~ん! 会いたかったよぉーっ!」

最終回33

のの;  「ひめかちゃん、わたしも会いたかったわっ!」

ジェイク; 「ひめかちゃん、強かったなっ! がんばったなっ!!
        いろんなことあったんだろう..ありがとう!」

最終回34

あいり; 「よかったねっ! ひめかっ!」

ひめか; 「あ、あいりぃーっ! あ、ありがとう!
       みんな、ありがとう.....(涙)。」



最終回35

ミサ;  「あっ.....。」

最終回36

ひめの; 「ミサ、わたしたちの声は、今、あなたにしか届かない..。
       心配しないで、あみるんはあなたの親友っ!
       あの怪我のことなんて、何とも思ってないわっ!
       それどころか、2人の秘密っ!! 楽しかったよっ!!
       ありがとう! これまでも、これからも、ずっとずっと!
       だから、沢山ありがとう! これからもよろしくねっ!」

リセ;  「もうお話しはおしまい。 楽しかったっ! 
       みんなといっしょに居れてっ! ありがとう。」

ちさ;  「わたしたち、お人形さんに戻るねっ! バイバイっ!」

ミサ;  「えっ!? お、おいっ! ま、待ってよっ!! ねぇっ!
       ねぇってばぁーっ!? .....ね、ねぇ.....っ(涙)」

あみる; 「どうしたっ!? ミサっ!?

       あれっ、この子たちもここにっ!?」

最終回37

ミサ;  「この子たちって、あんたのなの?」

あみる; 「そう。 最初はファンの子からもらったんだけど..、
       ほら、あの椅子の右の子。 リセっていうんだっ!
       で、あんまり可愛いから、ついついお迎えしちゃって
       たら、こんなに増えちゃったって訳っ!
       そういうのドール沼っていうらしいんだけどねっ(笑)」

ミサ;  「ドール..沼..かっ.....。
       あんたに愛されて、この子たちもうれしそうだねっ!
       こんなとこにまで付いてきちゃうんだからっ(笑)」



リサ;  「誰か来たっ.....!」

ミサ;  「あっ!」

最終回38


ミサ;  「彩っ!! どうしてここへ? 入れたの?」

彩;   「ミサっ!
       .....結界、解けたみたいだなっ!
       風が..風がそう話してた..。」

ミサ;  「風..か.....。 もう何でも信じちゃうなっ!
       こんな話ばっかりだもんなっ!(涙)」

最終回39

彩;   「おまえ、よくがんばったなっ! お疲れっ!!」

ミサ;  「彩..。」

最終回40

リリア; 「こらこら、そこまでだからねっ!」

最終回41

彩;   「.....。

       あみるっ! お帰りっ! 少しやつれたかっ!?」

最終回42

あみる; 「彩っ! 来てくれてありがとう.....。
       心配かけてごめんねっ.....。」

彩;   「ジェイクさん、ママさん、無事でよかったです!
       お帰りなさい。」

ジェイク; 「彩っ! おまえにも心配かけたなっ! 悪かったっ!」

のの;  「彩くん。 こめんねっ。 ありがとう。」

最終回43

彩;   「あみる! そろそろやかましい事になるぞっ!
       みんなを少し離れたところに移したほうがいい。」

あみる; 「そ、そうかっ!? あっ、分かった。 了解だっ!」



「おいっ! 結界、解けたぜっ!! って、あれっ!?
 彩っ!! もういたのかっ!?」

彩;   「ほら来たっ!」

最終回44

あみる; 「リック.....。」

リック; 「おうっ! あみるもお帰りだったかっ!
       どうだ気分は? どっか痛いとかないのかっ!?」

彩;   「相変わらずだなっ! おまえこそ、どこほっつき歩いて
       たんだっ!? って、ちょくちょくここを覗きに来てた
       のバレてんだからな.....って、おいっ!」

最終回45

最終回46

リック;  「ジェイクさん、ママさん、ご無事でしたかっ!?
        よ、よかったっ.....。」

最終回47

リック; 「さあ、ライブでお客さんに迷惑かけたんだっ!
       しっかり、利子つけて返さなきゃなんねぇーだろっ!!
       トチ狂った音なんか出しやがったら、ぶっ飛ばすぞっ!
       いいなっ! 彩っ!!」

彩;   「って、何で俺なんだよっ!!」

あみる; 「おいっ、あたしのアンプ..こ、これかよっ!?」

最終回48

リック; 「初心に帰れって事じゃねぇーのっ!?」



あみる; 「み、みんなっ!! ほんとにありがとうっ!!
       何枚もの扉.....、それに、心に積もった瓦礫の山..。
       みんなが、いっしょうけんめいに助けてくれた..。
       今度は、自分で.....。扉も自分で開けなくちゃっ!!

      一から出直し..、それでいいやっ!!
      どうせ、何にも無いんだからっ!!
      怖がってなんていらんないやっ!!

      それじゃあ、人生の再出発いってことでっ!!

      行きまぁーす!! ワン、ツー、スリーッ! GO!!」

ギィーーーーーーーーーーーン!!

最終回49

最終回50

最終回51



最終回52

あみる;  「.....。

        ふぅ~っ! ありがとうございました。
        これで、やり直せそうですっ!!」



ひめか;  「あみるんっ! はいっ、これっ!!」

あみる;  「あたしのアルバム.....。 どうしてこれを?」

最終回53

ひめか; 「みんなが必死に消えちゃった写真を戻してくれたんだよっ!
       あみるんの記憶と、そこにあった感情を.....。」

あみる; 「記憶..と感情.....。」

ひめか; 「そう! 誰にでもある、あたり前の記憶とそのときの感情。
       そういうのを拾い集めて、やっと今、あみるんがここに
       いるんだよっ!

       だから、このアルバムは大切なのっ.....。
       あみるんにとっても、わたしたちにとっても.....。
       それに、このアルバムに想いを込めて記憶と感情を
       乗せてくれた、一人ひとりの誰にとってもねっ!」

あみる; 「ひめかちゃん.....。 ありがとう。
       とても大切なことを教わったわっ。
       積み重なって重くなっていくこのアルバムのように、
       わたしも、ひとつひとつ自分と、そして、みんなの想い
       を温めて行くわっ!

       ひめかちゃん、それにみんなっ!
       ここに戻してくれてありがとう!」

ひよも; 「あみるん、戻って来てくれてありがとう!」


おわり。


 これで、「ひめかの管理人さんはじめました」の第一章は終わりです。

長い間、お付き合いいただきましてありがとうございました。

作者、ひよひよひよもに変わりまして、わたしあみると、ヒスイ氏の
2名から厚く御礼申し上げます。

 そして、ひよもちゃん!
第一章、 無事に終わりました。 
1年と3か月もの長い時間、楽しい時間をありがとう!

 扉、1枚1枚、ゆっくりでいいから開けておいでっ!
アルバムの写真、1枚1枚、大切に思い出を重ねて行ってねっ!!

 また、元気な「こんばんわーっ!」をお願いねっ!

 ヒス君、どうするの? ヒスてづ?

ヒスイ氏; 今日は第一章の最後っ!
       しっかりコーナーはやる遂げるよっ!


<ヒスイ氏の手作りご紹介のコーナー>

続 夏_ヒスてづ1

             “ロゴ”使わさせていただいてまーす!

ヒスイ氏;  おまたせしました。
       第55回・ヒスイ氏さんの手作りご紹介コーナー
       “ヒスてづ“
 です。

       やっぱり、第一章の最終回なんだら.....
       と思って、コーナーだけは走り出しましたが、
       どうも、寂しさばかりで、なんだかなぁ~っ、
       な感じです。

       ということで、今日のお話しに出てきた物は
       出し惜しみをして、ひよもちゃんの近況だけを
       お伝えして、今日はおしまいにさせていただき
       ます。

       今日のお話しのドラムもベースアンプも新作です
       ので、近々、必ず “ヒスてづ” しまーす!

       では、そのひよもちゃんですが、昨日通院が
       いっしょでしたので、少し会話が出来ました。

       顔はちょっと疲れてたみたいかなっ?
       でも、きちんと受け答えも出来てたし、何より
       ブログのことは心配してました。

       今は、ブログどころか、PCも滅多に開かない
       そうです。
       いろんなことが飛び込んでくると、気晴らし
       どころか、パニックになる可能性があるから
       だそうです。

       それで余計に心配なのかな?

       ですから、せっかくいただいたメールとかも
       見ることが出来ていないと思います。
       申し訳ありません。
       Cc;でもいただけたら、僕からも伝えます。
       
       また、最近のブログ村で3位とか4位なんだよ
       って言ったらビックリしてました。

       ランキングは、数か月前から見ないように
       していたみたいでしたので、

       「まるで夢みたいっ!」って顔を赤く染めて
       いて、とっても可愛らしかったですよ。

       訓練の状況とか、症状とか、医学的なところ
       はよく分かりませんでしたが、
       元気はありましたし、何より、看護士さんに
       「はい」って、はっきり返事をしている姿が
       とても印象的でした。

       昔、黒のパーカーのフードを深々と被って、
       待合室でもそのままの姿でいた頃の彼女の
       面影は薄く、前に進むことに懸命な様子で、
       同じ通院組として、誇りにさえ思えました。

       この日は、軽く会話をした程度でしたが、
       今度は、僕が通院回数と薬を増やされて
       しまったので、また近々会えることになって
       ます。 いいのか悪いのか..(汗)。

       今日は、こんなところです。

あみる;  元気なんだねっ!? 大丈夫そうなんだねっ!?

ヒスイ氏; こればっかりは、医者じゃないから細かくは
       分からないけど、元気は元気だったよ。
       心も落ち着いて見えたよ。
       彼女なら大丈夫っ!

       きっと帰って来てくれる!
       そう信じてるよっ!!

あみる; そうだねっ!

       さて、みなさん。
       第一章・最終回、如何でしたでしょうか?
       
       今後の予定は、まだ正確には決めていませんが、
       わたしは第二章の原稿に着手していますし、

       ヒス君は、すぐにこのお話しのドラムやアンプを
       紹介してくれるようです。

       また、DOLKさんで素敵な方との撮影会もした
       そうですので、そちらのご紹介も早々にさせて
       いただきます。

       では、今日はこの辺で失礼します。
       長いお話しにお付き合いいただきまして、
       ほんとうにありがとうございました。

       これからも、どうか宜しくお願いします。

にほんブログ村 のランキングに参加しています。
よろしかったら、”ポチッ”てしてください。

ひよも、あみる、ヒスイ氏、3名の励みになります。お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2013/07/06 05:59 ] | ひめかのお話 | コメント(19) | トラックバック(0)
<<あみるとヒスイ氏の 「居残り当番はじめました。」 | ホーム | 更新遅延のお知らせ>>
コメント
 第一章完結お疲れさまでした。一年3ヶ月続けてみると、長いようで、短かったのでは?物語の最後はハッピーエンドにまとまって良かったです。全員集合で撮影も大変だったと思います。お疲れさまでした。小さい子の謎が残っているような気がしますけど、これは第2章への伏線かな?続きを期待しつつ待ってます。

 ひよひよひよもさんも、日常を頑張っているようなので、また、ブログで会える日を待ってます。ヒスイ氏さん、無理は禁物ですよ。体を壊さないように、休息もいれてくださいよ。

 では、今日はこの辺で・・・。
[2013/07/06 07:40] | URL | てぃか #- [ 編集 ]
あみるさん、ヒスイ氏、夜通しの脱稿
お疲れさまでした。
賑やかな最終回になりましたね。

自分は、色んなものを諦めたバラバラ
の状態なんですが、いつの日か、
放り出したアルバムと向き合う日が
来るのかな?

ひよもさん、第2章をお待ちしてます(^-^)v
[2013/07/06 09:07] | URL | げる #SXDYU51A [ 編集 ]
第一章完結、お疲れ様でした。
今までハラハラドキドキ、楽しませていただいて、ありがとうございました^^

第2章も楽しみにしておりますが、お体に障らないようになさってくださいませ。

ひよもさん。無理せず焦らずいきましょう^^v(と、自分にも言い聞かせ中^^;)
大丈夫大丈夫、意外と何とかなっちゃうから(と、自分にも言い聞か(ry )
[2013/07/06 09:52] | URL | ゆり #mQop/nM. [ 編集 ]
嬉しいような寂しいような複雑な心境ですが1章完結ですね☆
お疲れ様でした!Σd(・e・´)
最後はメンバーも集合して大団円で良かったです^^
流石に1年3か月かけてバットエンドだったらしょんぼりですからね(-e-;)(笑)

新章は確か不定期更新になる予定でしたでしょうか?
ヒスイ氏さんは撮影や背景作成など、あまり無理しないようにしてくださいね^^;
最後に、また元気なひよもさんの再来も楽しみに待ってます♪
[2013/07/06 11:58] | URL | ぴよち #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/06 11:59] | | # [ 編集 ]
第一章完結、お疲れ様でした。
1年と3ヵ月、長いようであっと言う間でしたね。
確か最初は去年の4月、ひよもさんにお声掛け頂いてもうそんなに経ったのかぁ。
あの時はいつもの明るい調子でコメント頂けて嬉しかったです。
しかもリンクまでして頂けて。
懐かしいです(*^ω^*)

最後はみんなが揃いハッピーエンドでホッとしました。
第二章でのひめかちゃん達の活躍も楽しみにしております。
しかし、お二人も無理をなさらぬようお身体には十分お気を付け下さいね。

ひよもさん頑張りを拝見させて頂いていますと、自分ももっと出来ることがあるのではないだろうかと思えます。
ひよもさんに負けないように、自分も新しい一歩を踏み出してみようかな?
そんな風に前向きになれました。
改めまして、第二章も楽しみにしておりますね。
ではでは。
[2013/07/06 14:39] | URL | 二段猫 #- [ 編集 ]
第一章執筆から演出撮影、ブログでの投稿本当にお疲れさまでした。

今後もみなさんのことを見にちょこちょこ寄らせてもらいますので今後も変わらぬおつき合いをよろしくお願いいたします。

[2013/07/06 14:42] | URL | Nagisa #mQop/nM. [ 編集 ]
こんばんは~

まずは1章完結おめでとうございます。1年3ヵ月ですか~ 凄く長い間継続して物語を続けるのはすごいですよ~。私には無理です。

最近はコメントできてませんでしたが、最後は皆揃ってのハッピーエンドということで。。。
2章も楽しみにしてますよ~
[2013/07/06 21:30] | URL | 冬音 #a2H6GHBU [ 編集 ]
てぃかさん。

ヒスイ氏です。

寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

お話しの最初と最後に、一番はじめのコメントをいただき、決めるところは決める! このあたり、さすがはエンジニアだなって感じです! ありがとうございます。

1年3か月..そうですねぇ~、無我夢中でしたね。時間の感覚も無かったかもしれません。だから、やっぱり短かったのかな? 最後のお話しだけ、一番最初に決まってたんですよ(笑)。だから、絶対にきっちりとやらなくちゃいけない、ひよもちゃんの想いを最大限の力で引き出すんだって、そんな風に自分を追いつめてしまって、相当疲れました。
小さい子がお人形さんに救われた。そして、最後は話しもしなくなって、お人形に戻っていく。その間、これがひよもちゃんのお人形さんに助けてもらったっていうリアルな部分を表現しているんだそうです。友達もいないなか、2年ほど前にあみるさんの1/6を貸してもらって、話し相手になってもらったようで、その想い出がいい作用に結び付いていくという展開でしょうね。それと、お話しが進むにつれて、つまりブログを続けるうちに、周囲の色々な人に助けてもらったことへの感謝の気持ちを上手に表現していますね。あの子は一人でいる時間が長かった分だけ、空想の具現化が上手いなぁ~と感心します。

僕の体まで心配してもらって、すみません。
僕もエンジニアなので、徹夜属性が強く、会社も不夜城と言われるくらいでした。
それが管理職から、比較的時間に余裕が持てる研究職になった今でも抜けずに、「やることは身を削ってもやる」がしみ付いているんでしょうね。もう若くないから、そろそろ趣味の時間を増やして、家族との時間も増やしてと思っていた矢先に、この遊びでまた身を削っています(笑)。
30年もエンジニアやってると仕方ないですかねっ!(笑)。
ご助言いただいた通り、これからは少しゆっくりペースにしてみます。

ひよもちゃん、元気そうで何よりでした。真面目な子なので、こちらも行きすぎないようにと願っています。僕の通院ペースが上がったので、近況をお伝えしやすくなっちゃいました(笑)。

温かいコメントありがとうございました。ではまた。
[2013/07/07 08:51] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
げるさん。

ヒスイ氏です。

寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

温かいコメントありがとうございます。

賑やか過ぎて、撮影する身にもなってよ!って感じでした(笑)。
本当なら数話に渡る内容を、あみるさんが、たった2回にまとめたのでパニックでした(笑)。でも、それもひよもちゃんのため、仕方ないのでしっかりやり遂げることにしました。

普通、みんなバラバラですよね。 きっちりとまとまった理路整然とした人生なんて無いのかもしれません。「無我夢中」、僕は結構好きです! アルバム、これまでの心の中の想い出や感情を含めて、振り返ってみると、懐かしさと次の瞬間からの自分の在り方にヒントがありそうで、いいかもしれませんね。

ひよもちゃんも、とりあえず元気そうでしたから、復帰してくれることを楽しみにしています。

ありがとうございました。 ではまた(次はイドル?)。
[2013/07/07 09:05] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
ゆりさん。

ヒスイ氏です。
温かいコメントありがとうございます。
ハラハラドキドキしていただけたなんて聞いたら、ひよもちゃんもあみるさんも大喜びです。もちろん僕も。 体のことまでご心配いただいてありがとうございます。
寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

ひよもちゃんに必ず伝えます。自分のペースで..この加減が結構難しいので、彼女がどうやって克服して行くのか? 僕も陰ながら応援したいと思っています。
ゆりさんも、ごゆっくりで楽しくお過ごしください。 ではまた。
[2013/07/07 09:16] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
ぴよちさん。

ヒスイ氏です。

温かいコメントありがとうございます。
寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

第一章の完結、僕は、ホッとしています。 ひよもちゃんがお人形さんとそこから繋がったみなさんとのご縁に感謝している、そんな気持ちを形にできた事はとても大切な事が完成したと思うからです。
(あと、やっぱり週一更新で撮影セット作りはきつかった。こっちが本音? 笑)

体の事までご心配いただいてありがとうございます。
根っからのエンジニアで不夜城(うちの会社への周辺住民からのあだな)の主だったことから、30年も
やって来たこんなガムシャラ生活から抜け出すのは、ちょっと難しいのですが、おっしゃる通り、自分の
体ですから、大切にするよう心がけます。

このお話しのエンド部分は、ブログを始めるときから決まっていたんですよ。ひよもちゃんて面白い子ですね。ただ、これまでのブログの進み具合やみなさんとの楽しい時間がてんこ盛りになって、あみるさん曰く、本来なら数回に分けても十分なほどのボリュームを約2回でこなしてしまって、大変でした(笑)。

ひよもちゃんも元気そうでしたので、きっと復活してくれることを願っています。

ありがとうございまいた。ではまた。

業務連絡; 例の件、済です。いつもすみません(笑)
[2013/07/07 09:33] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
二段猫さん。

ヒスイ氏です。
温かいコメントありがとうございます。
寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

1年3か月..そうですねぇ~、無我夢中でしたね。時間の感覚も無かったかもしれません。だから、やっぱり短かったのかな? 最後のお話しだけ、一番最初に決まってたんですよ(笑)。だから、絶対にきっちりとやらなくちゃいけない、ひよもちゃんの想いを最大限の力で引き出すんだって、そんな風に自分を追いつめてしまって、相当疲れました。
ひめかのお話しは、第一章で終わる予定だったところ、急遽ひよもちゃんが抜けることになって、やっぱり、ひよもちゃんの影を追ってしまう形で企画された第二章。どんな風に作り込んでくるのか、あみるさんのエッセンスが見どころの一つですね。
あとは、僕の製作技術をもう少し上げないと、ド素人のままでははずかしい..(汗)。
この歳になると、無理がたたりますね。かぐや姫が月に帰って行ったおじいさんとあばあさんは、今、貴も抜けて、抜け殻状態です(笑)。僕らの体の心配までしていただき、申し訳ありません。ありがとうございます。2人共、エンジニアを30年もやっていると、時間が足りないときは身を削る癖がついてしまって、どうもいけませんね。

そんな年寄りをよそ目に、着実に努力を重ねていたひよもちゃんを病院で見たとき、ほんとうに誇らしく思えました。そうですね。ひよもちゃんがいい刺激になったのでしたら、是非、新しい1歩試してみてください。良いことでも悪いことでも新しい何かが見えるのは間違いないですからね。その続きをまた、コメントなどでいただけましたら、さぞかし、ひよもちゃんも喜ぶと思いますよ。

コメントありがとうございました。ではまた。
[2013/07/07 16:31] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
Nagisaさん

ヒスイ氏です。

寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。という訳で返事が遅れてすみません。

最終回は、本来なら数話掛けるほどの内容だったのですが、ひよもちゃんの想いがあり、一気にスパートする必要があったので、死にもの狂いで取り組みました。最後は、あみるさんへの確認メールが打てないくらいキーボードが霞んで、数秒ごとに意識が遠のきました(笑)。まあ、彼女への責任を果たせたのではないかと思えばお安い御用ですねっ!(意識モウロウで何でお安いんだか..汗)。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。次回はイドルでしょうか? お揃いメイド服のような何か企画はありますか? 楽しみにしています。 あ、もし不参加でしたら余計な事を言いました。すみません。それから、例の背景、再度チャレンジさせてください。あの時は自信喪失でもう何もかも無理だと思ったのですが、それでは本来のマタ半さん卓の精神に反すると思い、あらためてお願いしたいのですが、いかがでしょうか? ご迷惑でなければ是非お願いします。 ではまた。
[2013/07/07 16:42] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
冬音さん。

ヒスイ氏です。

寝ましたぁ~。もう、これでもかってくらい寝ました。先週、先々週と毎日ほぼ1~2時間の睡眠でしたから、死ぬかと思いました(笑)。

ひよもちゃんのお話しに対して、最後の責任を果たした感じで感無量です。確かに1年3か月も連載するなんて、プロでもないのに無謀ですよね(笑)。でも、それをやり遂げたこと、そして、みなさんがこうして「ひよもちゃん!」とお声を掛けてくださったことが、彼女の自信にも繋がったと思えば、ブログのスタッフとしては大満足です!!

第二章。 ひよもちゃんの世界を崩さないでどこまでできるか、かぐや姫に置いて行かれたおじいさんと
おばあさんの2人でがんばります!!

もう少し落ち着きましたら、僕もお邪魔しますね。最近の北海道は梅雨もあるらしいので、どんな感じかな? 気になります。
[2013/07/07 16:50] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
こんにちは!
第一章完結おめでとうございます(*^^*)
一年三ヶ月、気が付けばあっという間ですね!
走ってる間はあまり気づかないですけれど、終わってみたら大変だったものほど楽しかったなぁって寂しくなりますよね。
それだけ大切にしていた時間に、
読者として参加できて楽しかったです。

世界観そのままに?
続く第二章も楽しみにしています♪

ヒスイ氏さん
毎週のセット撮影お疲れさまでした。
毎回見ごたえたっぷりのセットと小物!
ちっちゃいもの作ってる身としては、
小物に興味津々で見てました♪
むしろこれからも楽しみにしてます。

あみるさん。
おふたりのつっこみ役&構成おつかれさまでした。
バランスを整える役目って、あんまり表立つことはありませんけれど、とっても重要な役目ですものね(*^^*)
これからのお話、世界がどんな風に育っていくのか、楽しみにしています(*^^*)

そしてひよもさん。
無事に一章完結ですね♪
素敵なハッピーエンドになって良かったです。
走り始めたお話を終らせるのって、スッゴく力のいることで、大変な作業だと思います。走りきったひよもさんはすごいですよー(*^^*)

ゆっくりとマイペースでよいので、
ぜひまた、楽しくお話しましょうね♪

私も隅っこの方で
一緒にひよもさんが戻ってくるの待ってます!

長々と失礼しました。
これからも更新楽しみにしてます(>_<)
[2013/07/12 12:25] | URL | KiKi #89zBIK8s [ 編集 ]
KiKiさん。

ヒスイ氏です。
コメントありがとうございます。
しかも3人それぞれに温かいお言葉を頂戴して、みなやって来てよかったと、ホッと胸をなでおろしていると思います。
お話しを人形劇と言う形で構成する..やってみるとものすごく大変な作業でした。
でも喧嘩もせず、言い合いにもならず、いつもひよもちゃんを真ん中に置いて、楽しく和気和気あいあいな雰囲気で取り組めたことがよかったと思っています。それもみなさんが優しく見守ってくださったおかげと、大変感謝しています。ありがとうございました。今週の更新で憧れと目標の一つでしたドラムを作りました。まだダメダメですけど、工夫するところが分かっただけでも成果です。そのうち羊毛フェルトにも挑戦しようと、キットは買ってあるのですが、まだまだ時間配分が難しく、手つかずです(汗)。
挑戦してみたいことがたくさんあり過ぎて、貧乏暇なしですよ(笑)。今週末の通院でひよもちゃんに会ったら、ひめかたちを返します。もう03ヘッドでのコピーも終わりましたけど、なんだか寂しいです。
ひとつひとつ、ひよもちゃんが成長して、ひとつひとつ何かが遠のいていく..親御さんの心境ですね(笑)。こちらも長くなってしまいました。すみません。 人気作家さんでしからお忙しいでしょうけど、どこか片隅にでもひよもちゃんの事、置いておいてください。お願いします。優しいコメントありがとうございました。



[2013/07/13 09:05] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
二度目のコメントですが私のような者がしていいものか迷いました。
ですが、やはりすばらしいブログについ書き込んでしまいました。
実は自分のブログも創作系?で参考にさせていただこうとのぞいたのですが、
こっそり応援しますのでいつか、ひよも様が戻られることを祈っております。
良く知りもしない者ですが失礼をお許し下さい。
[2013/09/03 09:35] | URL | TYPE MM04 #- [ 編集 ]
TYPE MM04さん。

ヒスイ氏です。
決してTYPE MM04さんを嫌だなどとは思っておりませんのでご心配なく。それどころか、コメントをいただけてとてもうれしいです。
創作系楽しみですね! うちの作家さんひよもちゃんも苦しみながら、いつかきっと戻ってくれると信じています。そして、それをずっと待っているつもりです。応援ありがとうございます。勇気が湧きます!!
どうか、ご自分をそんな風におっしゃらないでください。差別などしたくありません。優しく接してくださる方は大歓迎です。これからもどうか宜しくお願い致します。
[2013/09/03 22:33] | URL | ヒスイ氏 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hiyohiyohiyomo327.blog.fc2.com/tb.php/99-a7720799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |